Mar 29, 2008

齊藤栄一 2008年3月29日

ただいま!

初めての公演地ルクセンブルクを含め7ヶ国を廻る約2ヶ月のヨーロッパの旅を終えて、無事帰って参りました。
改めて各国で支えてくれたスタッフ達に感謝です。

そしてツアーの成功と無事の帰国を祈って下さった日本のファンの皆様、ありがとうございました。
御陰様で今回の旅も実り多いものになりました。

20080329eiichi

さて、こちらの写真は最終公演地ルツェルンで撮ったもの。
スイスに限らずヨーロッパの国々では老若男女を問わず沢山の人々が自転車を活用しております。そしてどんなオシャレな形の自転車でも、殆どの人は後ろに荷台を取り付けて生活に活用しながら颯爽と通り過ぎて行きます。格好いいんだなぁ、これが。
写真に撮るの忘れたんだけど、街の至る所に駐輪所が設けてありました。
日本でも自転車がもっと見直されるといいなぁ。

それにしても車道の真ん中に自転車専用道路があるって凄んごいよねぇ。
それだけドライバーのマナーも良いのでしょうが、環境問題に真剣に取り組む意識の高さが、生活の中にしっかり根付いているのを感じた次第でございます。

Eiichi Saito

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

Mar 27, 2008

松浦充長 2008年3月27日

20080327mitsunaga

〜千秋楽〜

ヨーロッパツアー2008
千秋楽無事迎える事ができました。
日本の皆様ご声援ありがとうございました。

次は春ツアーでお会いしましょう。
o(≧▽≦o)(o≧▽≦)o

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

Mar 25, 2008

Melanie Taylor Mar 25, 2008

20080325melanie

A wee track back, here we are leaving Basel for Amsterdam, off to collaborate with Blof. The plane was delayed, but when it finally came, it was so cute! Basel Airport is on three borders, on the corner of Germany, France and Switzerland. So this was us leaving Germany for the Netherlands. Now we are in Switzerland, in the last city of our tour, Luzern. Two concerts to go before we wing our way back to Japan. 2 months, 7 countries, 36 concerts. Two more concerts for a sold out crowd.

Here are Yosuke and Shogo, with a spring in their step. I am sure we are all going to sleep well on the flight back to Japan.

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 23, 2008

Melanie Taylor Mar 23, 2008

20080323melanie

Here is a report from our truck driver Kurt about the drive from Lorrach in Germany to Amsterdam. OUr drums travel all over Europe by truck, so I wanted to share one of the truck travel stories with you:


Since the beginning of the tour Masa san showed really intresest in the truck, so I asked if he would like to join for the drive to Amsterdam and to Montreux.
We left Lorrach after the show to be on time in Holland, little bit sad we drove night time
because very beautiful scenery. But I was very happy to have Masa with me on the trip,because
my navigation system was acting funny and I must say.. Masa is the best co driver I ever had.
Due to my Japanese navigation system we even arrived earlier than expected in Amsterdam, to the joy of Takuro san. He was very early in the venue waiting for us.

After the concerts with Blof, me and masa left day time to Montreux for the longest drive of the tour, 960 km, so with the waiting hours fort the truck it's like 26 hours truck time.
After 12 hours we went through the mountains from France and Masa felt a little bit like on Sado,
very small roads....then we had to stop for 9 h and it was Masa's first tuck sleep, so I could see the pleasure on his face.

We arrived at the customs from Swiss around 8 am and after almost 2 h we were able to continue our drive, to arrive in a very beautiful town around noon.


Thanks Kurt for making sure our drums always get to the show in time!

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

Mar 20, 2008

松浦充長 2008年3月20日

そろそろ…

ごめんなさい、お客様のコンピュータでは映像が再生できません。

EUROツアーも残り10日を切りました。
帰国が近づくにつれ頭の中は...
( ̄−+ ̄)ニヤ

Posted by kodoblog | | Comments (6) | TrackBack (0)

Mar 16, 2008

洲崎拓郎 2008年3月16日

ごめんなさい、お客様のコンピュータでは映像が再生できません。

もはや恥ずかしくて「実験放送局」は名乗れませんので、地味に斎藤菜月のツアー報告をお届けします。短くてすみません。
(あ、でも菜月さん時間とってくれてありがとね。)

ツアー班はアムステルダムにて、ロックバンド「Bløf」とのジョイントコンサートに臨んでいます。会場のハイネケン・ミュージック・ホールにはびっしりと並べられた椅子が3,000席以上。三日間があっという間に売り切れたそうで、Bløfの人気ぶりがうかがえます。鼓童を見たことがないお客様がほとんどの様ですが、ある時は立ち上がり手を振り上げ、ある時は食い入るように見つめて、私達の舞台をしっかり受け止めてくれました。

Bløfのドラマー、Normanさんが鼓童の太鼓を叩いたり、ボーカルのPaskalさんが“峰の風”を唄ったり、鼓童の我らが一樹くんがBløfの曲で大観衆と歌の掛け合いをしたり。Bløfと鼓童、そしてお客さんとの境界線が溶け、重なり合ったところから新しい音楽が沢山生まれました。彼らと次はどんなコラボレーションが出来るか、もう今から楽しみです。

Posted by kodoblog | | Comments (6) | TrackBack (0)

Mar 12, 2008

風間正文 2008年3月12日
Masafumi Kazama Mar 12, 2008

20080312masafumi

ローラッハにて。

久しぶりの劇場形式の会館でしたが少しちいさくて、楽器の転換が奥の幕の後ろからしか出来ないというところでした。

この小さい劇場なのに消防士さんが二人も袖に待機しているのでした。
それも一番使いたい袖にです…。


Lorrach, Germany.

It had been a while since we'd had a theater show, but this theater was tiny and the only space for waiting for set changes was behind the backdrop curtain.

And despite it being such a small venue, there were TWO firemen in the almost non-existent wingspace... which was the preicous offstage space we most wanted to use...

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

松浦充長 2008年3月12日

20080312mitsunaga

栄一「ほら、みつくん虹が見えるよ〜」

みつ「これは撮らねば!」でも栄一さんも撮りたくなる今日この頃。d(゚ー゚*)ネッ!

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

Mar 08, 2008

新井武志 2008年3月8日
Takeshi Arai Mar 8, 2008

20080308takeshi1

会館の搬入口から大太鼓が入らず、正面入口、お客さんが入るところからの搬入です。
階段をえっちらおっちら。海外ツアーではたまにあるんですねぇ。こういうことが。


Our odaiko (biggest srum) didn't fit through the loading entrance, so we had to bring it in through the audience entrance and through the theatre. Up lots of stairs. This kind of thing happens from time to time on our tours abroad.

20080308takeshi2

ブレーメンと言えば音楽隊。
不肖わたくし、この物語をあまり知りませんでした。
調べてみると、ロバ・イヌ・ネコ・ニワトリの4匹は実はブレーメンには来ていないんですねぇ。途中の家でドロボーさんを追い出して、そこで仲良く暮らしたそうな。

ちなみに、姉妹都市は横浜だそうな。


When you hear Bremen, you think of the Bremen Town Musicians.
Being me, I didn't know much about this story.
And when I looked it up, it turns out that the donkey, dog, cat and chicken never even came to Bremen. The chased some robbers out of a house on their way to Bremen and lived there happily ever after it seems.

By the way, Bremen's sister city is none other than Yokohama.

Takeshi Arai

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 04, 2008

齊藤栄一 2008年3月4日
Eiichi Saito Mar 4, 2008

20080304eiichi1

ドイツのシュトゥットガルトに来ています。
ツアーも中盤戦に入り公演の流れもバッチリ掴んで良い旅を続けております。

さて、年々劇場やホテルの環境は良くなって来ていますが、鼓童の初期からずっと変わらないのが洗濯事情。
これだけは必ず毎日やらなければ、トンデモナイ事になってしまいます。

今日は雅幸君と同室。彼は先程買ってきた粉洗剤を使って洗面所で洗濯に励んでおりますが、見ると泡が出ていないし洗剤特有の匂いもしません。

一応スーパーの洗剤売り場に並んでいる中から選んで来たらしいけれど、もしかして漂白剤?。箱に描いてある絵から想像すると洗濯機を洗う洗剤!?

心優しい(興味本位)アタシはネットで調べてあげました。

さぁ、ここで問題。
この洗濯に利用する洗剤の様なこの粉。洗濯時に入れますが何の為に使うと思います?
もちろん漂白剤でも洗濯機を洗う洗剤でもありません。


I am in Stuttgart in Germany. We are right in the middle of the tour, used to the flow of the programme and really enjoying the feel of the shows.
The tour is going really well.

So, I have to say that every year our theater and hotel situations just get better and better, but something that has barely changed since the beginning of Kodo is the laundry situation.
This is the only thing that if you don't do bit by bit every day really gets out of hand.

Today I am sharing a room with Masayuki. he just got back from buying washing powder and is doing his laundry in the bathroom sink, but I noticed there are no bubbles in the water and it doesn't smell like detergent soap...

It was lined up on the shelf with the other detergents on the supermarket shelf, but could it be he had chosen bleach? From the picture ont he box, it seemed like it might be what you wash the washing machine with!?

Being so kind (and curious!) I looked it up online for him.

So, here is the quiz for you.
What did he buy?
It is something you put in a washing machine, but it is not washing powder or bleach or something you wash a washing machine with.
What could it be?

20080304eiichi2

Eiichi Saito

Posted by kodoblog | | Comments (13) | TrackBack (0)

Mar 02, 2008

吉井盛悟 2008年3月2日その2
Shogo Yoshii Mar 2, 2008 Part2

20080302shogo2

ヨーロッパの通常開演時間は少し遅く、20時くらいの開演が多いんです。と、なると終演後の搬出作業はかなり遅い時間になります。この日は搬入口が住宅の向かいということから搬出時の騒音に対するクレームを懸念し、舞台監督から「一言も喋らないでね!」と指令がでました。

普段から舞台上の静寂にかなりのプライドをもっている我々ですから、それはもう意地になって「静寂」を追求しました。50近い太鼓、台や小物、バチ、その他…100近い項目の荷物が無言でかつ正確に順番通りにトラックに収まっていく光景は最高。芸術です。
そうだよな…舞台とほぼ同じくらい毎日のように積み込んでるんだもんな…。目をつぶってもできるかも…。

でも、この日は集中力をかなり消費…。公演2回分の疲労を稼いだ気がします…


Our performances on the European Tour usually start at 8:00pm, which is late compared to what we are used to in Japan. So by the time we have loaded our drums and gear into to the truck after the two hour show, it is usually pretty late at night. Today when we were loading out from the concert hall in Munich, the exit nearest our truck was very close to a residential zone, so they gave us strict instructions to "not utter a single word!" as they had received complaints in the past and thus stopped using that particular exit at night.
We are used to priding ourselves on preserving silence as appropriate on stage, so we were adament we would be able to do just that even off stage.
About 50 drums, and then when you count the stands, drumsticks, cases of gear and costumes...it was an awesome sight watching over a 100 pieces of cargo go silently into the truck in the required order. It was pure art. But I guess that is just it. It is about the same thing we do every day we have a concert. So maybe we could even do it with our eyes closed.
But this silent packing really used up all our concentration powers. I feel like it took almost the same effort as two performances.

(Translator's comment by Melanie: Kurt our truck driver still cannot believe the "Charlie Chaplin" unload, which he knows his stage builder friends in Belgium wouldn't be able to imagine. People joked by shushing each other for sneezing, and were trying not to laugh at the funny gestures. Me, I am still laughing about the fact that when I got on the elevator after the truck was packed, Masayuki, Natsuki and Shogo were all five times noisier than usual, which startled my ears like a sneak attack of drumming. The silence was deafening, another day of sound extremes with Kodo for me.)

Shogo Yoshii

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

吉井盛悟 2008年3月2日その1
Shogo Yoshii Mar 2, 2008 Part1

20080302shogo1

ヨーロッパツアーの面白味は多様な舞台のスタイルにもあります。
劇場スタイルやコンサートホール、その日の舞台の形式や造りによって出す音や動作などを微妙に調整します。

この日はコンサートホールだったのですが舞台自体がホームベース型をしていました。自分では真っすぐ前を向いているつもりが舞台の面につられてちょっぴり斜めを向いてしまいそう…。しかし、遊び心をくすぐってくれるのもこういった舞台にあります。舞台の先まで敢えて行ってみたり…。

そういえば研修時代に柿野浦の鬼太鼓を習ったとき、「場所よって踊りを変えろ。」と鬼打ち名人の小川さんに言われたことを思い出しました。
んぅ。応用、応用。


One of the fun things about touring in Europe is the various styles of stages we perform on. Some are theatres, some are concert halls, and the form of the stage each day affects how we move and make sound in each show.
Today in Munich we were performing at a concert hall on a stage shaped like a baseball homebase.
I would be trying to face straight ahead and then realise I was turning towards the wrong edge of the stage...
But this stage in other pieces gave me the chance to play with the shape, and see how well I could use the unique platform entirely.
It reminds me of when I was an apprentice learning Ondeko in Kakinoura and was told by the famous demon drummer Mr Ogawa, "Change your dance to suit the place!"
Very practical advice...

Shogo Yoshii

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

Feb 26, 2008

船橋裕一郎 2008年2月26日

20080226yuichiro

アントワープ、ルクセンブルグ四連チャンを終え、昨日は9時間のバス移動…。
ホテルのお風呂はなんかメルヘンな感じで、きき湯(残り僅か)と雑誌(読む所あと僅か)をもちこみ長風呂です。備え付けのアヒルくんは、どういう気配りなんでしょう?

いよいよドイツです!!

Yuichiro Funabashi

Posted by kodoblog | | Comments (2) | TrackBack (0)

新井武志 2008年2月26日

ハンブルグにて。

20080226takeshi1

バスタブの角でお出迎えしてくれました。
研三と同室なんだけど、どうやってあそぼっかな〜note


20080226takeshi2

別に気にしてないけど、この店はちょっと…coldsweats02

Takeshi Arai

Posted by kodoblog | | Comments (3) | TrackBack (0)

Feb 25, 2008

堀つばさ 2008年2月25日
Tsubasa Hori Feb 25, 2008

私は太鼓を叩くときいろんなイメージをもって演奏します。今回こちらで初演となった新曲「水の森」では、言葉ではとても表現できない様々な青色や、水に差し込む白い光の色の変化などを頭の中で描いて演奏しています。

私がヨーロッパの旅で好きなことのひとつは身近に美術が楽しめることで、今日は大好きなゴッホの絵を美術館で観ました。そのゴッホの絵の風のざわめきは「水の森」のイメージととても通じるものがあり、また私のイメージに新しい風が吹き込まれた気分でもあり、こういうインスピレーションを受けたときはほんとにドキドキします。
出会いってほんとに面白いですよね。


When I play taiko I perform with a lot different images in my head, but for my newly debuted composition "Mizu no Mori" I have an array of visions blue colours and changing hues of white light shining through water which I find impossible to explain in words.

One of things I love about touring through Europe is that I can appreciate a lot of art while I'm here, and today in Hamburg I saw one of my favourite Van Gogh pictures at an art gallery. The feeling of staring into that picture feels connected to "Mizu no Mori" for me, and it also felt like it brought new depths to the imagery I have for the song. When inspiration hits you like that, it really makes your heart pound. New encounters are truly fascinating.

Tsubasa Hori

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

松浦充長 2008年2月25日

20080225mitsunaga

ドイツと言えば ( ̄▽ ̄)b
ソーセージ!!!

ドイツと言えば
アイスクリーム...?( ̄▽ ̄;)

二人ともただ甘い物が好きなだけ
o(≧▽≦o)(o≧▽≦)o

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

Feb 23, 2008

阿部一成 2008年2月23日
Kazunari Abe Feb 23, 2008

20080223kazunari

ルクセンブルグにやってきました。
この国で公演するのは初めて。
ワン・アース・ツアー、45ヶ国目の国です。
まだまだ訪れていない国、街は果てしなくあれど、音を届けることのできる空間がまた少し広がったことに素直に感謝し、喜びたいです。

(私事ですがこの日34年目が始まりました。たくさんの方にお祝いしていただき、ほんとうに幸せものです。恩返しできるよう、自分の空間もまた、広げてゆきたいです。)


We are now in Luxembourg. It is Kodo's first time performing in this country, so it is the 45th country we have visited on our One Earth Tour.
I know there are still so many places we have yet to visit, but I am really grateful and happy about the chance to have my music reach new ears here.

(Today marks my 34th year on the planet. I felt so happy to have so many people wish me a Happy Birthday. To pay them back for their kindness, I want to broaden my horizons and see what more I can do.)

Kazunari Abe

Posted by kodoblog | | Comments (2) | TrackBack (0)

齊藤栄一 2008年2月23日

20080223eiichi

バカナおぢさんことバナナおぢさん@ルクセンブルク。
初めての公演地。非常に音の良いホールでの公演を前に記念撮影。
前日のアントワープ公演後バス移動で、ホテル着いたのは明け方3時でしたが何のその!
みんな元気です。

Eiichi Saito

Posted by kodoblog | | Comments (4) | TrackBack (0)

Feb 20, 2008

阿部一成 2008年2月20日

20080220kazunari

アントワープにて。

でかいでかい大聖堂。
健太が豆粒のよう(中央扉の左側に仁王立ち)。

Kazunari Abe

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

Feb 19, 2008

齊藤栄一 2008年2月19日その2
Eiichi Saito Feb 19, 2008 Part2

20080219eiichi2

前出のおじいちゃんが作ったと云う大太鼓人形。
折角!?なのでコラボレートしてみました。

このおじいちゃん、音響機材のお店をやっているだけあって公演後すぐにアタシの所へ来てポケットから何やら取り出し、「今日の公演は95デシベルだったよ。」と嬉しそうに計測器の使い方を教えてくれました。
コンサートをこっそり録音する人は居ると思うけど…、かなりの音マニアです。


Here is the doll that the gentleman I was talking about prior made.
I didn't want to miss the chance to collaborate "him".

This gentleman runs a sound equipment shop, so it wasn't entirely surprising he came straight up to me after the show and pulled something from his pocket...
"Today's show was 95 decibels!" he said excitedly showing me how his sound meter worked.
I am sure some sneaks record the concerts...but I guess it is great for sound freaks too.

Eiichi Saito

Posted by kodoblog | | Comments (8) | TrackBack (0)

齊藤栄一 2008年2月19日その1
Eiichi Saito Feb 19, 2008 Part 1

20080219eiichi1a

ベルギー・ハッセルトでの公演はナント16年振り。
もうすっかり忘れられているだろうなぁなどと思っていたらば…

この77歳のおじいちゃん久し振りに鼓童が来る事を聞き付けて、仕舞ってあった当時のポスター(モデルはアタシよ)やら自作の人形やらを引っ張り出して自分のお店(音響機材関係)に飾って宣伝していてくれたそうです。


It is hard to believe that it is 16 years since Kodo last performed in Hasselt.
I was sure they had all forgotten about us by now.....
And then a 77 year old gentleman showed up telling us that when he heard Kodo was coming back to town he pulled out his 15 year old Kodo poster (I am the model in the photo!) and a model he'd made of the Odaiko and players and displayed it in his audio equipment shop to advertise the show.

20080219eiichi1b

公演当日はそれらを持って楽屋まで訪ねて来てくれた上に、翌日の移動日にはホテルまで見送りにも。
ありがとう、熱いおじいちゃん! 本当に大感激の一日でした。


He brought the poster and model backstage to show us on the day of the concert, came to watch the show that night (after work!), and the next day came to see us off from the hotel.Thank you kind sir!
It was really an overwhelming good day because of you!

Eiichi Saito

Posted by kodoblog | | Comments (3) | TrackBack (0)

Feb 18, 2008

船橋裕一郎 2008年2月18日

20080218yuichiro1

海外ツアー散髪事情(ハッセルトにて)
 
海外では髪を切るのも一苦労です。健太くんは今回のドライバーさんのクルトさん(健太の隣にいる)にホテルの部屋でしてもらったそうです。「特攻野郎Aチームみたいでかっこいい…。やってもらったらどうです?」といわれましたが、僕は足早に町の美容室へ…。

20080218yuichiro2で、襟足をはっきり! さっぱり!
「自然な感じにお願いしますっ」てなんて言えば良いのでしょう。まあ欧風なかんじでいいんですが、よく見るとかなりトラ刈りです…。日本の理髪店のサービスと技術って本当すごいなあ、と首に寒風を感じながら思う今日この頃です。


Yuichiro Funabashi

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

松浦充長 2008年2月18日

可愛い乙女達がチョコを食べております
一名気になる方も混じっておりますが…。

薄暗い階段の踊り場で一人稽古に励む研三くん。
好物:鳥軟骨の唐揚げ

ヨーロッパツアーのスタッフ
右:マティアス(照明)
子供の頃は好きな子をいじめちゃうタイプだっだと思う。怒るとすごくいじける。
左:クルート(トラックドライバー)
ちょっとシャイだけどやさしい人。「飲みましょう」という日本語の使い方はうまい。

栄一さん、なれた手つきで丁寧に仕上げております
. . .( ̄□ ̄;)!!

BLØFとリハーサルでの一休み。
リハーサル期間中の出来事。今回、食事を作ってくれたディックさんに「みそ汁の作り方を教えて」と言われ...( ̄▽ ̄;)
合わせ味噌のみそ汁を教えてあげました。隠し味もちゃんと!
つづいて「うどんの使い方はどうしたらいい」と聞かれたので、「パスタのかわりに使ったらいいよ」と… ( ̄▽ ̄)b
ディックさん美味しい食事ありがとう。ちなみにディックさんはBLØF専属のコックさんです。( ̄▽ ̄;)スゲ〜

※みつのBLOG
今日もどこかでひとり言

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

阿部一成 2008年2月18日

20080218kazunari

ハッセルトにて。

先日の“小顔みつる”に続いて、“食い顔みつる”。
インド料理にハズレなし!!!

Kazunari Abe

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 15, 2008

阿部一成 2008年2月15日

20080215kazunari

ベルギービール・レフェ(黒)。
おいしい。あまりの美味しさにランチビールなのに二杯目へと手が伸びる。
あれ、酔ってんのかな…、
みつるが小顔にみえる…(笑)。

Kazunari Abe

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

Feb 14, 2008

砂畑好江 2008年2月14日
Yoshie Sunahata Feb 14, 2008

20080214yoshie1

BLØFとのリハーサル。

オランダの人気バンド「BLØF」とのライブリハーサルでのひとコマです。
今回のジョイント曲の一つ、「峰の風」を稽古中。時間がないから必死です…。
そして、待ち時間の過ごし方は人それぞれ。おや、見なれない人が笛を吹いております。


At the rehearsal with popular Dutch band Blof in Zeeland.

Here we are practising one of the songs we are going to perform together this time, "Mine o Kaze."
We are cramming in the practise as we are pressed for time.
And people waiting for their own rehearsals use their time in different ways... it is hard to get used to seeing some people playing different instruments for a change!

20080214yoshie2そしてそして、この日はバレンタインデー!!
鼓童ガールズより愛を込めて…。


And it was Valentine's Day!!
From the Kodo Girls with love to all the boys.


Yoshie Sunahata

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

洲崎拓郎 2008年2月14日

ごめんなさい、お客様のコンピュータでは映像が再生できません。

オランダのロックバンド「Bløf」とのリハーサルが行われました。3月14日〜16日の三日間、アムステルダムのハイネケン・ミュージック・ホールで行われるコンサートのためのものです。一昨年には彼らのコンサートにゲスト出演させていただきましたが、今度は二者がっぷりのジョイントコンサートです。
一昨年のゲスト出演については、ちょっぴりでしたがここで報告しておりました。洲崎拓郎 2006年8月24日その2もご覧下さい。

わたくしも音響マンとしてリハーサルに参加すべく、オランダへ飛んでまいりました。ちゃんと仕事はしていた(つもりな)んですが、折角ですので合間をぬって撮影もしてみました。
上の画像をクリックしてみてください。
うしろに聞こえる音楽は“Aanzoek Zonder Ringen”。この曲との出会いは更に遡って2005年の夏になります。不覚にもこちらは当ウェブログでの報告がありませんでしたが、夏の末に彼らが鼓童村までやってきて、この曲のレコーディングを行ったのでありました。もう二年半前のことになりますね…。

リハーサルは二日間行われ、盛りだくさんの内容となりました。私は日本へトンボ帰り、ツアー班は次の公演地へ出発していきました。約一ヶ月後には本番公演です。今から楽しみであります。

Posted by kodoblog | | Comments (2) | TrackBack (0)

Feb 13, 2008

Melanie Taylor Feb 13, 2008

20080213melanie1

20080213melanie2Here we are in Renesse, Zeeland, the Netherlands. An early morning stroll in the mist led us to ponies and a bar on the beach that makes it very clear whether it is open or closed.
This morning we begin two days of rehearsals with Dutch band BLØF for next months Amsterdam shows.

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 12, 2008

Melanie Taylor Feb 12, 2008

20080212melanie

In Liverpool, Natsuki had Masayuki in the palm of her hand. Here we are at the historic Brittania Hotel.

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 11, 2008

阿部研三 2008年2月11日
Kenzo Abe Feb 11, 2008

20080211kenzo1

イギリス、リバプールにて。

七年ぶりのリバプール公演。私にとっては、はじめての公演地です。
前回と同じ劇場だそうですが、搬入口が狭く、大太鼓もぎりぎり入るくらいの小さくて古い劇場です。
でも本番が始まると、満員御礼でお客さんとの距離が近く、とても気持ちのいい劇場でした。
劇場の近所にはイギリスで最大の大聖堂がそびえ立ち、あまりの大きさに思わずため息が出るくらいです。
残念ながら夜に移動してきたため、街中はあまり散歩できませんでしたがとても趣のある街でした。
また来たいなぁ…。


We hadn't had a show in Liverpool in seven years, and for me it was my first concert here.
It was the same concert hall as the time before, with a very small door for us to bring the odaiko drum through, and the little old stage was a very snug fit for the drum on just its stand.
But once the show began for the full house crowd, the audience was so close and the atmosphere was amazing.
Near the theatre the streets housed many enormous cathedrals; their size was breath-taking.
As we arrived in the middle of the night and only had a day in town for the show, sadly we didn't get much time to look around, but you could tell from just a glance that the town was full of soul.
I wanna come back someday...

20080211kenzo2

Our staff room was also the "wingspace".


スタッフ楽屋はそでの楽器置き場でもありました。

Photo by Melanie

Kenzo Abe

Posted by kodoblog | | Comments (2) | TrackBack (0)

Feb 10, 2008

小田洋介 2008年2月10日
Yosuke Oda Feb 10, 2008

20080210yosuke

ゲーツヘッド二日目。

今日は朝から太鼓のワークショップがありました。
講師はなんと私、小田洋介です。しかもワークショップ講師デビューです!!!!

今日のテーマは音に気持ちを乗せる。気持ちを音にする。
和太鼓初めての人達はどうなるかと思いきや、いやいや楽器ははすばらしい。言葉が少なくても伝わるなと思いました。

でもメラニーがかなり通訳してました…ありがと。
よし、目標は言葉が無くていいワークショプだ!!!


Gateshead, Day Two.

Today we had a workshop in the morning, and the instructor was none other than me, Yosuke Oda.
And it was my debut as a teacher!!!

The them for the day was putting your feelings into your sound Or turning your feelings into sound.
I was wondering how the first time taiko players would go but it just goes to show what a wonderful instrument the taiko is...
I was surprised how much you can say without words.

But Melanie helped me out a lot translating what I was saying... thanks.
So next time my goal is a workshop that I can run without needing so many words!!!

Yosuke Oda

Posted by kodoblog | | Comments (2) | TrackBack (0)

Feb 08, 2008

Melanie Taylor Feb 8, 2008
メラニー・テイラー 2008年2月8日

20080208melanie1

Here we are in Birmingham!
With some new faces from Sado...

A new band...

And an array of entertaining characters, you can see, this tour is full of surprises...


バーミンガムにやってきました!
佐渡島からのニューフェイス…。

あたらしいユニット…。

おもしろいキャラクターいろいろで、ご覧の通り、このツアーはびっくり箱みたいです。

20080208melanie2But this lovely lady surprised us with a painting of our Odaiko and soloist. We are loving seeing so many smiles like hers along the way.


でもこのやさしい方が 大太鼓の絵で 私達を驚かせてくださいました。彼女みたいな素敵な笑顔を 旅でたくさん出会えることを楽しんでいます。

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

石塚充 2008年2月8日

20080208mitsuru

今日はイギリス・バーミンガムでの公演でした。
無事に本番を終え、バラシを終えて時刻は午後11時。
しかし!!
まだ終わりじゃありません。
ここから夜移動です!!
同じくイギリス、ゲーツヘッドまで、約4時間の長距離移動。
4時間ていったら東京から新潟までいけちゃいますね〜。

公演後に長時間車に揺られるのは、疲れた筋肉にはとってもよくないため、みなそれぞれに身体が楽になるような工夫をします。

  • 立派な首枕と腰当をふくらませて準備万端のバーニング裕一郎。
  • マイ低周波治療器を持ち歩き、いつでもどこでも電気びりびりのバナナおぢさん。
  • 車で眠ってしまうのが一番筋肉を固めてしまうため、姿勢を正しておめめぱっちり…だったはずが、たちまち眠りの国へいざなわれてしまう鼓童居眠り代表の一成さん&好江ちゃん。
  • 好江ちゃんの後ろにはモノクロームのフレーズを呪文のようにつぶやく研三くん。

長距離移動の夜はふけていきます。

到着したのは午前3時。
まだまだツアーは始まったばかり!
明日も(今日も?!)本番だ〜。

Mitsuru Ishizuka

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

斎藤菜月 2008年2月8日

皆様如何お過ごしでしょうか。
イギリスの似合う舞台監督D.Bさん、平和の象徴with像、同期の二人、後ろの城みたいの実は市役所…、そして兄貴!

Natsuki Saito

Posted by kodoblog | | Comments (3) | TrackBack (0)

Feb 06, 2008

坂本雅幸 2008年2月6日
Masayuki Sakamoto Feb 6, 2008

20080206masayuki

ここマンチェスターは、サッカーチームのマンチェスターユナイテッドの本拠地。
鼓童サッカー部の武志さん一樹さんは少々興奮気味。さっそく空港に貼ってあった選手のポスターの前で写真を撮っていました。
二年前に来たときは、夜中に着いたので全く町が見られませんでした。が、今回は移動日の朝に町を散歩したり、たまたま見つけたマンチェスター美術館を見たりして、少しだけゆっくり過ごすことができました。


Here I am in Manchester, home to the soccer team Manchester United.
Kodo soccer club members Takeshi and Kazuki were a little hyped, and when we got off the plane they were taking pictures with the Man U poster by the baggage claim.
When we came here 2 years ago we arrived in the middle of the night and didn't get to see the town at all.
This time we had the morning before we left for Birmingham free, and I happened upon the Manchester Art Gallery and was able to relax a bit more.

(Photos by Melanie of Masayuki on his way back from the art gallery, and crossing the road behind the Bridgewater Hall)

Masayuki Sakamoto

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 03, 2008

斎藤菜月 2008年2月3日
Natsuki Saito Feb 3, 2008

20080203natsuki

ダブリン。夜の町は歌とお酒で盛り上がる人達でいっぱいです。
なんて楽しそうにわらう町なんだろう。素敵なところでした。


Dublin. The town was brimming with people partying, singing and drinking.
i wonder why it's such a fun and smiling place...
It was just grand.

Natsuki Saito

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

秋元淳 2008年2月3日

20080203jun

ダブリン公演の二日目、在アイルランド日本大使である卜部敏直さんに公邸までご招待いただき、昼食をごちそうになりました。

奥様共々とても気さくなお人柄で、ダブリンに赴任されてからまだ間もないという卜部さんでしたが、これまで数多の世界各国を赴任されてきた豊富な体験談を披露してくださり、鼓童メンバーも興味津々。日本人のシェフの方が腕によりをかけた料理もとても美味しかったです。

この日は公演会場で昼間のワークショップが重なって来られないメンバーも多く、7名の限定メンバーで伺いました。

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Melanie Taylor Feb 3, 2008
メラニー・テイラー 2008年2月3日

20080203melanie1

Dublin.

Where do you think these two are off to when it is only 3 hours until showtime?
Church on Sunday with me? Yes indeed.

Kazunari asked me the day prior if he would be allowed to play his piece "Inori Uta" at the Christ Church Cathedral, where he had visited on the 2006 tour and been inspired to write the song. The most famous chruch in Dublin on a Sunday... we can but ask I thought. A few calls were made and Yoshie, Kazunari and I were in a taxi, off to church between our rehearsals and the church's services to perform the piece for their own experience.

I read them the prayer on the wall about light, and we lit a candle each. As they performed, it was just me as the audience, and the vicar and priests listened from afar as the sound of voice and bamboo flute filled the cathedral. It was quite emotional for us all as the vicar has such a beautiful aura about him as he welcomed us in and granted our somewhat extraordinary request. He assured us we would meet there again in such a way you couldn't help but believe him.


ダブリンにて。

この二人、ショーが始まるまでのたった3時間、どこに行ったかと思いますか?
私と一緒に日曜日の教会へ? そう、その通り!

この日の前日、一成がキリスト教大聖堂にて、彼の作曲した「いのりうた」を演奏できないかどうか聞いてきました。彼は2006年にここを訪れた時に感動し、この曲を作ったそうです。ダブリンで一番有名な教会、しかも日曜日…。無理を承知でお願いしてみました。何度か電話した後、一成と好江、そして私とでタクシーに乗り込みました。公演のリハーサルと教会の礼拝の合間を縫い、この曲を演奏しに行ったのです。

私は一成と好江に、壁に書いてあった“光”についての祈りを読み、みんなでろうそくに明かりをともしました。二人が演奏している間、観客は私一人。唄と笛が大聖堂いっぱいに響き渡り、牧師さんたちは遠くでその聴いていて下さいました。 このとんでもないお願いを快諾してくれた牧師さんは本当に素晴らしい方で、私たちは感無量。またいつか、こういった形でここで再会することも約束してくれました。

20080203melanie3Here they are outside the cathedral. It was a truly special experience for all involved.

Yoshie turned heads as we walked back to the taxi.


ここは大聖堂の外。私たちにとって本当に貴重な経験となりました。

タクシーに向かう間、好江は通行人の注目を浴びていました。

20080203melanie2

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

松浦充長 2008年2月3日

20080203mitsunaga

みんな元気です。

Posted by kodoblog | | Comments (3) | TrackBack (0)

Feb 01, 2008

Melanie Taylor Feb 1, 2008
メラニー・テイラー 2008年2月1日

20080201melanie1

Ireland.
Today we travelled from London to Dublin. The ferries were cancelled causing our truck delays, but we all flew from London.


アイルランドにて。
今日はダブリンからロンドンへの移動日。フェリーが欠航したので、トラックを残し、私たちはロンドンから飛行機で移動しました。

20080201melanie2

I was able to blend in well in my green coat.
And we found a poster greeting us at the artist's entrance to the National Concert Hall. The players signed it after the two sellout shows in Dublin as a gift to the venue.


私の緑のコートとこの郵便ポスト、いいコンビネーションだと思いませんか?
ナショナルコンサートホールの出演者入り口にて、 ポスターがお出迎え。ダブリンでの2回公演のチケットは両日とも完売。会館へのお礼として、メンバーからこのポスターにサインをしました。

20080201melanie3Here is a shot from the audience seats of us unloading and setting up. The audience surrounded the stage 360 degrees so the players were literally giving smiles all around during the show.


これは客席からみた搬入とセットアップです。ここでは、なんと客席が360度ステージを囲んでいるのです。公演中、プレイヤーは文字通り「四方八方」に笑顔を振りまいていましたよ〜。

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 31, 2008

吉井盛悟 2008年1月31日
Shogo Yoshii Jan 31, 2008

20080131shogo

ベーシングストーク公演

ロンドンで初日を迎え、ベイシングストークは二公演目。このツアーの演目の流れにも慣れ、どの場面で何がどの様に伝わっているかも意識するようになりました。

今回私が関わっている演目「云 un」は、途中で口上を挟みます。
海外の舞台で「言葉」はどう伝わっているのか…。これが意外にも楽しんでもらえている様子。「言葉」を「言語」としてではなく「リズム」として表現する。「日本語」の面白味をどう伝えるか。

私自身、楽しみつつ、舞台に立っています。


Basingstoke

After our opening night in London, we had our second concert in Basingstoke. We had gotten used to the flow of the show and had become aware of how the audience would react to each piece.

In one of the pieces I perform in, "Un", there is a spoken section in the middle. Outside of Japan, I wonder how my "words" come across to the audience...
They seem to enjoy my banter more than I could have expected. I am speaking words not as vocabulary but rather as rhythm. I wonder how I can convey the interesting traits of the Japanese language to the patrons. I look forward to this challenge and their reactions every time I take the stage.

Shogo Yoshii

Posted by kodoblog | | Comments (6) | TrackBack (0)

Jan 30, 2008

松浦充長 2008年1月30日

20080130mitsunaga

健太が行く〜ロンドン編

今日はロンドン観光に行きました。
たくさん歩きました。
ラーメンを2回食べました。
自然史博物館は面白かったです。
今日はぐっすり眠れそうです。

◎案内人:みつ、撮影:みつ、文:みつ

( ̄▽ ̄;)ツカレタ…

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

中込健太 2008年1月30日
Kenta Nakagome Jan 30, 2008

ロンドン公演。
ヨーロッパツアー初日ということもあり緊張しましたが、お客さんが温かく迎えてくださり、気持ちよく演奏することができました。

オフの日にはロンドン観光をしました。中でも僕は大英博物館の大きさに驚きました。展示されていたミイラにしばらく見入ってしまいました。一日かけてバッキンガム宮殿、現代美術館テート・モダン、タワーブリッジ、ビッグベンを見て回り、とても充実した休日となりました。


The London performance was the opening night for our European Tour, and I was nervous, but the audience were so warm and welcoming, and I had a really good time performing for them on stage.

On our day off in London I went sightseeing. I was maybe most surprised by how huge the British Museum was, and found myself entranced looking at the mummies on display. I spent a whole day doing the rounds of Buckingham Palace, the Tate Modern, Tower Bridge and Big Ben so I felt like I had an amazing holiday in London.

Kenta Nakagome

Posted by kodoblog | | Comments (3) | TrackBack (0)

Jan 28, 2008

Melanie Taylor Jan 28, 2008
メラニー・テイラー 2008年1月28日

20080128melanie1

Here we are in Oxford Circus, walking to the tube station to go to the Royal Festival Hall.


ここはオックスフォード・サーカス。地下鉄の駅まで歩き、ロイヤル・フェスティバル・ホールへと向かうところです。

20080128melanie2

The hall is right beside the London Eye, and a truck was waiting with all our sea-shipped drums and equipment in 20 boxes.
We unpacked the container load and everything hasd arrived safe and sound.


会館の真横にはロンドン・アイ(※)が。トラックは、船便で到着する太鼓と備品、あわせて20箱を待っているところです。
みんなでコンテナーから荷物を取り出しました。太鼓は全て無事に届いていました。ひと安心。

20080128melanie3Afterwards, a few of us went out for Thai food that came in bento boxes... the first of many international fusion menus for our week stay in London.


その後、何人かでお弁当スタイルのタイ料理を食べに行きました。ロンドンにはたくさんの各国料理がありますが、その最初の一品。ロンドンには一週間の滞在となります。

※ロンドン・アイ(London Eye)は、イギリス・ロンドンにある観覧車。大きさは直径135m、カプセル1個当たりの定員は25人と、共に世界一。

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 27, 2008

斎藤菜月 2008年1月27日
Natsuki Saito Jan 27, 2008

20080127natsuki

搭乗待ちの様子です。
皆様いってきま〜す!


Here we are, waiting to get on our plane to London.
We'll be back in a bit!

Natsuki Saito

Posted by kodoblog | | Comments (9) | TrackBack (0)

Jan 26, 2008

石塚充 2008年1月26日
Mitsuru Ishizuka Jan 26, 2008

ヨーロッパツアー、始まります!!
2008年の一発目となるこの旅、今回の舞台では「これからのヨーロッパ!」というところに目線を向けて、今までのOne Earth Tourと少〜し雰囲気を変えてつくってみました。

短〜い稽古期間の中で(まあ、いつものことなんですが…)新しいものを突貫でがちゃがちゃ組み立てていったので、メンバーたちにはずいぶん苦労をかけてしまいましたが、なかなか面白い旅になりそうですよ!!

詳しいことは、ヨーロッパツアー特設サイトをご覧ください。
全文英語ですが、プログラムなんかもチラッと書いてあったりしますから、がんばって読んでみてください。

あ、それと、ワタクシのブログのほうもよろしくお願いします。
旅のあれこれ、舞台のあれこれ、
日記がわりに書きなぐってます。

みつるくんのまゆげ

このツアー、稽古初めの日から雪がふりはじめました。
昨日の稽古最終日には「爆弾低気圧」に見舞われました。
…う〜ん…

いってきます!!


The European Tour is about to begin!
For our first journey of 2008, I put together this show with "Europe's future" in mind and made the feeling of the show a little different to the One Earth Tour performances in the past.

During our limited rehearsal days (which is what we are used to) new ideas leapt out and we pieced them together like lego. I made a lot of work for the players, but I think we have come up with a show that is going to provide us with a fascinating trek around Europe!

For details, please check out the special Europe Tour site.
It is all in English and has the programme and fliers images, etc, and it is worth a read.

Oh, and please have a look at my blog too. I'll write about my travels, the show, and keep it like my own diary.

Mitsuru's Eyebrows (Blog)

This tour took on a snowy start right from the bginning of the rehearsals. The last day of rehearsals yesterday was a "explosive low ". Oh dear...

And off we go!

Mitsuru Ishizuka

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 25, 2008

Melanie Taylor Jan 25, 2008

20080125melanie

Here is the sea on our way from Sado to Honshuu to head to the airport and set off for Europe.
It was snowing on Sado when we left and the sea was so rocky. Snow was blown onto the boat and the waves were crashing.
What a blustery start to the tour... I wonder how the European winter will compare...?

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

見留知弘 2008年1月25日

ヨーロッパツアー出発の日。
なぜか冬のツアー出発前日は、必ずと言っていいほど大荒れになって、船は欠航になります。
鼓童の高台から真野湾を眺めてみますと、やはり昨日のうねりが海岸一帯を真っ白にしておりました。

鼓童村に降りてみると、なにやら小さな雪だるまが!!
宮崎正美&鬼澤綾子 作
「いってらっしゃいー!」のメッセージ付き小雪だるまくん達のお見送りです。

稽古場はがらんとしていて、ホワイトボードにはツアー班からもメッセージが!!

鼓童の坂は雪でバスが上がれないため、前もって上の道にバスを留めており、そこまでは乗用車でメンバーをピストン輸送。
いよいよ、鼓童バスで両津港へ向けて出発!!
皆さん行って来まーす!!

途中、猛吹雪で視界が悪くなりましたが、無事に到着。
「それでは行ってきまーす!!!!!」
と言うメンバーを送って、鼓童村に帰ってきました!
今日の私は、帰りのバスの運転手さんなのです。

4年ぶりに冬のツアーは参加せず、研修生等と稽古期間です。

最後の写真は、大荒れの真野湾。今日は4メートルの高波。船は凄く揺れたことでしょう。
二ヶ月間、身体に気を付けて、頑張ってきてねー!!

Tomohiro Mitome

Posted by kodoblog | | Comments (4) | TrackBack (0)

Jan 21, 2008

メラニー・テイラー 2008年1月21日
Melanie Taylor Jan 21,2008

20080121melanie

いよいよ、ワン・アース・ツアー班がヨーロッパへ出発します。
楽しみにしています。
この写真はスイスのプロモーター、マリアさんからいただきました。チューリッヒ駅にて、高さ5メートルの鼓童ポスター。
すごい!
スイスの国鉄が鼓童公演をスポンサーしています。
全国の駅で鼓童のポスターが見られるかな?


We are about to set off on the 2008 Europe Tour, I can't wait!
This picture was sent through by Maria, our promotor in Switzerland. It's a 5m high Kodo Poster hanging in the main train station in Zurich. Awesome, huh?
Swiss Rail are sponsoring the One Earth Tour shows in Switzerland... I wonder if there are loincloth clad Kodo posters in every station through the land?

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)