« February 2007 | Main | April 2007 »

Mar 28, 2007

藤本容子 2007年3月28日

20070328yoko

鼓童村のすぐ近くに、「佐渡太鼓体験交流館」という佐渡市の地域文化交流の施設ができました。
先日、公私にわたっての大切な友人・安西美喜子さんの友達を中心とした集まりで「ヴォイスサークル」を開いたのですが、声の響きがとーーーーっても良いんです。
あっという間の4時間を過ごしました。
ワークショップのあとに、茶話会をしながらまた歌ったり踊ったり…。
そして、この写真を撮ったのですが、佐渡の間伐材で作られた建物の、窓の大きなこのホールは、ほんとうに素晴らしい空間です。

太鼓体験館という名前ですが、太鼓に限らずさまざまに利用できる施設ですし、もちろん太鼓もたたけます。
佐渡の方も、島外の方も是非いらしてみてくださいね。
見学は無料。
電話:0259-86-2320 Fax:0259-86-2385
ウェブサイト:http://www.sadotaiken.jp/

オープン企画事業は、6月24日に「花結公演」が決まっています。

体験館に関しては、これからどんどん鼓童の機関誌etc.にも情報が載ることと思います。どうぞお楽しみに。

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

齊藤栄一 2007年3月28日

20070328eiichi

ただいまぁ〜。
皆様、お久し振りでございます。如何お過ごしですか。

北米ツアーから帰って参りました。
日本は暖冬だったそうですが、アタシ達の行ってた北米大陸も異常気象。
行く先々で大洪水・竜巻き被害・3月中旬の大寒波。
でも全てギリギリでかわして(ホント2〜3日の差で)無事に舞台を務めて来ましたわん。

さて、これはカナダの飛行場でトイレを探してて見つけたもの。
右側は万国共通の女子&男子トイレのマーク。

じゃ、左側の正座マークはな〜んだ?

Posted by kodoblog | | Comments (7) | TrackBack (0)

Mar 27, 2007

見留知弘 2007年3月27日

20070327tomohiro

成田空港にて。
山野さん、お出迎え有難うございました。

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

Mar 25, 2007

見留知弘 2007年3月25日

20070325tomohiro

みなさま、ツアーお疲れ様でした。

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 24, 2007

石原雅美 2007年3月24日

20070324masamiishihara

岩崎伝佐渡鬼剣舞 始動!

鬼剣舞は鼓童の演目でもおなじみですが、岩手県北上市の岩崎鬼剣舞より印可の証(いんかのしょう)をいただいている藤本吉利が庭元(にわもと:代表)として、佐渡の地に根付いた活動にしようと『岩崎伝佐渡鬼剣舞』を立ち上げ、その第一回の稽古がありました。
これは鼓童内のものではなく、地域の保存会なので鼓童のメンバーばかりでなく、佐渡に住む方も参加しています。

今のところ鼓童のメンバーが中心となって、初心者組に稽古をつけています。
初日からいきなり、太鼓の手(リズム)と『ひき念仏』を踊り始めました。はじまったばかりなので活動資金もなく、道具もぼろぼろの扇だったり刀の代わりに竹を切って使っています。

舞台ではかろやか(?)に踊っていますが、初心者には太ももがかなり痛いです。私などはいらんところに力が入っているためか、なぜか左の首筋が痛くなりサロンパス貼ってます。

佐渡鬼剣舞の最初の目標は小木祭りに参加すること!町の門付けをしたいと思っています。
さぁて、それまでに初心者軍団は踊れるようになるのか…、乞うご期待!

Posted by kodoblog | | Comments (4) | TrackBack (0)

Mar 23, 2007

世間のヒロイモノ 【117】

〜悪夢〜(佐渡市)

20070323motofumi

いや、何だかとてもでかい。「面食らう」とはこのことか。

遠くからでも目立つようにということなのだろうけれど、この面(おもて)に見合う大きさの能管の、その演奏に必要な息の量を考えると背中に脂汗が滲みます。
鼓にしても構えるのにクレーンが必要となり、道成寺の釣り鐘などは、世界最大と言われる愛媛総合科学博物館のプラネタリウムを借用せねばなりません。もしこれでチケットが売れなかったら、主催者は取り立て屋と一生鬼ごっこ。
「能は内面的・象徴的演技を特徴とする云々」などと、尤もなことをパンフレットに書いてしまった解説者もさあ大変。

タイトルとは裏腹に、段々楽しくなってきたなあ。


山口幹文
2007年3月23日
©2007 Motofumi Yamaguchi

Posted by kodoblog | | Comments (11) | TrackBack (0)

Mar 22, 2007

山口康子 2007年3月22日

20070322yasuko

「狂言と鼓童のコラボレーション企画」の一環で、今夜は「相川の春駒(はりごま)」を習っています。
稽古場所は、師匠のお勤め先の会議室。
ちょうど行われていた「版画甲子園」に出場している札幌の高校生さんが見学に来られました。

今日で一応の一区切り、ということで、勝は「お馬さん」をお借りしてつけさせていただいたりしました。
まだまだ、春駒のごく一部を習ったにすぎませんが、舞方は歌いつつ手にした鳴り輪を一定のテンポでならしながら踊り、そして地方は叩きながら歌うというかなり複雑な芸能です。
短い期間で、まあよく覚えたもんだとほめていただきました。

私は、プレーヤーの出稽古について行ったことがこれまでほとんどありませんでしたが、この冬から春にかけて、鬼太鼓や春駒、そして踊り(山田はんや節や小木おけさなど)といった様々な稽古の場に立ち合うことができたことは、大変貴重な経験になりました。

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

Mar 21, 2007

山口康子 2007年3月21日

20070321yasuko

研修生と一緒に、金井能楽堂で行われた「佐渡囃子会」に参加しました。
能楽笛方の藤田朝太郎氏を迎えて毎年開催されており、今年で31回目になるそうです。

研修生は、謡を教えていただいている松永政雄先生と一緒に地謡方として、また私は小鼓方としての参加です。
能の謡は一年の秋から始め、この3月の囃子会への参加を目標に稽古を続けてきました。
今年の演目は「鶴亀」。
「舞囃子(まいばやし)」という形式で、シテ方(舞)、大鼓方、太鼓方の皆さんにご協力いただいて、約18分間の舞台を作ります。

謡は初心者の研修生に合わせて選ばれたものですが、その結果、囃子としては「楽(がく)」というずいぶん難しいものに挑戦することになりました。
冷や汗ものでしたが、終わってみれば心地よい解放感にひたることができました。

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

見留知弘 2007年3月21日

3月21日 「本日の搬入」 (0'44" 3.3MB)

カナダ、トロントの劇場の搬入経路。
ロビーの入り口から客席の中央通路を使って、大太鼓以外の搬入が行われます。

大太鼓だけ通常の搬入経路では入らないため、上手舞台奥の蓋がしてある床からの搬入です。

 リフトが無いため、
 すべて人力で、
 段を上って、

大太鼓が搬入されました。

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

石塚充 2007年3月21日

鼓童人 旅の語録集 〜その2〜

 充  「裕さん、飯食いに行きます?」
 裕一郎「おお、行こーか。」
 充  「近くにバンコク料理屋があるらしいですよ!」
 裕一郎「ええ〜俺バンコクよりタイがいいな〜」
 充  「?!」

カナダ・オタワにて

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 20, 2007

石塚充 2007年3月20日

鼓童人 旅の語録集 〜その1〜

よ〜く煮込まれた“二日目のカレー”っておいしいですよねえ。
みんなで行ったインド料理屋にて、カレーを食べていた時のこと。
    
 一成「うまい!!」
 充 「むちゃくちゃうまいですね〜!」
 武志「“二日目のカレー”よりうまいよな。」
 好江「…昨日ってカレーでしたっけ?」
 充 「?!」

アメリカ・バークレーにて

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 16, 2007

山口康子 2007年3月16日

20070316yasuko

この冬は、さざ波会の方にほぼ週一回のペースで夜間に踊りを習っております。
在島組の女性プレーヤーが中心ですが、男性の準メンバーやスタッフなども時折参加させていただいています。
今宵は、綾子、正美、博子(準メンバー)と、キヨ子、康子が参加。

「相川音頭」「佐渡おけさ」そしてなんといっても地元の「小木おけさ」。
毎夏の小木祭りの時など、なんとなく見よう見まねで踊っていた小木おけさですが、この度初めて詳しく習うことができました。

手の動きや足の動きのなんともいえない柔らかさ!
「手の平が顔をなでるように動かすんだよー」と教えていただきましたが、むむむ難しい…。
こんなにもフクザツでデリケートなものとは、知りませんでした。

アース・セレブレーションの時にはワークショップもあります。皆さんもぜひ一度「小木おけさ」を体験してみていただきたいものです。

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 15, 2007

見留知弘 2007年3月15日

20070315tomohiro

ニューヨークにやって来ました!

今回は劇場ではなく、ライブハウスでの公演です。
Joe's Pubにて、2日間で4回公演。

初日の1回目は、鼓童のみ21時30分から1時間。
2回目は2005年のアース・セレブレーションでご一緒した、柿沼康二さんを迎えて23時30分から1時間半のコラボレーションでした。

2日目は、1回目は鼓童のみで21時30分から1時間。
2回目は昨年のアース・セレブレーションでご一緒したタマンゴさんたちと23時30分から1時間半のコラボレーションをします。

今からJoe's Pubに行って来まーす!!

(写真はリハーサル中のものです)

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 14, 2007

新井武志 2007年3月14日

20070314takeshi

前回のアメリカツアーでもお世話になりましたバス会社です。

今回は二週間あまり我々を運んでくれました。ドライバーはフレッドさん。
でもこのバス、会社はフロリダなのにナンバープレートはイリノイ州なんだよなぁ。鹿児島のバス会社なんだけど青森ナンバーみたいな感じ?
ちなみにこのフレッド、この道45年のベテラン。ブレーキングはわたくしをほろ酔いかげんにしてくれました。菜月はへべれけになったけど。

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 12, 2007

山口康子 2007年3月12日

20070312yasuko

浜河内(はまかわち)の祭りの稽古に参加させていただいています。
これまた「狂言と鼓童のコラボレーション」企画の一環です。

こちらの地区では、4月3日の祭りに向けて、3月10日から稽古が始まりました。
稽古初めにも伺いましたが、写真は二回目に行った12日の時のもの。

前浜の鬼太鼓は、鬼二匹とローソが舞うことが大きな特徴です。ローソは舞うだけでなく、お花(ご祝儀)が上がったことを伝えたり、司会進行のような役割も果たす重要なパートです。私たちも鬼、ローソ、太鼓、笛の各パートに分かれて教えていただいています。

この冬から春にかけて習ったものは、春駒、やわらぎ、おけさにハンヤ。そしてこの鬼太鼓。
連日(連夜)、在島のメンバーは島内各地に出かけていって、佐渡の芸能と出会っております。

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 11, 2007

松浦充長 2007年3月11日

3月11日 「本日のお客様」 (1'27" 2.2MB)

「本日のお客様」 今日はトラックドライバーのドニーさんがバーで知り合ったというミュージシャンが楽屋に来てくれました。
CADILLAC John NODENさんと、BILL ABELさん。

BILL ABELさんのギターは、ミシシッピ川で拾った流木とシガーBOXで作った手作りです。
鼓童公演に御招待させていただきました。

唄ってくださいましたので、皆さんにもお裾分けです。
みんな聞きいってしまいました(T-T)

Posted by kodoblog | | Comments (2) | TrackBack (0)

Mar 10, 2007

阿部一成 2007年3月10日

20070310kazunari

夢にまで見た、本場アメリカでのストリートバスケ!

ヴァージニア州にて。

Posted by kodoblog | | Comments (2) | TrackBack (0)

Mar 09, 2007

松浦充長 2007年3月9日

20070309mitsunaga

「移動中の楽しみ」

移動中の楽しみの一つに、甘い物があります。
今日のデザートは「チーズケーキファクトリー」のケーキ。
最近のアメリカのデザートは以前に比べて甘さが控えられたような…、気もしますが、日本人とってはまだまだ甘いです( ̄▽ ̄;)

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 06, 2007

中村夕海 2007年3月6日
Yumi Nakamura Mar 6 2007

20070306yumi

鼓童村の事務所をリフォーム中です。
工事前に、物ひとつ残さないようにみんなで大掃除をしました。

座敷と物置きのようだった小座敷がこんなに綺麗になりました。

今日から工事も始まりましたが、ホコリや壁を打ち破る音、機械がウィーンウィーン鳴り響く中での仕事は大変です(;;)

左上は工事中…小座敷と座敷が繋がっています。
右下の写真は、素敵なお掃除姿の美奈子さん。

-----

The office of Kodo Village is being reformed now. Before the construction started, we had cleaned not to leave anything there.

"Zashiki"(a Japanese style room) and "Ko-zashiki"(a small Japanese style room), which was like a barn, became so beautiful.

The construction started today, and the sound of breaking the walls & machine and a lot of dusts make us work seriously hard. (; ;)

Up left : mid. of construction.
Lower right : lovely cleaning-style, Minako


translated by Sayo

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

Mar 02, 2007

山口康子 2007年3月2日
Yasuko Yamaguchi Mar 2 2007

20070302yasuko

集中稽古最終日。

短い間でしたが、小笠原先生や笑撃武芸団の皆さんとは、毎晩の「反省会」ですっかり打ち解けた様子。

鼓童のメンバーにとっては、これほどまでに「太鼓をたたかない」稽古というのは、初めての経験だったかもしれません。
踊って歌って、語って、そしてちょっと叩く、という感じ。

舞台でセリフを言うなどという経験はありませんから、とにかくしっかりした声を出せるようにすることが課題です。

ここまで読んで下さったアナタ…、どんな舞台になるのか、ものすごく見たくなっていませんか?

-----

Final day of the concentrated practice period.

It was a short time, but Kodo members look like to have got completely relaxed to be with Mr. Ogasawara and members of "Sho-geki-bugei-dan"(Laughing Theater Arts Group), while their every nights' meeting (should be said "party"!?).

It might be a first experience for Kodo members, who have joined this practice, hardly to play taiko, but dancing, singing, story telling and a little bit beating taiko.

For us, it is an important task to make a steady voice since we have no experience to read a line on a stage.

Those of you who read till now..., do you feel to want to see how this stage is going to be?


translated by Sayo

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

おかげさまで鼓童公演3,000回達成
Thank you! Kodo has achieved 3,000 performances!

20070302junko

ただいま、ツアーメンバーはアメリカ南部を快調に旅していますが、この度、現地時間の3月1日ミシシッピ州クリーブランド公演で通算、鼓童公演3,000回を達成しました。

デビュー以来、日本各地、世界各地で劇場へ足を運んでくださったファンの皆様、鼓童を呼んでくださった主催者ならびに様々な分野でご支援くださった皆様、これまで鼓童を応援してくださり本当にありがとうございます。
また、鼓童の舞台は、これまでたくさんの演奏者の身体を通して受け継がれてきました。同じ舞台を共にしたかつてのメンバーの皆様にも感謝します。

そして、今も旅を続けているみんなへ。鼓童にとって大きな節目を越えました。おめでとう!これからも、新しい出会いや懐かしい方たちとの再会を楽しみに、世界の隅々まで太鼓を響かせ続けていきましょう!

洲崎純子

(鼓童村の中庭にて。佐渡で留守を預かるメンバーたち)

-----

Now, tour members are smoothly traveling around southern part of the States, and on March 1 in local time, Kodo has achieved 3,000 performances in Cleveland, Mississippi.

We appreciated our audiences coming to the theater all over Japan and world, sponsors inviting us and all of you assisting us in a variety of field, since our debut. We also thank to former members, who succeede our performances up to now through your bodies.

And, to everyone traveling now! Kodo stands on a big turning point. Congratulations! Please enjoy meeting a lot of new people and long-time companions, and let's keep the sound of taiko all over the world.

Junko Susaki

(In the courtyard of Kodo village. Members taking care of the village while tour members out.)


translated by Sayo

Posted by kodoblog | | Comments (15) | TrackBack (0)