« January 2008 | Main | March 2008 »

Feb 26, 2008

船橋裕一郎 2008年2月26日

20080226yuichiro

アントワープ、ルクセンブルグ四連チャンを終え、昨日は9時間のバス移動…。
ホテルのお風呂はなんかメルヘンな感じで、きき湯(残り僅か)と雑誌(読む所あと僅か)をもちこみ長風呂です。備え付けのアヒルくんは、どういう気配りなんでしょう?

いよいよドイツです!!

Yuichiro Funabashi

Posted by kodoblog | | Comments (2) | TrackBack (0)

新井武志 2008年2月26日

ハンブルグにて。

20080226takeshi1

バスタブの角でお出迎えしてくれました。
研三と同室なんだけど、どうやってあそぼっかな〜note


20080226takeshi2

別に気にしてないけど、この店はちょっと…coldsweats02

Takeshi Arai

Posted by kodoblog | | Comments (3) | TrackBack (0)

見留知弘 2008年2月26日その2

20080226tomohiro2

今日の午後は、研修生と在島組との「千里馬」合同稽古でした。

全員での基礎練習。
メンバーの中に、研修生一人が入っての曲通し。
真剣に、メモを取りながら見入っている研修生。

合同稽古はお互いにとって、とても良い時間です。

Tomohiro Mitome

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

見留知弘 2008年2月26日その1

20080226tomohiro1

今日はお昼休みの時間に、研修生と在島組の稽古発表会を行いました。

研修生は、2月始めより取り組み始めた、三宅のソロパートを入れた、発表会用の曲通し。(写真は体験館での稽古)

在島組は、千里馬と津軽手踊り(じょんから節)です。

研修生は定期的(3ヶ月に一度くらい)に、舞台メンバーはツアー出発前に通し稽古を行うのですが、これが結構緊張するんです。

稽古で出来ても、いざ人前で演奏する時には、普段の力がなかなか出せないものです。

また3月末の発表会に向けて、稽古稽古です。

Tomohiro Mitome

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 25, 2008

堀つばさ 2008年2月25日
Tsubasa Hori Feb 25, 2008

私は太鼓を叩くときいろんなイメージをもって演奏します。今回こちらで初演となった新曲「水の森」では、言葉ではとても表現できない様々な青色や、水に差し込む白い光の色の変化などを頭の中で描いて演奏しています。

私がヨーロッパの旅で好きなことのひとつは身近に美術が楽しめることで、今日は大好きなゴッホの絵を美術館で観ました。そのゴッホの絵の風のざわめきは「水の森」のイメージととても通じるものがあり、また私のイメージに新しい風が吹き込まれた気分でもあり、こういうインスピレーションを受けたときはほんとにドキドキします。
出会いってほんとに面白いですよね。


When I play taiko I perform with a lot different images in my head, but for my newly debuted composition "Mizu no Mori" I have an array of visions blue colours and changing hues of white light shining through water which I find impossible to explain in words.

One of things I love about touring through Europe is that I can appreciate a lot of art while I'm here, and today in Hamburg I saw one of my favourite Van Gogh pictures at an art gallery. The feeling of staring into that picture feels connected to "Mizu no Mori" for me, and it also felt like it brought new depths to the imagery I have for the song. When inspiration hits you like that, it really makes your heart pound. New encounters are truly fascinating.

Tsubasa Hori

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

松浦充長 2008年2月25日

20080225mitsunaga

ドイツと言えば ( ̄▽ ̄)b
ソーセージ!!!

ドイツと言えば
アイスクリーム...?( ̄▽ ̄;)

二人ともただ甘い物が好きなだけ
o(≧▽≦o)(o≧▽≦)o

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

Feb 23, 2008

阿部一成 2008年2月23日
Kazunari Abe Feb 23, 2008

20080223kazunari

ルクセンブルグにやってきました。
この国で公演するのは初めて。
ワン・アース・ツアー、45ヶ国目の国です。
まだまだ訪れていない国、街は果てしなくあれど、音を届けることのできる空間がまた少し広がったことに素直に感謝し、喜びたいです。

(私事ですがこの日34年目が始まりました。たくさんの方にお祝いしていただき、ほんとうに幸せものです。恩返しできるよう、自分の空間もまた、広げてゆきたいです。)


We are now in Luxembourg. It is Kodo's first time performing in this country, so it is the 45th country we have visited on our One Earth Tour.
I know there are still so many places we have yet to visit, but I am really grateful and happy about the chance to have my music reach new ears here.

(Today marks my 34th year on the planet. I felt so happy to have so many people wish me a Happy Birthday. To pay them back for their kindness, I want to broaden my horizons and see what more I can do.)

Kazunari Abe

Posted by kodoblog | | Comments (2) | TrackBack (0)

齊藤栄一 2008年2月23日

20080223eiichi

バカナおぢさんことバナナおぢさん@ルクセンブルク。
初めての公演地。非常に音の良いホールでの公演を前に記念撮影。
前日のアントワープ公演後バス移動で、ホテル着いたのは明け方3時でしたが何のその!
みんな元気です。

Eiichi Saito

Posted by kodoblog | | Comments (4) | TrackBack (0)

Feb 20, 2008

阿部一成 2008年2月20日

20080220kazunari

アントワープにて。

でかいでかい大聖堂。
健太が豆粒のよう(中央扉の左側に仁王立ち)。

Kazunari Abe

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

Feb 19, 2008

齊藤栄一 2008年2月19日その2
Eiichi Saito Feb 19, 2008 Part2

20080219eiichi2

前出のおじいちゃんが作ったと云う大太鼓人形。
折角!?なのでコラボレートしてみました。

このおじいちゃん、音響機材のお店をやっているだけあって公演後すぐにアタシの所へ来てポケットから何やら取り出し、「今日の公演は95デシベルだったよ。」と嬉しそうに計測器の使い方を教えてくれました。
コンサートをこっそり録音する人は居ると思うけど…、かなりの音マニアです。


Here is the doll that the gentleman I was talking about prior made.
I didn't want to miss the chance to collaborate "him".

This gentleman runs a sound equipment shop, so it wasn't entirely surprising he came straight up to me after the show and pulled something from his pocket...
"Today's show was 95 decibels!" he said excitedly showing me how his sound meter worked.
I am sure some sneaks record the concerts...but I guess it is great for sound freaks too.

Eiichi Saito

Posted by kodoblog | | Comments (8) | TrackBack (0)

齊藤栄一 2008年2月19日その1
Eiichi Saito Feb 19, 2008 Part 1

20080219eiichi1a

ベルギー・ハッセルトでの公演はナント16年振り。
もうすっかり忘れられているだろうなぁなどと思っていたらば…

この77歳のおじいちゃん久し振りに鼓童が来る事を聞き付けて、仕舞ってあった当時のポスター(モデルはアタシよ)やら自作の人形やらを引っ張り出して自分のお店(音響機材関係)に飾って宣伝していてくれたそうです。


It is hard to believe that it is 16 years since Kodo last performed in Hasselt.
I was sure they had all forgotten about us by now.....
And then a 77 year old gentleman showed up telling us that when he heard Kodo was coming back to town he pulled out his 15 year old Kodo poster (I am the model in the photo!) and a model he'd made of the Odaiko and players and displayed it in his audio equipment shop to advertise the show.

20080219eiichi1b

公演当日はそれらを持って楽屋まで訪ねて来てくれた上に、翌日の移動日にはホテルまで見送りにも。
ありがとう、熱いおじいちゃん! 本当に大感激の一日でした。


He brought the poster and model backstage to show us on the day of the concert, came to watch the show that night (after work!), and the next day came to see us off from the hotel.Thank you kind sir!
It was really an overwhelming good day because of you!

Eiichi Saito

Posted by kodoblog | | Comments (3) | TrackBack (0)

山口幹文 2008年2月19日

20080219motofumi

さぁさぁよゐ子の皆さん、おやつの時間ですよ。

手前から「薩摩芋のおにまん(鬼饅頭?)」「薩摩芋の茶巾(正式名称不明)」「製作者(キヨ子さん)」「T.N.くん(意味分からん)」。
いつもながらの素朴な食感とほど良い甘さ。この「お菓子の半歩手前」もしくは「寸止め状態」という案配が実によろしい。

取り立てて「よゐ子」ではない私ですが、一番乗りでたらふく食べさせてもらいました。

Motofumi Yamaguchi

Posted by kodoblog | | Comments (9) | TrackBack (0)

Feb 18, 2008

船橋裕一郎 2008年2月18日

20080218yuichiro1

海外ツアー散髪事情(ハッセルトにて)
 
海外では髪を切るのも一苦労です。健太くんは今回のドライバーさんのクルトさん(健太の隣にいる)にホテルの部屋でしてもらったそうです。「特攻野郎Aチームみたいでかっこいい…。やってもらったらどうです?」といわれましたが、僕は足早に町の美容室へ…。

20080218yuichiro2で、襟足をはっきり! さっぱり!
「自然な感じにお願いしますっ」てなんて言えば良いのでしょう。まあ欧風なかんじでいいんですが、よく見るとかなりトラ刈りです…。日本の理髪店のサービスと技術って本当すごいなあ、と首に寒風を感じながら思う今日この頃です。


Yuichiro Funabashi

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

松浦充長 2008年2月18日

可愛い乙女達がチョコを食べております
一名気になる方も混じっておりますが…。

薄暗い階段の踊り場で一人稽古に励む研三くん。
好物:鳥軟骨の唐揚げ

ヨーロッパツアーのスタッフ
右:マティアス(照明)
子供の頃は好きな子をいじめちゃうタイプだっだと思う。怒るとすごくいじける。
左:クルート(トラックドライバー)
ちょっとシャイだけどやさしい人。「飲みましょう」という日本語の使い方はうまい。

栄一さん、なれた手つきで丁寧に仕上げております
. . .( ̄□ ̄;)!!

BLØFとリハーサルでの一休み。
リハーサル期間中の出来事。今回、食事を作ってくれたディックさんに「みそ汁の作り方を教えて」と言われ...( ̄▽ ̄;)
合わせ味噌のみそ汁を教えてあげました。隠し味もちゃんと!
つづいて「うどんの使い方はどうしたらいい」と聞かれたので、「パスタのかわりに使ったらいいよ」と… ( ̄▽ ̄)b
ディックさん美味しい食事ありがとう。ちなみにディックさんはBLØF専属のコックさんです。( ̄▽ ̄;)スゲ〜

※みつのBLOG
今日もどこかでひとり言

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

阿部一成 2008年2月18日

20080218kazunari

ハッセルトにて。

先日の“小顔みつる”に続いて、“食い顔みつる”。
インド料理にハズレなし!!!

Kazunari Abe

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 15, 2008

阿部一成 2008年2月15日

20080215kazunari

ベルギービール・レフェ(黒)。
おいしい。あまりの美味しさにランチビールなのに二杯目へと手が伸びる。
あれ、酔ってんのかな…、
みつるが小顔にみえる…(笑)。

Kazunari Abe

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

Feb 14, 2008

砂畑好江 2008年2月14日
Yoshie Sunahata Feb 14, 2008

20080214yoshie1

BLØFとのリハーサル。

オランダの人気バンド「BLØF」とのライブリハーサルでのひとコマです。
今回のジョイント曲の一つ、「峰の風」を稽古中。時間がないから必死です…。
そして、待ち時間の過ごし方は人それぞれ。おや、見なれない人が笛を吹いております。


At the rehearsal with popular Dutch band Blof in Zeeland.

Here we are practising one of the songs we are going to perform together this time, "Mine o Kaze."
We are cramming in the practise as we are pressed for time.
And people waiting for their own rehearsals use their time in different ways... it is hard to get used to seeing some people playing different instruments for a change!

20080214yoshie2そしてそして、この日はバレンタインデー!!
鼓童ガールズより愛を込めて…。


And it was Valentine's Day!!
From the Kodo Girls with love to all the boys.


Yoshie Sunahata

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

洲崎拓郎 2008年2月14日

ごめんなさい、お客様のコンピュータでは映像が再生できません。

オランダのロックバンド「Bløf」とのリハーサルが行われました。3月14日〜16日の三日間、アムステルダムのハイネケン・ミュージック・ホールで行われるコンサートのためのものです。一昨年には彼らのコンサートにゲスト出演させていただきましたが、今度は二者がっぷりのジョイントコンサートです。
一昨年のゲスト出演については、ちょっぴりでしたがここで報告しておりました。洲崎拓郎 2006年8月24日その2もご覧下さい。

わたくしも音響マンとしてリハーサルに参加すべく、オランダへ飛んでまいりました。ちゃんと仕事はしていた(つもりな)んですが、折角ですので合間をぬって撮影もしてみました。
上の画像をクリックしてみてください。
うしろに聞こえる音楽は“Aanzoek Zonder Ringen”。この曲との出会いは更に遡って2005年の夏になります。不覚にもこちらは当ウェブログでの報告がありませんでしたが、夏の末に彼らが鼓童村までやってきて、この曲のレコーディングを行ったのでありました。もう二年半前のことになりますね…。

リハーサルは二日間行われ、盛りだくさんの内容となりました。私は日本へトンボ帰り、ツアー班は次の公演地へ出発していきました。約一ヶ月後には本番公演です。今から楽しみであります。

Posted by kodoblog | | Comments (2) | TrackBack (0)

藤本吉利 2008年2月14日

20080214yoshikazu

ありがとう。
もらって嬉しい、バレンタインチョコレート!

佐渡は雪!!(自動シャッターで撮る)

Yoshikazu Fujimoto

Posted by kodoblog | | Comments (2) | TrackBack (0)

見留知弘 2008年2月14日

20080214tomohiro1

研修所にて千里馬の稽古を行いました。
研修所は鼓童村から車で約一時間離れた所にあり、海岸線の道から1,200メートル上がった山の中にあります。

一昨日の夜から佐渡は大荒れの天気で、船も欠航するような暴風と吹雪になりました。
研修所への道のりを上がっていくと、新雪にたくさんの足跡。朝の早歩きに出かけて行った軌跡が残っておりました。
木造の校舎なので、ところどころに防火用のバケツが置いてあり、中を覗いて見た所、氷が張っていました!!

今日の稽古は、辻勝さんと二人体制です。
その様子を写真でご報告します。

20080214tomohiro2

稽古前の挨拶。
ニュアンスなど、一人ずつ手直し中。
八人千里馬? 勝さんの拍子木に合わせて、全員で同じフレーズを叩く。

研修所で教えるという事は自分にも再確認の場であり、いかに基本が大切かという事を痛感させられます。
教える方も、教えられる方も、大切な時間です。

Tomohiro Mitome

Posted by kodoblog | | Comments (3) | TrackBack (0)

Feb 13, 2008

Melanie Taylor Feb 13, 2008

20080213melanie1

20080213melanie2Here we are in Renesse, Zeeland, the Netherlands. An early morning stroll in the mist led us to ponies and a bar on the beach that makes it very clear whether it is open or closed.
This morning we begin two days of rehearsals with Dutch band BLØF for next months Amsterdam shows.

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

見留知弘 2008年2月13日

20080213tomohiro

今日は容子さんの唄の稽古でした。
唄は、帆柱起こし唄。

始める前に趣旨説明がありました。稽古始めに歌った唄と、最後に歌った唄との変化を試したいとの事。
最初は普通に、次は輪になって重たいものを隣の人に手渡しながら、更には帆柱を起こす状態で唄ってみるとの事でした。

そこで、稽古場二階ギャラリーの手すりにロープを結んだものを、帆柱を起こすイメージで引っ張りながら唄ってみました。

効果てきめん、唄に掛け声に抑揚が付いて、始めの唄とは躍動感などが違うようになりました。
写真を写してくれたのは、幹文さんです。

Tomohiro Mitome

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 12, 2008

Melanie Taylor Feb 12, 2008

20080212melanie

In Liverpool, Natsuki had Masayuki in the palm of her hand. Here we are at the historic Brittania Hotel.

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 11, 2008

阿部研三 2008年2月11日
Kenzo Abe Feb 11, 2008

20080211kenzo1

イギリス、リバプールにて。

七年ぶりのリバプール公演。私にとっては、はじめての公演地です。
前回と同じ劇場だそうですが、搬入口が狭く、大太鼓もぎりぎり入るくらいの小さくて古い劇場です。
でも本番が始まると、満員御礼でお客さんとの距離が近く、とても気持ちのいい劇場でした。
劇場の近所にはイギリスで最大の大聖堂がそびえ立ち、あまりの大きさに思わずため息が出るくらいです。
残念ながら夜に移動してきたため、街中はあまり散歩できませんでしたがとても趣のある街でした。
また来たいなぁ…。


We hadn't had a show in Liverpool in seven years, and for me it was my first concert here.
It was the same concert hall as the time before, with a very small door for us to bring the odaiko drum through, and the little old stage was a very snug fit for the drum on just its stand.
But once the show began for the full house crowd, the audience was so close and the atmosphere was amazing.
Near the theatre the streets housed many enormous cathedrals; their size was breath-taking.
As we arrived in the middle of the night and only had a day in town for the show, sadly we didn't get much time to look around, but you could tell from just a glance that the town was full of soul.
I wanna come back someday...

20080211kenzo2

Our staff room was also the "wingspace".


スタッフ楽屋はそでの楽器置き場でもありました。

Photo by Melanie

Kenzo Abe

Posted by kodoblog | | Comments (2) | TrackBack (0)

Feb 10, 2008

小田洋介 2008年2月10日
Yosuke Oda Feb 10, 2008

20080210yosuke

ゲーツヘッド二日目。

今日は朝から太鼓のワークショップがありました。
講師はなんと私、小田洋介です。しかもワークショップ講師デビューです!!!!

今日のテーマは音に気持ちを乗せる。気持ちを音にする。
和太鼓初めての人達はどうなるかと思いきや、いやいや楽器ははすばらしい。言葉が少なくても伝わるなと思いました。

でもメラニーがかなり通訳してました…ありがと。
よし、目標は言葉が無くていいワークショプだ!!!


Gateshead, Day Two.

Today we had a workshop in the morning, and the instructor was none other than me, Yosuke Oda.
And it was my debut as a teacher!!!

The them for the day was putting your feelings into your sound Or turning your feelings into sound.
I was wondering how the first time taiko players would go but it just goes to show what a wonderful instrument the taiko is...
I was surprised how much you can say without words.

But Melanie helped me out a lot translating what I was saying... thanks.
So next time my goal is a workshop that I can run without needing so many words!!!

Yosuke Oda

Posted by kodoblog | | Comments (2) | TrackBack (0)

Feb 09, 2008

山口康子 2008年2月9日

20080209yasuko

今年は日本ブラジル交流年! と機関誌新年号で紹介いたしましたが、アース・セレブレーションやツアーなど、鼓童も様々な形でブラジルと深く関わる一年になります。
私は自他共に認める鼓童一のブラジルおたく。
鼓童のメンバーにブラジルに親しんでもらいたくて、廊下に関連資料を並べたり、いろいろおせっかいな企画を始めています。

今日のお昼はブラジル“風”料理を作ってみました。
黒豆とお肉やモツを煮込んだ「フェイジョアーダ」。
サルサをつけて食べる揚げ餃子風の「パステス」。
どちらも材料は近くのスーパーで買ったものだけで作ったので、かなりジャパネスク
ではありますが…。
正美作のサラダには、唯一ブラジル食材屋さんから仕入れた「パルミット(やしの芽)」を並べました。(右奥の方にある白っぽいものです。)

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

見留知弘 2008年2月9日

20080209tomohiro1

今日は午前中、鼓童村内の森の作業を行いました。
景色は真っ白ですが、晴天で絶好の作業日になりました。

日頃のバチを今日はノコギリに持ち替え、切り倒した木の枝を切ったり、切った物を運んで積み上げたり。来年の薪作りと、森林整備をしました。

陣頭指揮を執るのは、青木代表。(写真1)
みんな説明を聞いています。

枝の整理をしているのは、鬼澤綾子と宮崎正美。(写真2)
薪運びをするのは、辻勝と前田剛。(写真3)
薪を積むのは、高橋勅雄。(写真4)

チェーン・ソーで、45cmの長さに切っている、青木代表。(写真5)

あれ? えぇー?? もしかして「世間のヒロイモノ」の あのお方じゃありませんか?? いつの間に!!(写真6)
笛より重いものを持っているぅー!!

勅雄君、綺麗に積み上げたねぇ!(写真7)

不定期に行われる森の作業ですが、また次回の際も投稿したいと思っています。
ちなみに自分は、チェーン・ソー担当です。

Tomohiro Mitome

Posted by kodoblog | | Comments (2) | TrackBack (0)

Feb 08, 2008

Melanie Taylor Feb 8, 2008
メラニー・テイラー 2008年2月8日

20080208melanie1

Here we are in Birmingham!
With some new faces from Sado...

A new band...

And an array of entertaining characters, you can see, this tour is full of surprises...


バーミンガムにやってきました!
佐渡島からのニューフェイス…。

あたらしいユニット…。

おもしろいキャラクターいろいろで、ご覧の通り、このツアーはびっくり箱みたいです。

20080208melanie2But this lovely lady surprised us with a painting of our Odaiko and soloist. We are loving seeing so many smiles like hers along the way.


でもこのやさしい方が 大太鼓の絵で 私達を驚かせてくださいました。彼女みたいな素敵な笑顔を 旅でたくさん出会えることを楽しんでいます。

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

石塚充 2008年2月8日

20080208mitsuru

今日はイギリス・バーミンガムでの公演でした。
無事に本番を終え、バラシを終えて時刻は午後11時。
しかし!!
まだ終わりじゃありません。
ここから夜移動です!!
同じくイギリス、ゲーツヘッドまで、約4時間の長距離移動。
4時間ていったら東京から新潟までいけちゃいますね〜。

公演後に長時間車に揺られるのは、疲れた筋肉にはとってもよくないため、みなそれぞれに身体が楽になるような工夫をします。

  • 立派な首枕と腰当をふくらませて準備万端のバーニング裕一郎。
  • マイ低周波治療器を持ち歩き、いつでもどこでも電気びりびりのバナナおぢさん。
  • 車で眠ってしまうのが一番筋肉を固めてしまうため、姿勢を正しておめめぱっちり…だったはずが、たちまち眠りの国へいざなわれてしまう鼓童居眠り代表の一成さん&好江ちゃん。
  • 好江ちゃんの後ろにはモノクロームのフレーズを呪文のようにつぶやく研三くん。

長距離移動の夜はふけていきます。

到着したのは午前3時。
まだまだツアーは始まったばかり!
明日も(今日も?!)本番だ〜。

Mitsuru Ishizuka

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

斎藤菜月 2008年2月8日

皆様如何お過ごしでしょうか。
イギリスの似合う舞台監督D.Bさん、平和の象徴with像、同期の二人、後ろの城みたいの実は市役所…、そして兄貴!

Natsuki Saito

Posted by kodoblog | | Comments (3) | TrackBack (0)

世間のヒロイモノ 【128】

〜無調査報告〜(東京)

20080208motofumi

みかさんから「出張ついでに立ち寄ってきました〜」と、画像付き報告がありました。
計測が目的ではなく、雪降る東京で転倒する人を見つけ「仏のごとく助けてあげる・鬼のようにせせら笑う」のいずれかをしてみたかったとのこと。

末広歩道は「意外に可愛いサイズ」との感想でしたが、確かにこうして見るとあまり広くはないですねえ。
みかさん、お忙しい中を苦労様でした。

関連記事:世間のヒロイモノ 【125】

Motofumi Yamaguchi山口幹文
2008年2月8日
©2008 Motofumi Yamaguchi

Posted by kodoblog | | Comments (25) | TrackBack (0)

Feb 07, 2008

見留知弘 2008年2月7日

20080207tomohiro

ただ今稽古中!!

在島組みの、千里馬の稽古です。

左は実際に舞台で演奏する形での稽古。
右は細かい所を合わせるために、太鼓を持ち寄って稽古中です。

5人の音がひとつになるよう、お互いの音を聞いたり、ニュアンスの癖などを指摘しあったり、切磋琢磨中です!!

Tomohiro Mitome

Posted by kodoblog | | Comments (5) | TrackBack (0)

Feb 06, 2008

坂本雅幸 2008年2月6日
Masayuki Sakamoto Feb 6, 2008

20080206masayuki

ここマンチェスターは、サッカーチームのマンチェスターユナイテッドの本拠地。
鼓童サッカー部の武志さん一樹さんは少々興奮気味。さっそく空港に貼ってあった選手のポスターの前で写真を撮っていました。
二年前に来たときは、夜中に着いたので全く町が見られませんでした。が、今回は移動日の朝に町を散歩したり、たまたま見つけたマンチェスター美術館を見たりして、少しだけゆっくり過ごすことができました。


Here I am in Manchester, home to the soccer team Manchester United.
Kodo soccer club members Takeshi and Kazuki were a little hyped, and when we got off the plane they were taking pictures with the Man U poster by the baggage claim.
When we came here 2 years ago we arrived in the middle of the night and didn't get to see the town at all.
This time we had the morning before we left for Birmingham free, and I happened upon the Manchester Art Gallery and was able to relax a bit more.

(Photos by Melanie of Masayuki on his way back from the art gallery, and crossing the road behind the Bridgewater Hall)

Masayuki Sakamoto

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

見留知弘 2008年2月6日

20080206tomohiro

小木地区、小比叡(こびえい)の田遊び神事を見てきました。
その一部を、写真でご紹介いたします。

詳しい内容は、こちらをご覧下さい。
新潟県庁:にいがたふるさとレポート:ふるさと応援合戦:2006年02月:佐渡:vol.1

佐渡では小比叡の他に、二箇所で田遊び神事が行われます。何年か前には赤泊地区の、女人禁制の神事も見ました。
いつか、もうひとつの神事も見てみたいものです。

Tomohiro Mitome

Posted by kodoblog | | Comments (3) | TrackBack (0)

Feb 03, 2008

斎藤菜月 2008年2月3日
Natsuki Saito Feb 3, 2008

20080203natsuki

ダブリン。夜の町は歌とお酒で盛り上がる人達でいっぱいです。
なんて楽しそうにわらう町なんだろう。素敵なところでした。


Dublin. The town was brimming with people partying, singing and drinking.
i wonder why it's such a fun and smiling place...
It was just grand.

Natsuki Saito

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

秋元淳 2008年2月3日

20080203jun

ダブリン公演の二日目、在アイルランド日本大使である卜部敏直さんに公邸までご招待いただき、昼食をごちそうになりました。

奥様共々とても気さくなお人柄で、ダブリンに赴任されてからまだ間もないという卜部さんでしたが、これまで数多の世界各国を赴任されてきた豊富な体験談を披露してくださり、鼓童メンバーも興味津々。日本人のシェフの方が腕によりをかけた料理もとても美味しかったです。

この日は公演会場で昼間のワークショップが重なって来られないメンバーも多く、7名の限定メンバーで伺いました。

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Melanie Taylor Feb 3, 2008
メラニー・テイラー 2008年2月3日

20080203melanie1

Dublin.

Where do you think these two are off to when it is only 3 hours until showtime?
Church on Sunday with me? Yes indeed.

Kazunari asked me the day prior if he would be allowed to play his piece "Inori Uta" at the Christ Church Cathedral, where he had visited on the 2006 tour and been inspired to write the song. The most famous chruch in Dublin on a Sunday... we can but ask I thought. A few calls were made and Yoshie, Kazunari and I were in a taxi, off to church between our rehearsals and the church's services to perform the piece for their own experience.

I read them the prayer on the wall about light, and we lit a candle each. As they performed, it was just me as the audience, and the vicar and priests listened from afar as the sound of voice and bamboo flute filled the cathedral. It was quite emotional for us all as the vicar has such a beautiful aura about him as he welcomed us in and granted our somewhat extraordinary request. He assured us we would meet there again in such a way you couldn't help but believe him.


ダブリンにて。

この二人、ショーが始まるまでのたった3時間、どこに行ったかと思いますか?
私と一緒に日曜日の教会へ? そう、その通り!

この日の前日、一成がキリスト教大聖堂にて、彼の作曲した「いのりうた」を演奏できないかどうか聞いてきました。彼は2006年にここを訪れた時に感動し、この曲を作ったそうです。ダブリンで一番有名な教会、しかも日曜日…。無理を承知でお願いしてみました。何度か電話した後、一成と好江、そして私とでタクシーに乗り込みました。公演のリハーサルと教会の礼拝の合間を縫い、この曲を演奏しに行ったのです。

私は一成と好江に、壁に書いてあった“光”についての祈りを読み、みんなでろうそくに明かりをともしました。二人が演奏している間、観客は私一人。唄と笛が大聖堂いっぱいに響き渡り、牧師さんたちは遠くでその聴いていて下さいました。 このとんでもないお願いを快諾してくれた牧師さんは本当に素晴らしい方で、私たちは感無量。またいつか、こういった形でここで再会することも約束してくれました。

20080203melanie3Here they are outside the cathedral. It was a truly special experience for all involved.

Yoshie turned heads as we walked back to the taxi.


ここは大聖堂の外。私たちにとって本当に貴重な経験となりました。

タクシーに向かう間、好江は通行人の注目を浴びていました。

20080203melanie2

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

松浦充長 2008年2月3日

20080203mitsunaga

みんな元気です。

Posted by kodoblog | | Comments (3) | TrackBack (0)

Feb 02, 2008

世間のヒロイモノ 【127】

〜検針鬼〜(東京)

20080202motofumi

犬のロボット……、いや、ここは年中行事を優先させて、豆撒きの標的に見立てることにします。

こんな表現は恥ずかしくて口にできませんが、キモカワイイってゆーかメカカワイイ(←今ぼくが作った)。

頑丈そうなので、大豆ぐらい投げ付けても壊れないでしょう。壊れないでしょうが、通行人に通報でもされたら、決して頑丈ではないこちらの人生が壊れるかも。

Motofumi Yamaguchi山口幹文
2008年2月2日
©2008 Motofumi Yamaguchi

Posted by kodoblog | | Comments (15) | TrackBack (0)

Feb 01, 2008

Melanie Taylor Feb 1, 2008
メラニー・テイラー 2008年2月1日

20080201melanie1

Ireland.
Today we travelled from London to Dublin. The ferries were cancelled causing our truck delays, but we all flew from London.


アイルランドにて。
今日はダブリンからロンドンへの移動日。フェリーが欠航したので、トラックを残し、私たちはロンドンから飛行機で移動しました。

20080201melanie2

I was able to blend in well in my green coat.
And we found a poster greeting us at the artist's entrance to the National Concert Hall. The players signed it after the two sellout shows in Dublin as a gift to the venue.


私の緑のコートとこの郵便ポスト、いいコンビネーションだと思いませんか?
ナショナルコンサートホールの出演者入り口にて、 ポスターがお出迎え。ダブリンでの2回公演のチケットは両日とも完売。会館へのお礼として、メンバーからこのポスターにサインをしました。

20080201melanie3Here is a shot from the audience seats of us unloading and setting up. The audience surrounded the stage 360 degrees so the players were literally giving smiles all around during the show.


これは客席からみた搬入とセットアップです。ここでは、なんと客席が360度ステージを囲んでいるのです。公演中、プレイヤーは文字通り「四方八方」に笑顔を振りまいていましたよ〜。

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)