« 中込健太 2013年4月17日その2
Kenta Nakagome Apr 17, 2013 Part2
| Main | 中込健太 2013年4月19日
Kenta Nakagome Apr 19, 2013 »

Apr 18, 2013

中込健太 2013年4月18日
Kenta Nakagome Apr 18, 2013

◀◀最初から読む

【一通の手紙】

津村さんのご長男、津村和宏くんとは鼓童研修所で2年間、生活を共にしてきた同期で、彼とこうしてまた一緒に太鼓を叩けたことは本当にうれしいことでした。

その公演のあと、しばらくして和宏くんから一通の手紙が届きました。

その手紙にはこの『祭音』公演に対する彼の思いと、同じ太鼓を叩く【同志】という言葉が書かれていました。僕はこのことをとてもうれしく思いました。

久しぶりに一緒に叩いた和宏くんの太鼓はさらに力強く、三宅の男を感じさせる匂いがしていました。

その姿に刺激を受け僕も改めて自分の太鼓というものを見つめ直すきっかけとなった気がします。

そんな、彼と同志として太鼓に向かえることに今、喜びを感じています。

20130400kentamiyake02370

◀◀ひとつ前に戻る / ▶▶続く

Matsurineicon505月20日(月)
鼓童ゲスト出演
祭音 -MATSURINE- 2013
(大阪・堺市)


◀◀Read from the beginning
【One Letter】
Kazuhiro Tsumura, Mr. Akio Tsumura’s eldest son, was one of my own fellow apprentices who I spent 2 years with at the Kodo Apprentice Centre. I was very glad to play taiko with him again. After that concert, I received a letter from Kazuhiro. In that letter, he wrote his thoughts about the Matsurine performance and the word “doshi” which means a comrade, as in his “fellow taiko player.” It made me so happy. We hadn’t played taiko together for some time, and Kazuhiro’s taiko had become more powerful and it had the strong air of a “Miyake man.” He impressed me and led me to reconsider what taiko is for me. I feel grateful to play taiko with him as a comrade.
◀◀Back / ▶▶Next
May 20 (Mon) Kodo Guest Appearance Matsurine 2013 (Sakai, Osaka)
Kenta Nakagome

Posted by kodoblog |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76850/57197122

Listed below are links to weblogs that reference 中込健太 2013年4月18日
Kenta Nakagome Apr 18, 2013
:

Comments

Post a comment