« 秋元淳 2010年6月23日
Jun Akimoto June 23, 2010
| Main | 石塚充 2010年6月26日
Mitsuru Ishizuka June 26, 2010 »

Jun 25, 2010

世間のヒロイモノ【146】

〜旅のフランス語・蚤の市に行く(パリ)〜

20100625motofumi

このおじさん、腰まで正体不明の液体に浸かりながら、ひたすらその時が来るのを待っているようです。

液体は色から察するに酒か酢か油あたりで、そろそろ恋しい味醂やカツオの出し汁、ということはないよなあ。で、このおじさんはただこれだけなのか。液体が減るに連れてどうにかなるのか。もしくは瓶を傾けると動き出したりするのか。う〜んいまいち・・・・・はいここでお勉強。

いまいちの後に続く「分りません」は Je ne comprends pas。じゅぬこんぷらんぱと発音します。じゅは肌襦袢のじゅは叶わぬ時の神頼みの、といった風に憶えると良いでしょう。

ではまた。

Motofumi Yamaguchi
山口幹文
2010年6月25日
©2010 Motofumi Yamaguchi

Posted by kodoblog |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76850/48716269

Listed below are links to weblogs that reference 世間のヒロイモノ【146】:

Comments

出た~!異国のHiroimono~!!
Je ne aussi comprends pas!(合ってます?)

もしかして、この画のどこかに、バナナおぢさまがいらっしゃるんじゃないかと思いましたゎ(笑) (^O^)

Posted by: sumiko | Jun 25, 2010 10:44:07 AM

くぅっ、蚤の市だ。3度の飯と同じ位蚤の市が好きっ。
ところで、このおじさん、連れて帰らなかったのですか?

ジュヌコンプランパ?

>sumiちゃん
ジュンコ プランは?だってよ。
余計なお世話よねーーーー(^o^)

Posted by: うかうかちゃん | Jun 25, 2010 11:07:24 AM

>sumikoさん

異国のHiroimonoはなぜか苦労します。

>Je ne aussi comprends pas.

否定形にはnon pulを使うとありましたから、
Je ne comprends pas non pulですかねえ。

コーヒー頼むのが精一杯、という初心者に難しいこと訊かないで下さいな。
じゅぬこんぷらんぱあ、ですから。


>うかうかちゃん

おおこれは立派な骨董品からお前さん今そこで拾って来たんだろうまで、パリの蚤の市は盛大かつ面白いですねえ。

時間もお金もなかったので、おじさんのお持ち帰りはできませんでした。

Posted by: もとふみ | Jun 26, 2010 5:59:23 AM

「じゅぬこんぷらんぱあ」の人に言うのもなんですが、

non pul → non plus

だと、思う。習ったのは40年近く前だから自信ありませんが。

じゅぬこんぷらんぱあ〜。

Posted by: Sysop(シスオペ) | Jun 26, 2010 7:03:33 AM

それよりも、写真を見た瞬間、「まむし酒」の瓶だと思い込んでしまい、「このおじさん」って、何のこと? とすぐには理解できなかったワタクシです。

Posted by: Sysop(シスオペ) | Jun 26, 2010 7:08:43 AM


めるしーぷーるぼーとるひろいもの。
じゅれむぼーくー。

パリの蚤の市で、手当たりしだい売り物を手に取って見ているおじさんがいて、何となく見ていたら、売り物のがらくたの中からカツラを取り出してかぶってみていました。カツラを売ってるのも不思議やけど、かぶってみるおじさんもおかしくて笑いました。

また何か面白いへんなもの見つけてくださいね。

ぼんうぃーくえんど:o)

Posted by: おねむりピカチュウ | Jun 26, 2010 12:44:43 PM

>もとふみセンセ,おねむりピカチュウさん

海外の蚤の市ってとんでもないもん売ってますよね。
入歯とか売ってるのも見た事があります。

一件ガラクタに見える物が誰かの宝になる瞬間はミラクルです!

しかし、なんてラヴリーなおじさんっ→カツラの試着

Posted by: うかうかちゃん | Jun 26, 2010 4:20:23 PM

>Sysopさん

ありゃりゃ、sの字が抜けておりました。
ご指摘ありがとうございます。

>「まむし酒」

これをヨーロッパでやったら黒魔術と言われそうです。
しかしあの類いの酒には、どのようなご利益があるのでしょうか。

Posted by: もとふみ | Jun 26, 2010 7:48:00 PM

>おねむりピカチュウさん

カツラを物色していたおじさんって、もしかしてバナ・・・・・。


>うかうかちゃん

>入れ歯とか売ってる

うわ、そんな個性豊かなものを一体何のために。
まさかカツラのように試すなんてことはないと思いますが・・・・・。


Posted by: もとふみ | Jun 26, 2010 8:07:42 PM

うひゃひゃっ 
じゅぬこんぷろんぱ~ から色々発展しましたね~^^

>うかうかちゃん

「じゅんこぷらん」はやっぱECっすよ。
dadanは、生憎予定が合わず…。
dadanは鶴ちゃんに任せるゎ www

ヨーロッパ組、しっかりね!
JAPANも頑張ってるわよ!…って、何の話?w

Posted by: sumiko | Jun 28, 2010 10:16:22 AM

まむし酒ではありませんが、ARTE Y SOLERA 「道成寺」のブログに、瓶に入った蛇の抜け殻の写真が載っていました。類似のモチーフ? 6月11日付をご覧あれ。

Posted by: Sysop(シスオペ) | Jun 29, 2010 4:15:58 PM

>Sysopさん

>蛇の抜け殻

道成寺をテーマにするだけあって、実にタイムリーですね。

そういえば輝夜姫も女性が主人公。
この流れで行くと、次は太陽の卑弥呼か毒蛇のクレオパトラ辺りになるのでしょうか。


Posted by: もとふみ | Jul 2, 2010 9:54:10 PM

Post a comment