« October 2012 | Main | January 2013 »

Nov 19, 2012

山口康子 2012年11月19日
Yasuko Yamaguchi Nov 19, 2012

20111119yasuko370

秋の研修所のひとこま。このところ雨続きで、なかなかできなかった脱穀と干し柿作りを手分けして行う研修所長と研修生たちです。干し柿は1600個以上! も吊るしたそうですが、研修生の旺盛な食欲を見ると、お米も柿もあっという間になくなってしまいそうです。


A scene from the Kodo Apprentice Centre in autumn. The apprentices and the head of the centre worked together threshing rice and making dried persimmons after a stretch of rainy days. They made 1,600 dried persimmons. Judging by their robust appetites, both the rice and persimmons will be gone soon!

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 17, 2012

山口康子 2012年11月17日
Yasuko Yamaguchi Nov 17, 2012

20111117yasuko

「佐渡市スポーツ推進委員協議会」にご主催いただき、佐渡地区総合研修会の講師として「しんちゃんせんせい*」がお招きいただきました。講演と太鼓ワークショップを行う会場は「金井能楽堂」。能舞台をバックに、お揃いのジャージの皆さんに太鼓体験していただくという、めったにない経験ができました。

*しんちゃんせんせい…十河伸一(鼓童文化財団スタッフ)


Shinchan-sensei(*) was invited to be the instructor for a training program offered by the Sado City Council Sports Promotion Committee. It was held at Kanai Noh Theater. We had a great experience with participants all wearing the same sportswear.
*Shinchan-sensei: Mr. Shinichi Sogo, the Tatakokan taiko instructor (Kodo Cultural Foundation staff member)

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 04, 2012

見留知弘 2012年11月6日
Tomohiro Mitome Nov , 6, 2012

ただいま、香川県の旧金毘羅大芝居(金丸座)で「坂東玉三郎特別公演」に出演しています。公演は11日が千秋楽ですが、チケットは早々に完売してしまいました!

さて、金刀比羅宮(ことひらぐう)は、海上交通の守り神、商売繁盛の神様として信仰されています。鼓童村近くにある佐渡宿根木集落は、北前船の寄港地でした。佐渡の廻船屋の人達がこんぴらさんにお参りをして、石灯籠を献灯しているという話を聞き、私達も公演の合間にその石灯籠を探し歩いてみました。境内をくまなく探してもなかなか見つからなかったのですが、私達が泊まっているホテル近くの路地にあった、旧多度津街道に三つ、JR琴平駅前に一つ、「佐渡国」と書かれた石灯籠が残っている事を見つけました!(幕末か明治時代に献上されてたもののようです)

今年の春と夏に佐渡特別公演を行った「宿根木公会堂」が、かつて回り舞台のある芝居小屋でした。これも金比羅参りと、旧金毘羅大芝居(金丸座)などが、佐渡の文化にも影響を与えたのではないかと推測されているそうです。

20121104tomohiro01370

■多度津街道
佐渡国羽茂郡 宿根木 有田久四郎 
佐渡国 小木町 佐々木伊八郎
佐渡国羽茂郡 深浦村 佐久間治右衛門


20121104tomohiro02370

■JR琴平駅前
佐渡国羽茂郡 宿根木 佐藤伊左衛門


Now, we are performing at “Tamasaburo Bando Special Performances” in Kagawa Prefecture. The performance will close on 11th, but the tickets have already been sold out.
Kotohira-gū is a shinto shrine for a god of safe seafaring and prosperous business. Shukunegi area near Kodo Village was a port of Kitamae-bune, a shipping route in Japan from the Edo to the Meiji periods. I heard that many shipping agents from Sado had come to Kotohira-gū to pray and offer votive stone lanterns. So, I looked for them between the performances. I walked all around the precincts, but was not able to find them. Then, I found three on the street and one in front of the station, which are all written “Sado.” (I guess they were offered at the end of Edo or the Meiji period.)
Shukunegi Community Hall, which Kodo Special Performances were held last spring and summer, was used as a classical playhouse before. It is said that visiting Kotohira-gu had a great influence to Sado culture.
Tomohiro Mitome

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)