« January 2007 | Main | March 2007 »

Feb 28, 2007

山口康子 2007年2月28日
Yasuko Yamaguchi Feb 28 2007

20070228yasuko

笑撃武芸団」の皆さんが稽古に合流しました。

小笠原先生のお弟子さん(=狂言方)として、このコラボレーションの舞台にご出演くださいます。
歓迎の気持ちをこめて屋台囃子をお聴かせしたところ、その御礼に立ち回りを演じてくださいました。

うむむ、おぬしなかなかやるな…。

-----

Members of "Sho-geki-bugei-dan"(Laughing Theater Arts Group) joined the practice.

They will perform with us at the collaboration stage as Mr. Ogasawara's apprentice (= "Kyogen-kata," trick performer). Showing our welcome to them, we played "Yatai-bayashi," and in return for that, they performed a fighting scene.

Umm, you guys do a pretty good job....

translated by Sayo

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

阿部一成 2007年2月28日
Kazunari Abe Feb 28 2007

20070228kazunari

アーカンソー州フェイエットビルより、ミシシッピ州クリーブランドへ。

6時間半のバス移動の車窓から。
なにやら不穏な、太陽。

-----

From Fayetteville, Arkansas to Cleveland, Mississippi.

During six and half hour bus riding, I saw the sun,
threatening sun from the bus window.

translated by Sayo

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

世間のヒロイモノ 【116】

〜開口一番〜(愛媛県内子)

20070228motofumi

「破けちゃいましたあ〜」と、このブログでもお馴染みのS.I.さん(通称 泉田誠一さん←新婚ホニャホニャ)から昨年送られて来た画像です。
破けたお陰で、見事ニコニコマークみたいな顔付き(黄色でなくて残念)となりましたが、もちろん太鼓としてはお役目ご免。
そこで一言。

其の一「ぷは〜。やっと息できた」
其の二「何てことしてくれる。開いた口が塞がらぬ」
其の三「Have a nice day !」

吹き出しを付けましたので、その他ご自由にどうぞ。


山口幹文
2007年2月28日
©2007 Motofumi Yamaguchi

Posted by kodoblog | | Comments (20) | TrackBack (0)

Feb 27, 2007

山口康子 2007年2月27日
Yasuko Yamaguchi Feb 27 2007

20070227yasuko

今年の秋に公演を予定している「狂言と鼓童のコラボレーション企画」の第一回集中稽古が始まりました。

演出家は、和泉流狂言師の小笠原匡さん。研修所の講師もしていただいているので、私達は小笠原先生とお呼びしています。
稽古初日は朝から夕方までオーディション。
個々のキャラクターを知るために、一人ひとりに1時間近くかけて、先生と向かい合って話したり、踊ったり、唄を歌ったりしました。

今回の公演は、佐渡の方言や芸能をたくさんとりいれた音楽劇のようなものにしたいと考えています。
これまでに鼓童が習い覚えているものだけでなく、もっと様々な芸能とこの機会に出会いたいということで、この日は「草の会」の飯山さんと中川さんにおいでいただき、相川の「春駒」や「やわらぎ」、「厄払い唄」などの芸能を見せていただきました。
お二人は翌日も来てくださって、二晩にわたって稽古をつけていただきました。

-----

The first practice of "Kyogen and Kodo Collaboration Project, " scheduled in the fall of this year started.

The artistic director is Tadashi Ogasawara, Izumi style Kyogen(*) master. Hej is also an instructor of apprentice center, so we call him "Ogasawara-sensei."(Ogasawara teacher.) Audition was held from morning to the evening on the first day. To know an individual character of each player, we talked, danced and sung a song one by one, taking almost one hour per each.

We are planing to this performance, more likely musical, taking a lot of Sado dialects and performances. Not only what we learned, but also want to find more Sado performances, we invited Mr. Iiyama and Mr. Nakagawa in "Kusa-no-Kai," and they showed some Aikawa performance styles; "Harigoma," "Yawaragi" and "Yakuharai-uta" They came to the next day, too, and taught us for two evenings.

*Kyogen is one form of traditional Japanese theater. It developed alongside Noh. It was performed along with noh as an intermission of sorts between Noh acts, and retains close links to noh in the modern day. Its content is not at all similar to the formal, symbolic, and solemn Noh theater; Kyogen is a comical form, and its primary goal is to make its audience laugh.


translated by Sayo

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

阿部一成 2007年2月27日
Kazunari Abe Feb 27 2007

20070227kazunari

フェイエットビルでの公演。
前日、ホテルからは夕焼け色に染まった町並みがビューティフルでした。

公演の日、武志・一成で締め太鼓をチューニングしていた時のこと。

 あっ!

締太鼓のロープが切れちゃいました。

 しょうがねー、交換するか

新しいロープに取り替えます。
しばらくして

 えっ?!

また締太鼓のロープが切れちゃいました。

 チューニングに2時間もかかる楽器って…

悪態をつきながらも再びロープを交換し今度は切れることもなく、無事に締太鼓は締め上げられました。
終演後、

 2回ロープ交換したんだから2杯飲んで帰ろーな

写真は合流した、トラックドライバー・ドニーと。
美しく斜めに並んだビールグラスが はたして何杯目のものなのかは、
…内緒です。

-----

Performance in Fayetteville

One day before that, from the hotel window, I saw the town dyed to the evening glow color. It was so beautiful.

On a performance day, when Takeshi and I were tuning a Shime-daiko,

"Oh!"

"The rope of shime-daiko was cut."

"Gee, let's change."

"I will change to a new rope."

After a while,

"What?!"

"The rope of shime-daiko was cut again."

It took two hours for the tuning.....what a troublesome musical instrument...

Using abusive language, we changed the rope again, and this time it was not cut anymore. God for sake, shime-daiko was tuned safely.

After the concert,

"Let's drink two glasses of beer because the ropes were exchanged twice."

This photo was taken with track driver Donnie, who joined us to drink. How many glasses of beer that queues up beautifully and diagonally we had drunk.... it is secret.


translated by Sayo

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 26, 2007

阿部一成 2007年2月26日
Kazunari Abe Feb 26 2007

20070226kazunari1

バス移動。
テキサス州ダラスより、アーカンソー州フェイエットビルへ。
途中、パーキングエリアで休憩。

長いトラックたちが列をつくるその上に、かすかに月。
広場では座りっぱなしで固まった腰を動かすべく、蹴鞠大会。

月と鞠と、どっちも見つけにくい…かも。

-----

From Dallas, Texas to Fayettevill, Arkansas by bus. We took a rest in the
parking area on the way.

On the line of long tracks, there was a moon in faintness.
To excercise our waist that hardened because of long-hours sitting, we started a ball game on the grass.

We could not easily distinguish both moon and ball...

20070226kazunari2


translated by Sayo

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 25, 2007

松浦充長 2007年2月25日
Mitsunaga Matsuura Feb 25 2007

20070225mitsunaga


〜ダラスの夜〜

ダラスの三連続公演も無事終わり、終演後にはダラスの木遣り太鼓さんやダラス日本人会の方々と、「Mr.Sushi」湊さんのお店にて食事会となりました。
お寿司や日本食を食べたメンバーは大満足! 最後に木遣りを唄い、ダラスの最後の夜を締めくくりました。

さてその後、木遣り太鼓のメンバーの方のお家へ訪問。
旦那様がカントリーミュージックのスチールギター奏者ということでメンバーは興味津々。
アメリカではカントリーミュージックにはスチールギターというぐらい、この楽器はかかせないらしいのです。
ハワイアンのイメージしかなかったので、初めて見る楽器や音に感動 (T-T) しました。

-----

- Night in Dallas -

3 days performances of Dallas ended, and after the show, we had dinner at restaurant "Mr. Sushi" with members of Kiyari-daiko and the Japanese assosication of Dallas. We are all satisfied with Japanese cuisine! We ended up the night of Dallas, singing "Kiyari."

We visited to the house of one members of Kiyari-daiko afterwards. Her husband is a steel guitar player of country music, so we were interested in him very much. I heard that steel guitar is important to the country music in the States. Beacause I had only Hawaiian image for this instrument, I was very impressed by its overview and sound for the first time.


translated by Sayo

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

阿部一成 2007年2月25日
Kazunari Abe Feb 25 2007

20070225kazunari1

舞台奥にぽっかり穴が。
そこは搬入口。
そして2階。

ダラス3日連続公演を終え、搬出中。
マチネ公演の搬出は、明るいんです。

西日を浴びながら。

-----

There was a hole to the stage back.
It was a back-stage entrace.
And, it was on the second floor.

3-days concerts in Dallas were finished, and we were carrying out all the drums and props.
After the matinee performance, it was still bright.

While we were bathing in the setting sun.


translated by Sayo

20070225kazunari2

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 24, 2007

藤本容子 2007年2月24日
Yoko Fujimoto Feb 24 2007

20070224yoko1

八丈太鼓の第一人者・菊池隆さんは「佐渡の国鬼太鼓座」の最終時期のメンバーで、その息子の卓君は19期の鼓童の研修生でした。

2月24日の、隆さんの太鼓歴40周年記念公演への出演と合わせて、その翌日、鬼太鼓座ゆかりの4名が、記念すべき「第30回八丈島駅伝」に参加(話の始まりは駅伝のほうでした)。
チーム名もその意気込みをいかんなく表す「50代 やったろーず」
公演も盛り上がりましたが、この駅伝も50代パワー炸裂の一幕でした。

参加者は、鼓童から吉利とキヨ子、そして長崎鬼太鼓座出身の今福優さん。呼びかけ人の菊池さんと、急遽かりだされた卓くんの5名です。

参加30チーム中20位を目標に走ったものが、終わってみれば15位!
「ゆっくり楽しんで走ればいい」なんて言っていても、走り出したらやっぱり一所懸命になってしまうわけで、故障も事故も無く予想を上回る結果に、万々歳でした。

写真は、菊池さんから吉利へのたすき渡しの瞬間。
菊池さんの姿は入らず、赤いたすきのはしっこがかろうじて映っているという微妙なシャッターチャンスをお楽しみください。(菊池さん、ごめんなさい)

その日の夜は夜で、夕方に八丈入りした林英哲さん一行と、また大いに盛り上がったのでした。

20070224yoko2

こちらの写真は左から、吉利、菊池隆さん、キヨ子、今福優さん、菊池卓さん。
ちなみに、Tシャツは阿部美千代さんと土岐小百合さんの協力によるものです。
感謝!

-----

The famous Hachijo-taiko player, Takashi Kikuchi, was a last member of "Sado-no-Ondeko-za" (a former team of Kodo), and his son, Suguru, was the 19th Kodo apprentice.

On Februrary 24, we have performed in Takashi's 40th Anniverary Concert, and next day, 4 members who were in Ondeko-za participated in "The 30th Hachijo Island Long Distance Relay Race." (But it started with the long distance relay race, not the concert.)

The team name for the race was "50-dai Yattaro-zu"(50th generations go! go!), expressing the energy of us. The live concert was good, of course, and the race was full-filled of 50th energy!

Members included Takashi Kikuchi, suggested to participate, and Suguru, in haste hunted out.

We aimed at 20th place out of 30 teams, but ended up 15th! Saying "let's enjoy and only have fun," but we couldn't just do that! Without any breakdown and accident, we cheered to the result more than what we expected.

The photo is taken when Mr. Kikuchi was handed "Tasuki"(a cloth, instead of a batton) to Yoshikazu. Please enjoy a slight chance at a perfect shot of red tasuki, without the appearance of Mr. Kikuchi. (Sorry, Mr. Kikuchi!)

At that night, we had a great time with Eitetsu Hayashi and his trainee, who came to Hachijo in that evening.


translated by Sayo

Posted by kodoblog | | Comments (2) | TrackBack (0)

松浦充長 2007年2月24日
Mitsunaga Matsuura Feb 24 2007

20070224mitsunaga

海外のホテル。

ベットはめちゃデカイ!
自分は小さいのでいつも端っこに寝る。
ヘ( ̄  ̄;ヘ)))。。。

外国の人が、日本のホテルベットが小さいと言う理由がわかる
( ̄▽ ̄)b

しかし、なんで枕が5個も必要なんだろう…
("_ _)σ‖

-----

Hotel in the State.

Bed is so huge!
I am small, so I sleep at the edge.

Now I understand people from abroad say "Japanese bed in a hotel is small!"

But I cannot understand why 5 pillows are necessary...


translated by Sayo

Posted by kodoblog | | Comments (4) | TrackBack (0)

Feb 23, 2007

KEVS148.1 鼓童実験放送局 試験放送

2月23日 鼓童実験放送局 映像試験放送 (2'22" 4.4MB)

まるで昔の衛星中継のような映像ですが、ツアー先からビデオレターでございます。開店休業中の鼓童実験放送局から、映像試験放送としてお送りいたします。

Posted by kodoblog | | Comments (9) | TrackBack (0)

齊藤栄一 2007年2月23日
Eiichi Saito Feb 23 2007

20070223eiichi

写真は テキサス州ダラスのRadissonホテル 530号特別室で行われた「阿部一成・生誕33年記念祝賀会」の1シーンです。

会場は風船や花などで彩り豊かに飾られ、テーブルには何処でどうしたものか手作り!?のカレーや餃子やサラダが所狭しと並べられ、パーティーを盛り上げていました。

因みにバスタブには大量の氷が運び込まれ、これまた大量のビール・シャンパン・ソフトドリンクetc...
とても楽しい生誕記念パーティーでした。

改めまして、一成君、33歳おめでとう!
良い一年であります様に。

-----

This picture was taken at Room 530, a special room, Radisson Hotel, in Dallas. Kazunari's birthday party was held there.

The hall was decorated richly with the balloons and the flowers, etc. and handmade curry & rice, pot stickers and saladas were served.

In a bathtub, a bunch of ices were brought and a lot of beer, champagne, soft drinks, etc... , it was a very happy birthday party!

Kazunari, congratulations on your 33 years old anniversary!
Wish you have a great year!

translated by Sayo

Posted by kodoblog | | Comments (11) | TrackBack (0)

Feb 21, 2007

見留知弘 2007年2月21日
Tomohiro Mitome Feb 21 2007

20070221tomohiro

〜ダラスへの移動日〜

今日のバス移動は4時間という事で、途中に休憩がありました。

その休憩中の一コマ。
栄一さんと英明(ツアーマネージャー)さんの会話は…

「この集団は、知らない人から見たらどんな感じに見えるんだろうか?」

早速シャッターをきってみました。
さて、皆さんにはどのように見えますでしょうか??

-----

- Austin to Dallas -

Today, we had 4 hours bus-ride, and had the rest on the way.

This is the one scene during the break time, and a little conversations between Eiichi and Hideaki, our tour manager...

"Who do people, don't know us, think we are?"

Then, I took a photo immediately. Well, how do you think?

translated by Sayo

Posted by kodoblog | | Comments (5) | TrackBack (0)

Feb 20, 2007

石塚充 2007年2月20日
Mitsuru Ishizuka Feb 20 2007

20070220mitsuru

海外ではちょこちょこ見かけるんですが、楽屋エリアの廊下の壁一面に所狭しといろ〜んなアーティストのサインが書きなぐられています。

ここテキサスはオースティンの劇場で、私たちも書かせていただきました。
「KODO」のロゴを私が担当。実はこういうの大好きなんです!! ちっちゃい頃は漫画家になりたかったくらい。
楽しくてお昼ごはん食べ損ねるところでした…。

そこにみんながサインして、完成!!!です。

こういうの、もっとやりたいな〜。

-----

We often see the artists' signature on the wall of the backstage passage. Here, in Paramount Theatre, we got a chance to do so.

I took charge of the logo of "KODO." In fact, I love this kind of thing as I wanted to be a cartoonist when I was small. It was so fun that I almost missed having lunch...

Everyone signed on it, and finally, it was finished!

I want to do it more!

translated by Sayo

Posted by kodoblog | | Comments (3) | TrackBack (0)

松浦充長 2007年2月20日
Mitsunaga Matsuura Feb 20 2007

20070220mitsunaga

〜みつるのひと時〜

劇場の方から「壁にサインを!」と頼まれ鼓童のロゴを書くみつるくん。
途中のちゃちゃも気にせず黙々と書く…。

完成品にはみんなのサインが入りました。

-----

- Mitsuru's time -

Mitsuru was writing a logo of Kodo by the request of theater staffs, "Please sign on the wall!" He didn't care any disturbment, just concentrated on his writing....

All Kodo members wrote signs to finish Mitsuru's complete art project!

translated by Sayo

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

阿部一成 2007年2月20日
Kazunari Abe Feb 20 2007

20070220kazunari

締め上げ俯瞰図。
テキサス州オースティンの劇場ロビーにて。

-----

"Shime-age" (Tighten rope of taiko) overview.
In the theater lobby in Austin, Texas.

translated by Sayo

Posted by kodoblog | | Comments (2) | TrackBack (0)

Feb 19, 2007

松浦充長 2007年2月19日
Mitsunaga Matsuura Feb 19 2007

20070219mitsunaga

〜バス移動〜

バス移動ですること。

仮眠
読書
音楽を聴く
ビデオを観る
メールを書く
仕事する…

日本から持ってきた雑誌、隅から隅まで読んでしまった。
でも捨てられない (T-T)
活字に飢えてくる時のためにとっておく。

-----

- Our Bus Tour -

Things we do in bus.

Catnap
Reading
Listening to music
Watching videoes
E-mail
Work.....

I have read all of magazines brought from Japan, inside and out. But, I cannot throw them away. (T-T)
For the moment I starve for the Japanese typing, I keep them with me.

translated by Sayo

Posted by kodoblog | | Comments (6) | TrackBack (0)

Feb 18, 2007

阿部一成 2007年2月18日
Kazunari Abe Feb 18 2007

20070218kazunari

ヒューストン。
に、います。

だからというわけではないですが、高いホテルでした。
値段もでしょうけど、地表からの距離のことです。

その部屋の窓より。

あさひ。 と ゆうひ。 

同じ方向に両方見えるなんて(笑)。

-----

We are in Houston.
Not only because of that, it is high.
I mean the height of building, ...and probably its room charge.

I am taking this picture from the window of that room.
Sunrise and sunset.
It is funny to see them in the same direction!

translated by Sayo

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

Feb 16, 2007

世間のヒロイモノ 【115】

〜想定外〜(ロシア サハ共和国)

20070216motofumi

旅路の果て。極寒の闇に浮かぶ、異国の字で綴られたホテルのネオン。老いた相棒とも言うべきサムソナイトを引きずり、とうに馴染んだクラークスの革音を伴奏に階段を昇る。冷たく光る真鍮のノブをゆっくり回し、分厚い扉を肩で押す。壁から突き出た無愛想なスイッチを捻ると、モノトーンに沈んだ部屋が賑やかに色彩を帯び始めた。と同時に、我に返った。

ひょえー、何だなんだこの部屋は。おいおい、ほとんどラ※ホじゃんかあ、これ。おーいみんなみんな見に来てよ〜、すっごい部屋〜。おーいえーちゃーん。けんたぁー。ときぃー。だれか〜。おーい、お〜い。(この後、深夜のどたばたしばらく続く)

しかし、どんな利用者を想定しての内装なのですかねえ。少なくとも「この私」でないことは確かなようです。


山口幹文
2007年2月16日
©2007 Motofumi Yamaguchi

Posted by kodoblog | | Comments (12) | TrackBack (0)

Feb 15, 2007

見留知弘 2007年2月15日
Tomohiro Mitome Feb 15 2007

20070215tomohiro

テキサス、カレッジステーションでのお休み。

このツアーで照明をしてくださっているマーティンさんのお誘いで、サンアントニオまで、片道3時間かけて、レンタカーで観光に行ってきました。

サンアントニオは、アラモの砦があるところです。
リバーウォークと言う川沿いにたくさんのお店が並び、観光用ボートがあるので、皆で乗ってきました。

-----

Day-off in College Station, Texas.

As Martin, this tour's technical director, invited us, we went sightseeing by rent-a-car, spending 3 hours in one way to San Antonio.

There is the fort of Alamo in San Antonio. We took a tourist boat by the river, and saw a lot of shops stand in a row, called River Walk.


translated by Sayo

Posted by kodoblog | | Comments (2) | TrackBack (0)

Feb 14, 2007

見留知弘 2007年2月14日
Tomohiro Mitome Feb 14 2007

20070214tomohiro

ヒューストンへの移動日。

今日はバレンタインデーです。ツアーメンバーの好江さん、菜月さんから移動のバスの中で、チョコレートを頂きました。

お心遣い有難う!!

-----

A traveling day to Houston.

It is Valentine's Day today. We received the chocolates from Yoshie and Natsuki on the bus.

Thank you for your warm heart!!


translated by Sayo

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

Feb 13, 2007

秋元淳 2007年2月13日
Jun Akimoto Feb 13 2007

20070213akimoto

2005年にオープンしたばかりの新しい劇場です。完売!!

こけら落しでSan Jose Taikoさんも公演したのだそうです。大ホールにあたるIkeda Theaterは、NYの僧太鼓の元メンバーであるSandy Ikedaさんのご両親の寄付で建てられたホールなのだそうです。
Mesaが地元であるSandyさんもこの日、NYから駆けつけてくださって、ご家族と一緒に公演を見てくださいました。
お寿司の差し入れを頂いたり、公演後に車で送っていただいたり、お世話になりました。

それからデンバーからToni Yagamiさんもメンバー1人1人の名前入りの手作りクッキーを持って来てくださいました。
あともう1つ、ツアー班の大黒幕を入れる袋が破けてしまったため、太鼓やバチバッグ等の製作の仕事をされているToniさんに(北米の太鼓界ではすでにそのクオリティは証明済みで、どこに行ってもToniさんのケースを見かけます。オンラインでもオーダーメイドできるんです。)、急遽お願いして大黒ソフトケースを作って持って来ていただきました。これが非常におしゃれで丈夫で使いやすくピッタリ!

有り難く、大切に長く長く使わせていただきたいと思います。Davis, Berkeley, UCLA, そしてここMesaまで同行してくれて、本当にお世話になったクリッシーを囲んで、ホテルの隣のバーで終演後に乾杯をしました。

(写真:見留知弘)

-----

It is a new theater, just opend in 2005. Sold out!!

San Jose Taiko has also performed as a opening of this new theater. Ikeda Hall, a big hall, was built with the contribution of parents of Sandy Ikeda, a former member of Soh Daiko. Sandy, who is originally from Mesa, came from NY, and saw a performance with her family. They were very nice of us, as bringing sushi and taking us to the hotel after the show. Thanks a lot!

Ms. Toni Yagami, from Denver, brought handmade cookies with the name of each member. She also made a soft case for our sudden order, because a bag which we put a big black curtains was torn. Tony makes drums and stick bags as her job. (The quality of her products are really good and popular among the North American Taiko Groups. You can also make custome-made by online.) her soft case is very fasionable, storong, easy to use and just on fit!

We would like to use it for long. After the show, we went to the bar next to the hotel and made a toast to Crissy, who has helped us all the way from Davis, Berkeley, UCLA and Mesa.

(photo by Tomohiro Mitome)


translated by Sayo

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 12, 2007

見留知弘 2007年2月12日
Tomohiro Mitome Feb 12 2007

20070212tomohiro

アリゾナへの移動日。

今日は南部のアリゾナ州へ飛行機で移動してきました。
到着した空港(Phonex)には、プロ野球選手の城島選手(シアトルマリナーズ)がいたそうです。
ここはメジャーリーガーのキャンプ地でもありますね。

昨日までは、大都会のロサンジェルスに居ましたが、一気に砂漠地帯?の乾いた土地にやってきました。
アメリカって本当に大きな国です。

南部といえば、やはりサボテンですね。
比較するものが無くて分かりにくいのですが、人の太さほどある大きさで、高さは10メートルくらいあったかな?

写真の近代的な建物は、あす公演を行う劇場です。

-----

A traveling day to Arizona.

We came to Arizona by airplane today. Mr Jojima, a major league player (Seattle Mariners), was also at Phonex Airpot. This place is a major leaguer's camp ground.

We were in the city, Los Angeles, till yesterday, but now, in the middle of desert, a dry land. The United States is a really big country.

As for the southern part, it is, of course, a cactus. There was nothing to compare, so it is not easy to be understood, but this cactus's size was in the thickness of the person and about ten-meter height.

A modern building of the photograph is a theater that we will perform tomorrow.


translated by Sayo

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

阿部一成 2007年2月12日
Kazunari Abe Feb 12 2007

20070212kazunari

空が
たかくたかく おしあげられて
気が遠くなりそうな。

太陽に目がくらんで 夢から醒めた。

やがて 傾いた太陽に 世界が染まる。

夕闇迫るなか
サボテンと3人の太鼓打ち。

Mesa, Arizona

-----

The sky,
Thus, a high push up,
And be not do not faint and along.

My eyes,
Did not turn over in the sun,
And woke up from of the dream.

The world,
Is dyed to the sun
that inclines before long.

Approaching twilight inside
Cactus and three Taiko drummers.

Mesa, Arizona


translated by Sayo

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 11, 2007

齊藤栄一 2007年2月11日
Eiichi Saito Feb 11 2007

写真が無くてごめん遊ばせ。
だって公演中の出来事なんですもん。
でも、是非皆さんに伝えたくって・・・

時と場所はUCLA大学の校内にあるロイスホールでの3日間連続公演の最終日。
チケットは売り切れ状態。日曜日と云う事もあり、小さな子供連れのお客様が多かった公演でした。

「三宅」が終了してライトが消えて、拍手喝采の中で打ち手が太鼓を持って袖に入って見えなくなったその時。
小さな女の子が「絶妙な間」で『バイバイ』って名残りを惜しむ様に云ったんです。

劇場内は大爆笑になりましたが、笑い声が途切れた後、会場内のお客さんが「思わず笑ってしまったけど、私も貴女と同じ気持ちだったよ」って空気が流れたのね。
その時、そこに居合わせた人の気持ちが本当に一つになった瞬間があったのよ。

んもぉね、舞台やってて最高の瞬間ベスト3って感じ。
彼女のピュアな心と、あの環境を作ってくれたロイスホールとお客さんと、本日の舞台に乾杯!

やっぱライヴは止められまへんな。

-----

Sorry that there is no photograph, because it was an event during our performance. But, I do want to tell you this story...

It happened in Lois Hall, at UCLA campus, on the final day of our three-days continuous performances. The tickets were sold out and it was sunday. We found a lof of small kids in the theater.

The light was down when "Miyake" finished, and we were out from the stage to sleeves in applause. And then, a small girl said "bye-bye," as if she is showing her farewell in exquisite time.

The hall was bursted with laughter, and even after that, I felt the air flowing "we felt same as you, though we laughed at you." There was a moment that the audience had united into one.

I feel this stage was one of my best 3. Cheers for the girl's pure mind, Lois hall & the audience, making such enviroment and today's stage!

That's why I can't stop doing the live performance!


translated by Sayo

Posted by kodoblog | | Comments (2) | TrackBack (0)

見留知弘 2007年2月11日
Tomohiro Mitome Feb 11 2007

20070212tomohiro1

アメリカで爆発的な人気のグループ、KoRnのメンバーが公演を観に来てくれました。

開演前に楽屋を訪ねてくださり、鼓童のメンバーも大歓迎。KoRnのメンバーも大喜びで、それは楽しい出会いになりました。太鼓も見て回って、写真大会にもなりました。

一緒に来られた友達のミュージシャンは、なんと背中に「KODO」のロゴと巴のマークを刺青を入れるほど鼓童のことを気に入ってくださっています。

ドラム経験者の雅幸は、2週間前にKoRnに加わったばかりのベテランドラマー、Terry Bozzioさんを知っていて大興奮でした。

-----

The members of KoRn, an explosively populr group in the U.S, came to our concert.

They visited us in the dressing room before the concert started, and Kodo members were so excited to see them! KoRn members were also overjoyed, and we had a great time to meet each other. They went to see around the different kinds of drums, and it became a photograph rally.

Their friend, who is an also musician, loves us and has putting the tatoo in his back, with a logo of "KODO."

Masayuki, who is used to be a drummer (not taiko!), was excited to meet Terry Bozzio, a old-time drummer who just joined to KoRn 2 weeks ago.


20070212tomohiro2

この方がTerry Bozzioさんです。
雅幸、よかったね!!

-----

This is Mr. Terry Bozzio. Good for you, Masayuki!


translated by Sayo

Posted by kodoblog | | Comments (2) | TrackBack (0)

松浦充長 2007年2月11日
Mitsunaga Matsuura Feb 11 2007

20070211mitsunaga

【左】Escondido星雲からやってきた正義の味方。
【右】「今年36才」と「二児の父親」。

-----

[left]
An ally of justice which came from Escondido nebula.
[right]
"36 years old of this year" and "Two children's daddy".


translated by Sayo

Posted by kodoblog | | Comments (2) | TrackBack (0)

Feb 10, 2007

見留知弘 2007年2月10日
Tomohiro Mitome Feb 10 2007

20070210tomohiro

UCLAにて。

【左】 
なつかしいTシャツです。
今回のアシスタントマネージャーで同行してくれています、サンノゼ太鼓のユミさんが着ていました。
大切に着てくれていらっしゃるのでしょうね。もう20年以上前のものでしょうか。

【右】
青空の下での締め上げ風景。
写真では分かりにくいでしょうが、アメリカに来ると空が広く感じます。日本では見られないような空の青さが、アメリカの西海岸に来たなって実感させてくれます。

冬の佐渡との対照的なこと…。
とてもすがすがしいです!

-----

At UCLA

[left]
It is our dear T-shirt. Yumi, from San Jose Taiko and an assistant manager in this tour, was wearing that. It looks like she has taken care of it well. I guess it was made almost 20 years ago.

[right]
"Shime-age," (tighting a rope of drum) under the blue sky. I feel the sky is wider when coming to the United States. (It is not to be understood easily in the photo graph though.) This blue sky, which I'm hardly able to see in Japan makes me feel that now I am in the west coast in the U.S.

Things are totally opposited to Sado winter. I feel so fresh!


translated by Sayo

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

藤本容子 2007年2月10日
Yoko Fujimoto Feb 10 2007

20070209yoko

鼓童の古し〜〜〜〜い友達ジョン・ウェルズを、佐渡・畑野のお家に訪ねました。
ジョンはカナダ人。でも、もう佐渡に暮らして何年になるかなあー。
鼓童では、現在は月刊「鼓童」の表紙のイラストやthe Kodo Beat編集、また通訳などでお世話になっていますが、本当にタレントフル。
本業はイラストレーターそして木彫り師です。

この冬は、貝塚の鬼組(昨年3月号の月刊「鼓童」で紹介)からの注文で、対の獅子頭製作に初チャレンジ。
見てください。この獅子頭、すごく年季が入っているように見えるでしょう。
「真新しくピカピカしたようなのは品がない」と、塗りには工夫に工夫を重ねたそうです。本物の金箔も時代を感じるように見えますね。
軽くてよい音が出るようにと、頭の部分とあごの部分で違った材を使った、まさにこだわりの作品です。

あんまり素晴らしいので、今日は吉利にも声をかけて一緒に来ました。4月の祭りにデビューするのを、待ち遠しく思っている獅子頭たちでしょう。
青空高く響くその食み音と舞の勇姿を、早く見てみたいですね。

-----

We have visited Kodo's old friend, Johnny Wells, in Hatano, Sado Island. John is actually Canadian, but he has lived on Sado for years. He is such a talented man, who draws a cover page of our monthly newsletter, edits our quarterly newsletter, "Kodo Beat," and sometimes works as a interpreter, but his real job is an illustrator and a wood carving master.

This winter, he has been making the Lion Head, "Shishi-gashira," in his first challenge, by the order from "Kaizuka Oni-gumi," one of the demon dance group on Sado. (They were introduced by our monthly newsletter in last March.) Look at these lion masks! Don't you think they has been used for years? As John thinks that a brand-new mask is vulgar, he has done the device in paint. So, you must feel the age as for genuine gold foil. Also, to make a good and light sound, he used different wooden materials in the part of the head and the jaw. This is an extreamly great work.

I asked Yoshikazu, my husband, to come together to show his great works. These lion heads must look forward to debuting to the festival in April. I can't wait to hear their biting sound reaching to the high, blue sky, and to see their dance in their brave figure.

translated by Sayo

Posted by kodoblog | | Comments (2) | TrackBack (0)

Feb 09, 2007

秋元淳 2007年2月9日
Jun Akimoto Feb 9 2007

20070209akimoto

UCLA Royce Hall、こちらも4年ぶりの会場です。

初日の金曜日は座席数1,800のところ、1,715の入りでほぼ完売となりました。
この日は早朝にテレビの生放送に出演しました。ロサンゼルスKTLA局のサイトより、放送された内容の動画が下記から見られます。よろしかったらどうぞ。

ここをクリック、開いたサイト内の「Gayle Anderson」というボタンをクリックして、動画表示欄の下から「2/9 KODO, Japan's Legendary Drum Ensemble (9AM)」をクリックしてください)

UCLAのディレクターのDavid Sefton氏(元はロンドンのロイヤルフェスティバルホールDirector)と、充君、私がインタビューを受けて、裕一郎、洋介、武志、雅幸、盛悟、健太が「三宅」を演奏しました。ちなみに今日から三日間の公演はほぼ満席です。

-----

At UCLA Royce Hall
We haven't performed here since 2004.

On Friday, a first day of 3-days concerts, tickets were sold 1,715 out of 1,800 ,so almost sold out. We appeared on TV early morning on this day. You can see the program from the following Los Angels KTLA site.

(Please click here. Then, click the button of "Gayle Anderson" in an open site, and click "2/9 KODO, Japan's Legendary Drum Emsemble (9AM)" from the animation display column.)

Mr. David Sefton, a director of UCLA (originally Loyal Festival Hall director in London), Mitsuru, this tour's artistic director, and I received the interview. Yuichiro, Yosuke, Takeshi, Masayuki, Shogo, and Kenta performed "Miyake." By the way, the performance of three days from today are almost sold out.


translated by Sayo

Posted by kodoblog | | Comments (2) | TrackBack (0)

大井キヨ子 2007年2月9日
Kiyoko Ooi Feb 9 2007

20070209kiyoko

佐渡、新穂の朱鷺公園に行く途中にあります。「東光寺」と石に刻んであったようにおもいます。

NBAバスケットボールのようなスタイルのお地蔵さんは初めてでした。大概、白装束によだれかけというのが定番の中にあって、チビTシャツにランニングの重ね着をしていました。それに、毛糸の帽子。

夜な夜な3対3の試合を寺の門前で繰り広げているようでかわいかったです。

-----

I found them on the way to "Toki-Koen" (Ibis Park) in Niibo, Sado Island. I remeber that they were carved "Tokoji"(Toko Temple) on the stone themselves.

This is my first time to see such "O-Jizo-San" (guardian deity of child), wearing like NBA basket ball player uniform. Mostly, they wear bibs on their white costume, but these "O-Jizo-San" are putting on tiny T-shirts and/or no sleeve T-shirts, with knitting caps.

The game of 3:3 may be held in front of the temple's gate every night.
It looked lovely.

translated by Sayo

Posted by kodoblog | | Comments (2) | TrackBack (0)

Feb 08, 2007

世間のヒロイモノ 【114】

〜穴埋め〜(日本)

20070208motofumi

新潟県(  )で見つけたマンホールの蓋。

マンホールは英語で記すとmanhole。つまり「人(用)の穴」という意味。日本語では(  )というそうですが、う〜ん、そんな単語見たことないなあ。
マンホールの蓋が丸いのは(  )防止のためで、表面の模様は(  )防止のため。ふむふむなるほど。(  )で(  )だったら危ないわけだ。
最近では(  )の特色を生かした図案や、(  )を施された蓋もあったりして中々楽しめ、全国に愛好家が多いのも頷けます。


さて、今回の穴だらけコメントにイラつく人は、次の文字を組み合わせて(  )を埋めてみて下さい。
もっとイラつくはずです。

---
ヤ 市 落 人 プ リッ る 角 孔 る イ 彩 三 四 地 下 タ つ 条 域 色 ス つ


山口幹文
2007年2月8日
©2007 Motofumi Yamaguchi

Posted by kodoblog | | Comments (9) | TrackBack (0)

Feb 07, 2007

新井武志 2007年2月7日
Takeshi Arai Feb 7 2007

20070207takeshi

サンディエゴ郊外のエスコンディド。
フリーウェイ沿いのイタリアンレストラン(全国チェーン)の取り皿。
ちょっと脂ぎってます。

ベタですが、「ウェブログお久しぶりでございます」の、挨拶代わりに小ネタをひとつ。

-----

Escondid, suburbs of San Diego.
This is a taking plate at one Italian restaurant (natinal chain).
It looks a little oily.

Instead of my greeting not to show up for a long time on web log, I give you a tiny joke!

translated by Sayo

Posted by kodoblog | | Comments (3) | TrackBack (0)

砂畑好江 2007年2月7日
Yoshie Sunahata Feb 7 2007

20070207yoshie

皆様、ご報告がおそくなって申し訳ございません、そして数々のお祝いのお言葉をいただきまして、ありがとうございます。

改めまして…、一月初旬に旧姓砂畑好江は、阿部研三と入籍いたしました。
お恥ずかしながら…、鼓童新年会での様子を御覧下さい。(ちなみに、隣に映っている子供は鼓童メンバーの子で、私の子供ではありません。)

舞台では、砂畑を芸名として名乗るつもりです。
これからも、どうぞ宜しくお願いいたします。

-----

Everyone, I am sorry that I have not informed about my personal matter to you till now. And, thank you for many words of congratulation.

At the beginning of January, I got married with Kenzo Abe. I am shy to show it to you, but please see our appearance in Kodo New Year's party. (By the way, the child next to me is other member's, not mine!)

I will keep my old name "Yoshie Sunahata" as a stage name.
Thank you!

translated by Sayo

Posted by kodoblog | | Comments (12) | TrackBack (0)

Feb 06, 2007

見留知弘 2007年2月6日その2
Tomohiro Mitome Feb 6 2007 - No.2

20070206tomohiro_b1

〜サンノゼ太鼓へ〜(カリフォルニア州サンノゼ)

鼓童の前身、鬼太鼓座時代からお世話になっているサンノゼ太鼓の稽古場へ見学に行きました。

上の写真は、日本人街の交差点の所にありました。
サンノゼ太鼓さんは1973年に発足して以来34年目になるグループです。結成当時、アメリカには太鼓グループがサンフランシスコ太鼓道場とキンナラ太鼓を加えた計三つしかなかったそうです。

稽古終了後、皆で車座に座って鼓童とサンノゼ太鼓の歴史を伺いました。
最後はやっぱり唄でお礼。名残惜しく、またの再会を約束して。

-----

"Visited San Jose Daiko" (San Jose, CA)

We visited a rehearsal of "San Jose Daiko," which had taken care of us since the time we were Ondeko-za.

The picture above was hung in the intersection in a Japan Town. San Jose Daiko was established in 1973, and they've been around for 34 years. When they made a group, there were only other 3 taiko groups in the U.S; San Francisco Taiko Dojo and Kinnara Daiko beside San Jose Daiko.

After their practice, we heard a history of Kodo and San Jose Daiko, sitting in a circle. At the end, we sung a song, showing our appreciation. We promised to see each other, though we are sad to be apart.

translated by Sayo

20070206tomohiro_b2

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

阿部一成 2007年2月6日
Kazunari Abe Feb 6 2007

20070206kazunari

〜食べ納め〜

バークレー最後の夜。
この街にはおいっしいインドカレーのお店があるんですよ!!!
…興奮気味でごめんなさい。

あ、しかもテーブルにツアーのスケジュール帳とかアイポッドか…
行儀悪くてごめんなさい。

ともかく最後の夜にはこの店に行っとかなきゃっ、というわけで食べ納めしてきました。ほうれん草とチーズのカレーにライス、マンゴーラッシーにチャイ。
幸せでした。

-----

"Last Supper"

Last night in Berkeley.
There is a yummy, yummy Indian Curry Restaurant in this town!!... Sorry that I am so excited!!

Oh, no, my tour schedule, I-Pod etc.. are on the table. I am very sorry not to be a nice gentleman.

Anyway, I got to go to this restaurant, so I did. I ordered spinach and cheese curry on rice, mango lassie, and chai.
It was my greatest night.

translated by Sayo

Posted by kodoblog | | Comments (2) | TrackBack (0)

見留知弘 2007年2月6日
Tomohiro Mitome Feb 6 2007

20070206tomohiro1

〜サンフランシスコ観光〜

知弘、充長、雅幸、盛悟、菜月、健太、勅雄、あけみ(元研修生)の8人で観光に行ってきました。

お休みの二日目、電車に乗ってサンフランシスコへ。
観光でも有名なケーブルカーに乗って、目指すはフィッシャーマンズワーフ。
さっそくケーブルカーに乗ろうと思ったものの、満員で中に入れず、外でハコ乗り?状態で乗れとの指示があり、まさかの意外な展開に大喜び。
すれ違うケーブルカーにぶつかりそうになったり、カーブで振り落とされそうになったりと、ちょっぴり危険を感じながら、無事に終点へ。

-----

"Sightseeing in San Francisco"

Mitsunaga, Masayuki, Shogo, Natsuki, Kenta, Tokio, Akemi (former trainee),
and I went sightseeing together.

On a second day of our holiday, we took a subway to San Francisco. Taking a famous cable car, we were ahead to Fisherman's Wharf. But, it was a jam-packed car, and we could not go inside. Then, we were told to get on a side of the car. We were excited with this unexpected instruction, in fact. We were almost hit against an opposing cable car, almost shaken off at curve and felt a little dangerous, but reached a terminal station without any trouble.


お土産屋さんに寄り道しながら、レストラン探し。
ここはクラムチャウダーが有名なんですよー。食後は、こちらで流行のアイスクリームを食べました。

そしてゴールデンゲートブリッジが見える公園に行き、橋をバックに記念撮影大会。そして脱獄不可能で有名な、アルカトラス島を写真に収めて、帰路へ。

自分は8回目のアメリカですが、初めてサンフランシスコにやってくることが出来、仕事を忘れて楽しませてもらいました。
少しですが、観光のおすそ分けです。お楽しみ下さい。

-----

We looked for any good restaurant while stopping souvenir shops on the way.
You know that clam chowder is famous here!? After lunch, we had ice cream, which is in fashion here now.

Then, we went to a park, where we were able to see the Golden Gate Bridge, and took a picture with it behind. And, we took a picture of famous Alcatraz Island, and went back on our way to hotel.

This is my 8th time North America Tour, but it was my first time sightseeing in San Francisco. I forgot about my job during this time, and just enjoyed going around. I woudl like to share a little bit of that. I hope you enjoy it, too.

translated by Sayo

20070206tomohiro2

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

Feb 05, 2007

阿部一成 2007年2月5日
Kazunari Abe Feb 5 2007

20070205kazunari

「カリフォルニア大学バークレー校」

ツアー前半の5公演が終わり、バークレーで休日です。

学食のカフェテリアでしばしコーヒーを飲んだりしました。
キャンパスは広いし、空は青いし、学生さんたちは活気にあふれているしで、開放的ないい感じ。

アメリカの大学に来るといつも思うことがあります。
…もうちょっと大学生活、謳歌しとくんだったなぁ。

二年間はばっちり謳歌したんですけどね。

-----

"University of California, Berkeley"

We have done 5 performances at the beginning of this tour, and had day-off in Berkeley.

I had a cup of coffee at the cafeteria in UCB. The campus is wide, the sky is blue, and students are energetic and openhearted. Good atomospher.

Whenever I come to college in the U.S, I think that I should have enjoyed my college life more...

I have done it for 2 years, though!

translated by Sayo

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

見留知弘 2007年2月5日
Tomohiro Mitome Feb 5 2007

20070205tomohiro1

バークレーでのお休み日。

今回のツアーのサブマネージャーをして下さっている、ニューヨーク僧太鼓のニシクラヒデアキさんにご紹介いただき、そめい吉野太鼓さん(オークランド)と、オン・アンサンブルさん(ロサンジェルス)によるジョイントコンサートの稽古見学をさせて頂きました。

私たちは、二階のロフト?にて見学。

-----

Day-off in Berkeley

This North U.S. tour submanager, Hideaki Nishikura, intoroduced us "Someiyoshino Daiko (from Oakland)" and "On Emsemble (from Los Angeles)," and we visited a rehersal of their collaboration concert.

We saw a practice from the second floor.


20070205tomoohiro2

その後、記念撮影。
日本語とカタコトの英語で交流をしながら、最後には鬼太鼓を皆さんに見て頂きました。

-----

We took a portrait, then.
We communicated in Japanese and a little bit of English somehow, and showed
"Onidaiko," a demon dance at the end.

translated by Sayo

Posted by kodoblog | | Comments (3) | TrackBack (0)

Feb 02, 2007

鼓童プロモーションビデオ
Kodo Promotion Video

2月2日 鼓童プロモーションビデオ (0'45" 2.9MB)

新しいプロモーションビデオが完成しました。まずはウェブログ上にてサワリの45秒をご披露いたします。ご感想など、コメントいただけると嬉しいです。また、ここで動画を公開するのは初めてでもありますので、皆さんの環境でちゃんと観ることが出来たかについても、教えていただけると助かります。ご協力お願いいたします。

「観られた」方はその旨を、「観られない」方につきましては、お手数ながらコンピュータのOSの種類(Windows XPとかWindows2000とか、MacOS Xとか、判る範囲で結構です)、ブラウザの種類とバージョン(Internet Explorerとか、Firefoxとか、Safariとか…)などをお知らせ下さいませ。

-----

Feb 2 Kodo Promotion Video (0'45" 2.9MB)

A new promotion video was just made. For now, we introduce you 45 seconds of the climax on the web log. We are happy to hear your impression, comments etc. We are also glad to hear if you are able to see this video in your enviroment, because this is our first time to open video on this web log. Thanks for your coopration in advance.

If you can see our video, please let us know then, and if you cannnot, please let us know the kind of your computer OS (Windows XP, Windows 2000, Mac OS X, etc.), a browser and the version (like Internet Explorer, Firefox, Safari, etc.).

translated by Sayo

Posted by kodoblog | | Comments (24) | TrackBack (0)

Feb 01, 2007

阿部一成 2007年2月1日
Kazunari Abe Feb 1 2007

20070201kazunari

「Meeting & Eating」

後方は、マーティンさんを囲んでの照明会議。
前方は、公演に向け腹ごしらえする斉藤菜月。

リハーサルを終え、本番までのつかのまの時間…。
サンラファエルにて。

-----

"Meeting & Eating"

Backward, lighting meeting is held with Martin, our technical director during this tour,
and forward, Natsuki is having lunch, preparing for the show.

A brief moment, after the resersal....
In San Rafael.

translated by Sayo

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

見留知弘 2007年2月1日
Tomohiro Mitome Jan 1 2007

20070201tomohiro1

Marin Veteran Memorial Auditorium
San Rafael

アメリカに多く見られる、劇場の客席を撮影しました。

日本の会館には、客席に縦の通路というものがあるのですが、こちらではあまり見かけません。
聞いた話によれば、非常事態のときに逃げ道での混乱が無いように、このような設定になっているそうです。
ちなみに横に並んだ客席を数えてみたら、66席ありました。
開演にちょっと遅れてきて、真ん中の席だったら、30人の方々に通路を開けて貰うのを考えたら……。

こちらの方は体格が大きいのに、さほど椅子は大きくないし、通路も広くないので、席に行き着くまで大変だろうなと、余計な心配をしてしまいました。

-----

I have taken some pictures of usual seat style in the theater in the U.S.

Usually, in Japanese theater, there are vertical passages, but hardly seen here. I heard that because those vertical passages may make audience confused to find the fire exit in case of emergency. I curiously counted seats sideways, and there were 66 of those. I wonder if you have a ticket at the middle of the row and delay to the show, what would you do?

It may be an extra, but I am worried about the case above. Since both seats and passages are not so large, and people here are much bigger than us, it would take much trouble to reach to your seat...


20070201tomohiro2

劇場の外に、大きな大きな松ぼっくりがありました。アメリカンサイズをお楽しみ下さい。

ちなみに小さい松ぼっくりが、日本サイズと同じくらいです。
どうでしょう?? この大きさ!!

-----

Outside the theater, I found a huge pinecone. Please enjoy an American size!

And, this is a small pinecone as same as a Japanese size. Amazing!

translated by Sayo

Posted by kodoblog | | Comments (3) | TrackBack (0)