« 見留知弘 2007年12月26日 | Main | 洲崎純子 2007年12月27日 »

Dec 27, 2007

世間のヒロイモノ 【124】

〜勝利を我らに〜(東京)

20071227motofumi

旧幕府軍と官軍の戦いに思いを馳せるべく上野の山に出向いたところ、こんなモノを拾ってしまいました。しみじみと旧跡を巡る日なのに困るなあ。まったく。

それにしても「ドッサリ」と来たか。映画「ジュラシック・パーク」で見た、一般家庭の処理能力を超えたところの、息の詰まりそうな存在を想起させます。しかし当事者にとっては熾烈な戦いの勝利の証。敵から分捕った大砲を記念碑にするが如く、「チョコミント(ココア抹茶かも知れぬ)」状態にして日がな顕彰したいと打ち明けられても、私は止めようとは思いません。
ただし、自分の部屋に飾ること。

Motofumi Yamaguchi山口幹文
2007年12月27日
©2007 Motofumi Yamaguchi

Posted by kodoblog |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76850/17494933

Listed below are links to weblogs that reference 世間のヒロイモノ 【124】:

Comments

うんち~ドッサリ・・・・

って…


思い出してしまいましたよ!?先生www

「うんち味のカレーとカレー味のうんち~」
さぁて、どっちか選べと言われたらどっちにしますか???


さぁ、先生を始め~カレー好きな一成くん~またはリスナーの皆さん、どっちにしますか???


悩みますなぁwwww


まずは、自分から・・・

うんこ味のカレーで☆彡

…だっていちお、カレーはカレーですからねぇ

この久しぶりの先生のヒロイモノネタ~引っ張りますよぉ!!!

ハイ!!お次はだれ???

Posted by: 舞い王 | Dec 27, 2007 10:50:24 PM

>舞い王さん

あまりにも辛かったので、「お尻がスパイシー」とか、今でもバナナヲヂサンとやり合ったりしていますが、UNCHIを引っ張っちゃたりしちゃいけない。
ま、ま、ここは押さえて押さえて。

管理人さんはこのネタを口頭で伝えたところ、爆笑後我に返って「伏せ字伏せ字」とつぶやいておったのだがなあ・・・・・。

Posted by: 幹文 | Dec 28, 2007 10:42:41 AM

はい、当初は伏せ字を考えておりましたが、実際にやってみると、かえってネタが引き立ち逆効果でした。あっけらかんとストレートに出した方が、妙な含みが無くなり良いようです。
そんなわけで、どっさり。

Posted by: 管理人 | Dec 28, 2007 10:58:16 AM

今年はこのどっさりネタで年越しですか?
や~んo(>_<)o
自分の部屋に飾るなんてそんな陰気臭い事言わず「芸術です」と、どこぞの本社ビルのように堂々掲げる立派な作品をいかがでしょう。
もちろんどっさり。

Posted by: みか | Dec 28, 2007 1:11:39 PM

>みかさん

ああ、都内某所の屋上に輝く「金のドッサリ」ですね。
あの金色に輝く孫悟空の乗り物のようなブツを仰ぎ見るたび、あれを受け入れられる東京の凄さを感じます。

いやあ、都会はおそんげえ(←佐渡弁・恐ろしいっちゅう意味だっちゃ)。

Posted by: 日本海は低気圧 | Dec 29, 2007 12:34:02 AM

何のことだか全然意味わかんなくて、検索しちゃったよ!
「う○ちドッサリ」って検索窓に・・・(笑)ナンダカナー。

医薬品なのねー。そのマンマな商品名なわけだ。う~ん。
う~ん・・・ヒネリの効いた商品名も難しそうだ!

「鹿のフン」と言う菓子名はヒネリの効いた名前なのかどうなのか?!http://www.naraken.jp/eshop/kubota_syouten/index.html

で・・・センセイ、これが今年の締めくくりですか?う~ん。
来年も素敵な拾いものに出逢えますよう♪お祈り申し上げ候!

Posted by: 遊鼓 | Dec 29, 2007 10:09:27 AM

>遊鼓さん

いやもう、雰囲気を悪くするようなネタで申し訳ありません。
出そうかどうか踏ん切りが付かなかったのですが、これも管理人さんの英断のお陰です。

吉永小百合さまの歌に「奈良の春日野(昭和40年)」という作品があります。
この歌詞がですね、「腰をおろせば鹿のフン フンフンフーン」というもの。
(かつての)アイドルだってこうして奮闘していた訳です。
だから何なのだ、と憤慨されても困りますが・・・・・。


Posted by: 幹文 | Dec 29, 2007 12:49:23 PM

この2枚の写真の組み合わせは。。。。
あぁあああああ!!
変に想像力を掻き立てられて、いやあああああ!!!!
もうジェラート食べれないです。。
もっと爽やかな締めにしてくださいっ。

Posted by: 西の平田屋 | Dec 29, 2007 11:45:11 PM

>日本海は低気圧さん
↑雪掻き手伝いましょうか?

ちょっと調べてみたらあの「金のどっさり」は仏デザイナーの作品なんですねぇ。硬い素材と裏腹に、時代に柔軟に対応するその姿に感嘆いたします。
おそんげぇ?いやいや、「うんちどっさり」愛用者の皆様には理想とする色・艶・形(大きすぎるけど)ですよ。
でもあれ「聖火台の炎」ってタイトルなんですって。芸術ってムズカシイもんですね。
>遊鼓さん
あ「鹿のフン」知ってます。
明石家さんまさんが鹿の着ぐるみ姿でフリフリされてたやつですよね?(あれ?違うの?)
しかしこのお店、見本ばっかりっていうのもおっかなくないですか?


Posted by: 私の心は高気圧 | Dec 30, 2007 4:10:51 PM

>私の心は高気圧さん

雪掻きのお手伝いを、強く強く希望されているようですが、佐渡は雪が少ないので(今のところ)大丈夫だと思います。


商品がみな見本なのは、おそらく万引き防止のためでしょう。
店番も居ませんせんでしたしね。

Posted by: 大荒れ日本海 | Dec 31, 2007 8:46:51 PM

何はともあれ
明けました。
おめでとうございます。

Posted by: japa | Jan 3, 2008 8:53:46 PM

>皆様へ

(すでに三日前ですが)
明けましておめでとうございます。
(変なネタで締めましたが)
昨年中はお世話になりました。

ヒロイモノは時の運。
だらだらながらも、124回も続いたのはひとえに皆さまのお陰です。
今年あたりは新企画を、と思ってはいますが、行替えやら句読点のないのが私の人生。
ぐずぐずとこのまま行くんだろうなあ。

ともあれ、
今年もよろしくお願いいたします。


Posted by: 幹文 | Jan 4, 2008 12:16:47 AM

Post a comment