« 中込健太 2013年4月17日その1
Kenta Nakagome, Apr 17, 2013 Part1
| Main | 中込健太 2013年4月18日
Kenta Nakagome Apr 18, 2013 »

Apr 17, 2013

中込健太 2013年4月17日その2
Kenta Nakagome Apr 17, 2013 Part2

◀◀最初から読む

【ショッキングな太鼓】

「祭音」公演で僕は津村明男さんをはじめ同志会の皆さんの太鼓の凄みを改めて間近で感じ、圧倒されてしまいました。

同時に、三宅のあのリズムをベースに一時間半の公演を成立させ、なおかつここは祭りの場なんじゃないかと錯覚するほどの熱気とお客さんの盛り上がりに驚きました。

僕らは公演でいろんな曲を演奏して1時間半から2時間の公演を構成しているけど、彼らは三宅太鼓一本で勝負しつづけてお客さんを圧倒的な説得力で感動させている。

20130400kentamiyake01370

彼らの太鼓の一打一打は、自分の心にある太鼓に対する理想をすべて満たし、これこそが『本来の太鼓』だと感じることができる凄まじい音でした。

この公演に参加できた事ことは、本当にラッキーであり、鼓童メンバーにとっても大きな手応えを得た伝説の公演となりました。

◀◀ひとつ前に戻る / ▶▶続く

Matsurineicon505月20日(月)
鼓童ゲスト出演
祭音 -MATSURINE- 2013
(大阪・堺市)


◀◀Read from the beginning
【Shocking Taiko】
I was blown away when I felt the taiko performance of Mr. Akio Tsumura and the members of Doshikai at Matsurine firsthand. At the same time, I was surprised that they were able to create a performance for an hour and a half with the rhythm of Miyake and the audience was enlivened as if they were at the actual festival. We usually perform for 1.5 to 2 hours by playing several pieces, but they were able to move the audience with just their Miyake rhythm. Each sound they made fulfilled my ideals of what taiko is. I felt “This is real taiko!” I was very lucky to join them for this performance and other Kodo members surely got something special from the experience, too. It was a legendary concert.
◀◀Back / ▶▶Next
May 20 (Mon) Kodo Guest Appearance Matsurine 2013 (Sakai, Osaka)
Kenta Nakagome

Posted by kodoblog |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76850/57192942

Listed below are links to weblogs that reference 中込健太 2013年4月17日その2
Kenta Nakagome Apr 17, 2013 Part2
:

Comments

あれ(津村さん還暦の折)は確かに楽しかった!
どう表現したらいいのか言葉は見つからないのだけれど、
観てる方も爽快感を味わいました(^-^)
おそらく出演者の皆さんが楽しんでらっしゃったので
こちらにもその楽しさが伝わってきたのではないかと…(笑)

佐渡島内も今時期あちこちでお祭りシーズンですね。
この度の大阪の『祭音』、楽しみです☆

Posted by: す | Apr 18, 2013 9:27:07 AM

Post a comment