« 見留知弘 2008年2月7日 | Main | 斎藤菜月 2008年2月8日 »

Feb 08, 2008

世間のヒロイモノ 【128】

〜無調査報告〜(東京)

20080208motofumi

みかさんから「出張ついでに立ち寄ってきました〜」と、画像付き報告がありました。
計測が目的ではなく、雪降る東京で転倒する人を見つけ「仏のごとく助けてあげる・鬼のようにせせら笑う」のいずれかをしてみたかったとのこと。

末広歩道は「意外に可愛いサイズ」との感想でしたが、確かにこうして見るとあまり広くはないですねえ。
みかさん、お忙しい中を苦労様でした。

関連記事:世間のヒロイモノ 【125】

Motofumi Yamaguchi山口幹文
2008年2月8日
©2008 Motofumi Yamaguchi

Posted by kodoblog |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76850/40044689

Listed below are links to weblogs that reference 世間のヒロイモノ 【128】:

Comments

>「仏のごとく助けてあげる・鬼のようにせせら笑う」のいずれかをしてみたかった

すばらしい!!
ぐうの音も出ない程に、みかさんらしい・・・

ぐう・・・(=.=;)

Posted by: こんさんちゃん | Feb 8, 2008 4:13:28 PM

マジでぇぇぇ!?www


聞いて無いよぉぉぉぉ!!!!


なら、行ったのにぃ…コスプレで☆彡

Posted by: 舞い王 | Feb 9, 2008 1:41:47 AM

そうなの。行っちゃったの。
>幹文さん&管理人さん
掲載ありがとうございます。
「雪降る東京なんて、田舎っぺには滅多にお目にかかれない!」…と、鼻息荒く八重洲口改札を出たのですが、寒さのあまりこの写メ撮ってソッコー駅構内へ逆戻り。撮影場所を探す余力はありませんでした。
この写真だけ見ると「雨降る東京」みたいだなぁ。
>こんさんちゃん
>ぐう・・・(=.=;)
goodの「ぐう」?ゲンコツの「ぐう」??お腹が鳴った「ぐう」???
仏か鬼かは皆さんのご想像におまかせします。
>舞い王さん
ご要望通り行きましたよ~コスプレで☆彡
会社の制服でしたけど。
関東地方は随分冷え込んでましたねぇ。宇都宮あたりから新幹線の車窓に雪が見えた時には我が目を疑いました。

Posted by: みか | Feb 9, 2008 1:33:06 PM

東京の人は、雪に不慣れなこともあるのでしょうが、転ぶ原因は靴ですよ靴。
洋服に合わないとおっしゃるが、怪我をしてからでは手遅れです。
昔の人も「転ばぬ先の靴」と云ってます。

Posted by: 幹文 | Feb 9, 2008 11:33:52 PM

>幹文さん
>「転ばぬ先の靴」
平均寿命が延びると「杖」から「靴」に変わるのですか・・・?
さすがに「靴見せて」とは言えませんでしたが、靴底くらいはグリップの良い物を選ぶべきですよね。

Posted by: みか | Feb 10, 2008 2:43:09 PM

>みかさん
仏か鬼かは永遠の謎にしておきます・・・

>センセイ
>「転ばぬ先の靴」
ハイヒールの事?
路面が凍っていようとザクザク刺さるような・・・


>皆さま
関東人は非常に雪に弱い生き物でございます。
すっ転んで周りをキョロキョロ気にしてても,
温かい目で見守ってあげて下さいませm(_ _)m

Posted by: こんさんちゃん | Feb 12, 2008 12:15:32 AM

>みかさん

ハイヒールは経験が無いので分かりません。
ツマゴとかカンジキでしょうね。

>こんさんちゃん

とにかく滑りにくい靴を履き、転んでも怪我をしないようにすることです。
スケートリンクに行って、上手な転び方の練習をする、というのはいかがでしょうか。


Posted by: 幹文 | Feb 12, 2008 1:58:05 PM

゙;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブフォォ
スケートリンクで転び方の練習っすか???
いろんな靴で試すべきですよねぇ・・・

警備員来ますって!

怒られますって!!

摘み出されますって~~~!!!
 


Posted by: こんさんちゃん | Feb 12, 2008 6:41:37 PM

>こんさんちゃん

確かに、リンクではスケート靴のみでしたね。
今年の諏訪湖(親戚あり)は、久しぶりで氷が張ったそうです。
湖なら問題無し(のはず)。
ちなみに母(昭和九年生まれ)は、あそこで下駄スケートを楽しんだと言ってました。

Posted by: 幹文 | Feb 12, 2008 9:19:48 PM

>こんさんちゃん
今日上司と雑談中、東京在住の同級生(東北出身)が雪道で転倒して負傷し、同級会に来なかった話を聞きました。
結局どこの出身だろうがすっ転ぶ時はあるのです。
>幹文さん
我が親も下駄スケートに竹スキー世代ですが…
ツマゴって、なぁに?

Posted by: みか | Feb 12, 2008 11:29:58 PM

>みかさん

ツマゴ(爪子)とは、藁で作った雪靴のことです。
東北地方だったような気が・・・・・。

Posted by: 幹文@雪の佐渡 | Feb 13, 2008 2:31:02 AM

>幹文さん
>東北地方だったような気が・・・・・。
なんかどうやらそのようでした。
我が家で話題に挙がるのは「ツマゴ」よりも「ゆんずき(ゆんずぎ?)」。雪靴の事らしいですが、これもきっと方言なんだろうなぁ…。
運動足袋世代でもないので自信がありません。

Posted by: みか@現在気温2℃ | Feb 13, 2008 2:01:15 PM

>みかさん

「ゆんずき」→「雪突き」ですかねえ。
100%方言ですってば。

運動足袋→100%Sysopさんと私(小学校低学年まで)です。

Posted by: 幹文 | Feb 13, 2008 11:19:13 PM

>幹文さん
最近どうも標準語と方言の境界線が曖昧で、変化(相手が不思議そうな顔をするとかPCで漢字変換できないとか)があって初めて「嗚呼これって方言なのね」と気付くようになりました。バイリンガルにはなれそうもありません。
運動足袋も地域限定品かと思ってましたが、通じてよかった~。


Posted by: みか | Feb 14, 2008 12:49:28 PM

急に呼び出されてしまった(笑)。

はい、履きましたよ。運動足袋。いつまでだったかなぁ~。

Posted by: Sysop(シスオペ) | Feb 14, 2008 1:52:11 PM

長崎出身の元メンバーH君は、長崎弁が長崎限定とは知らず「その席ば誰かとっとっと?=その席は誰かとってある?」や「牛のおっばい=牛がいるぅ」が、なぜメンバーに通じないのか不思議がっておりました。

彼の場合はこれに加え、
四十六時間中→四六時中
げっきょく駐車場→月極駐車場
世界の櫓(やぐら)舞台→世界の檜舞台
等など独自の言語が存在し、聞く者を常に混乱させるのでした。

>ひろゆきさん

あちこちで頑張っているようですね。
一応名前は伏せておいたけれど、バレたらごめんね。
ひろゆきしゃんの長崎弁ば懐かしかぁ。

Posted by: 幹文 | Feb 14, 2008 2:37:24 PM

>「怪傑ハリマオ」をこよなく愛すお二方
運動足袋って、何色なんでしょう?
誰も教えてくれないんです。
>幹文さん
Hさんに同情します。
「げっきょく駐車場」なんて特に。私もやらかしました。
Hさん、今日のバンダナは何色なんでしょうね?

Posted by: みか | Feb 15, 2008 1:25:38 PM

>みかさん

運動足袋は白です。
あの頃は先生も生徒も、体育の服装は白一色。
紅白に分かれる時だけ、帽子や鉢巻きが赤になりました。

バンダナの色ですが、今彼のブログで見たらカーキ色。
以前会った時は赤いバンダナでした。
何枚ぐらい持っているのだろうか。

Posted by: 幹文 | Feb 15, 2008 2:07:24 PM

>センセイ、みかさん

今話題のHさんって・・・
子供、愛犬(サクラちゃん)、ラーメンをこよなく愛し、最近事務所の名前を変えたあの人ですね!
今度WSに行った時にでも聞いてみますね、「世界の櫓舞台」についてww
バンダナの枚数についてもWW

Posted by: こんさんちゃん | Feb 16, 2008 11:15:55 AM

>こんさんちゃん

う〜ん、彼のことですから、櫓舞台の件なんて記憶にないでしょうねえ。

そういえば、二人でトルコのカッパドキアに一週間ばかり滞在したことがあります。
言葉も通じない中、絵に描いたような弥次喜多道中でした。
憶えているかなあ。
「カッパドキアのロバの声」と言えば、何か反応があるかもしれません。
ぜひ試してみて下さい。

Posted by: 幹文 | Feb 16, 2008 11:38:11 AM

>こんさんちゃん
たぶんそのお方だと思います。
センセイの言うカーキ色のバンダナは見つけたけれど…さくらちゃんはどこ?ブログには無いですよね?
>幹文さん
ロバの声、そんなにヘンテコなんでしょうかねぇ。
「絵に描いたような弥次喜多道中話」も聞いてみたい気がしますが、ここに書かれてはこんさんちゃんの楽しみが半減するでしょうから、400字詰原稿用紙1枚程度にまとめておいて下さいませんか?
次回お会いした際に回収しますから。よろしくお願いします。

Posted by: みか | Feb 18, 2008 12:59:36 AM

>みかさん

使役する人にとって、ロバは間抜けな動物に見えるらしく、馬や犬に対するような愛情は感じられませんでした。
とても哀しい、その代わりやたらでっかい声でした。

Posted by: 幹文 | Feb 19, 2008 11:36:19 AM

>幹文さん、みかさん、

やっぱり“昔の人”なら、
「転ばぬ先の下駄」?
「転ばぬ先の足袋」?
「転ばぬ先の雪駄」?

                   古ネタ返しですみません…

Posted by: june(こと、sumiko) | Feb 19, 2008 1:27:29 PM

>june(こと、sumiko)さん

いっそのこと、

転ばぬ先の雪かき。

ではいかが。

Posted by: 幹文 | Feb 19, 2008 5:57:46 PM

>june(こと、sumiko)さん
転ばぬ先の・・・「バリアフリー」??
う~ん、これじゃあ“イマドキの人”ですよね。


Posted by: みか | Feb 20, 2008 12:33:22 AM

Post a comment