« 見留知弘 2007年10月9日 | Main | 山口康子 2007年10月11日 »

Oct 10, 2007

世間のヒロイモノ 【121】

〜油断大敵〜(新潟)

20071010motofumi

手動式珈琲ミルです。取っ手の艶からして働き者だったのだろうに、気が緩んで失態でも演じたのか、追い出されてしまいました。それでも口元はにっこり。逞しいのか鈍いのか……。

この手の器械の、動輪だの歯車だのが“がっちゃんこ”と動くその姿に、思わずご苦労様と油の一差しでもしてやりたくなりますが、あのビードロ(別名ポッペン・ガラスの玩具)みたいな油差しってまだあるのかなあ。

Motofumi Yamaguchi山口幹文
2007年10月10日
©2007 Motofumi Yamaguchi

Posted by kodoblog |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76850/16718728

Listed below are links to weblogs that reference 世間のヒロイモノ 【121】:

Comments

なぜ道端に放置。。
手動のミルを動かしている所、実は見た事ありません。
こんなに大きかったらどのくらいの量を挽けるんでしょう?
喫茶店の看板の上に飾ってあるのしか見た事ないなぁ。

Posted by: 西の平田屋 | Oct 12, 2007 12:04:00 AM

>西の平田屋さん

おそらくキロ単位で挽けるのではないでしょうか。
手動ですと、五人分(約40グラム)挽くのにちょっと汗かきます。
持ち主は、きっとその汗が辛くなったのでしょう。
まあ、これを外に引っ張り出すのも大汗モノですが。

Posted by: 幹文 | Oct 12, 2007 11:25:50 PM

あら、先生またいいモノ見つけちゃいましたね!www

これって、やはり鋳物製でしょうねぇ?

重そうですね・・・と、何故か物理的に見てしまうのは職人だからでしょうか???爆~^^;

Posted by: 舞い王 | Oct 12, 2007 11:37:23 PM

>舞王さん

いいモノ→鋳物ですか?
うはは。

一度回し始めたら、勢いついて止めるのに苦労しそうです。
油なんか差さないほうが良いかもしれません。

Posted by: 幹文 | Oct 13, 2007 12:35:51 AM

どうせなら、油注して大人数名で「エイッ」と一発。
後は挽き終わる(止まる)のを待つだけ!

挽き加減の調整は運任せになりますけど・・・

挽きすぎても文句を言わない人限定です。

Posted by: こんさんちゃん | Oct 15, 2007 11:10:26 PM

錆びたシャッターの前に置いてあり・・・

何か、絵になりますねぇ。

哀愁って感じ!

Posted by: よしこ | Oct 16, 2007 11:19:53 PM

>こんさんちゃん

次回の修学旅行でがりがりやってみますか。
ただし、誰がどうやって東京へ運ぶかが問題です。

>よしこさん

まさに、周囲を道連れに哀愁を漂わせる一品となっています。
これが銀座の並木通りだったら「粗大ゴミ」でしょうね。

Posted by: 幹文 | Oct 17, 2007 9:36:07 PM

我が家の前にあったらいいな♪

・・・やっぱり、不自然@@

Posted by: よしこ | Oct 18, 2007 12:43:42 AM

>よしこさん

これだけのものです。
きれいに磨いて飾れば、結構な置物となることは確か。
ただし喫茶店と間違われ、少々面倒なことになるかもしれません。

Posted by: 幹文 | Oct 19, 2007 9:44:00 AM

Post a comment