« 上之山博文 2010年5月5日
Hirofumi Uenoyama May 5, 2010
| Main | 洲崎拓郎 2010年5月7日
Takuro Susaki May 7, 2010 »

May 07, 2010

世間のヒロイモノ【145】

〜標語というもの(新潟)〜

20100507motofumi

塩っぱいものが好きなうえ検診ともご無沙汰気味。そもそも臍の角度が不健康なので、この手の真っ当な標語に従うことは殆どありません。

戦時中の「足りぬ足りぬは工夫が足りぬ」という標語に対し、「工」の字を省いてやり返した人がいたそうです。男(夫)は戦争に取られちゃいましたからねえ。他にも「贅沢は敵だ→贅沢は素敵だ」「欲しがりません勝つまでは→欲しがります勝つまでは」など、非常時にあってもお上をおちょくる人がいたとは頼もしいではありませんか。

ちょっとぼくもやってみよう。
「したか減税 受けたか献金」
うははは。たいして頼もしくない。

Motofumi Yamaguchi
山口幹文
2010年5月7日
©2010 Motofumi Yamaguchi

Posted by kodoblog |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76850/48299164

Listed below are links to weblogs that reference 世間のヒロイモノ【145】:

Comments


うわい、久々のヒロイモノですね。

臍の角度が云々、初め漢字も読めず、ひじの角度が不健康?などと
思ってしまいました。しばし考えて、ああ、なるへそ。

標語も気になりますが、看板の使い回しされ具合もとても気になります。

Posted by: おねむりピカチュウ | May 8, 2010 12:55:52 PM

「したか犯罪 受けたか懲罰」

「したか漫才 受けたか客に」

「したか万歳 受けたかおひねり」

「したか万歳 受けたか監督(失敗すると大けがになるので注意が必要です)」

Posted by: マンボ | May 8, 2010 2:14:49 PM

センセ、随分お久しぶりっ。
(のの字のの字クルクルクル)
太鼓の練習頑張っていらっしゃるんですものね。
寂しいなんて言わないわ。

んじゃ、あたくしも調子にのって、いってみるわよぉ。
「したか減量 受けたか女子に」

ふっ(-_-)

Posted by: ウハウハ | May 8, 2010 3:03:27 PM

>おねむりピカチュウさん

>なるへそ

ぼくが使うと「親爺ギャグだ」となじられますが、大丈夫ですか。


>マンボさん

沢山ありがとうございます。

昔の12月公演では「おひねり」が舞台に飛んで来たものですが、近頃は・・・・・。


>ウハウハさん

お、のの字とはこれまた古典的な。

では私も。

「したか練習 受けたか駄目出し」

老体に鞭打って、皆の足を引っ張らないようにぐゎんばります。

Posted by: もとふみ | May 8, 2010 9:04:16 PM

わたしの場合、

「してるぞ減塩 受けたぞ検診」

なんです。スミマセン。

今年は「脳ドック」も受けちゃいました。

Posted by: Sysop(シスオペ) | May 9, 2010 10:07:20 AM

>Sysopさん

スミマセンって、それが普通だと思いますが・・・・・。

一応ぼくは数年前に、三大成人病とガン保険の加入をいたしました。

脳ドックとは初めて聞きました。
どんなものなんでしょうか。


Posted by: したたか謙信 ウケたぞ兼続 | May 9, 2010 11:35:27 AM

>どんなものなんでしょうか。

磁石と電磁波で断層撮影するMRI検査です。「輪切り」にされた頭の内部の様子を見ることが出来ます。撮影は、検査台に仰向けになって、円筒形の装置の中に入ります。狭い暗闇の中に約20分間じっとしていると検査は終わります。

わたしの検査結果は「年齢相応。日常生活に支障なし」でした。

Posted by: Sysop(シスオペ) | May 9, 2010 1:17:20 PM

このテの交通標語はよくお目にかかりますが、健康標語とは…ほほぅ~。
しかし、上から目線でお話しては効果も半減かと思いますがねぇ。
この標語を生かすのであれば、せめて語尾にハートマークを付けて好感度UPを狙ってみればいいのに。
>Sysopさん
私の場合「したか検診 受けたか再検診」ですかねぇ。
前年から異常に数値が上がったそうで、再検診を勧められました。
上がって当然。
検診前夜、チャーシュー麺と鶏唐揚げ(あろうことか皮付き)を食べましたもん(確かポテトチップスも平らげたような気がする)。
あれってすぐ数値に表れるんですねぇ。学習学習。

Posted by: みか | May 10, 2010 12:58:20 PM

>Sysopさん

輪切りの画像は見ご覧になったのですか。

>約20分間じっとして

布団に潜り込み、眠くなるまでの間さえ飽きてしまう私にこれは辛い。
検査中に具合が悪くなるような気がします。


Posted by: 幹文 | May 11, 2010 8:07:51 PM

>みかさん

>上から目線で

確かにそうですが、このリズムの良さと、どこかしら男性的なもの言いに惹かれてしまいます。

チャーシュー麺と唐揚げとポテトチップス・・・・・。
余計なお世話ですが、脂肪分の摂り過ぎではないでしょうか。

Posted by: もとふみ | May 11, 2010 8:17:57 PM

輪切りの画像はもちろん見ました。

画像はパソコンのディスプレイに表示されます。脳、頭部の血管、そして頚部の血管の3種類。上から下まで連続的に表示すると、動画のように見えます。「へぇー」という感じです。

装置の中は「闇」ですが、静寂ではないのです。うるさいほどに、いろいろな音が鳴ります。飽きることはないかも。

Posted by: Sysop(シスオペ) | May 12, 2010 6:48:06 AM

>Sysopさん

静寂ではない闇ですか・・・・・。
現代にあっては、ちょっと特殊な時間と空間ですね。

根掘り葉掘りですが、「輪切り」は天然色ですか。
また、データはお持ち帰りできるのでしょうか。

Posted by: 興味津々@検診嫌い | May 13, 2010 10:38:39 AM

「天然色」って、、、 いえ、パートカラーです(嘘)。

輪切りは、テケテケテケテケ、はいモノクロームでした(笑)。

撮影後少し待たされて、画像を見ながら説明を受けるのですが、正式な検査結果は3週間後に送られてきました。ただし、わたしの場合は、そこには画像データはありませんでした。検診機関によっては、画像データをもらえるオプションがあるのかもしれません。

Posted by: Sysop(シスオペ) | May 15, 2010 6:50:58 AM

>磁石と電磁波で断層撮影するMRI検査です
その空間想像しただけで肩が凝って来ました!
先日知人も同じ検査受けましたが、癒し系の音楽をヘッドフォンから流してくれ、心配りも素晴らしかった!との事、でも心配りを感じれば感じる程恐くなる気がする私です。誰か一緒に入ってくれる人がいたらいいかも(笑)
なにはともあれ、花の恋の芸術の都PARISでの公演、達者で乗り切って下さいね(^_^)

Posted by: ウハウハ | May 15, 2010 9:43:37 AM

>ウハウハさん

誰か一緒にって面白いですね。
でも相手が異性だったりしたら、脳波が尋常でなくなるかも。
・・・・・相手によりけりですかねえ。

>花の恋の芸術の都PARIS

「パリで遊ぶ暇なんかありませんからね!」

↑(鬼のような)マネージャー談

Posted by: もとふみ | May 15, 2010 1:59:11 PM

Post a comment