« May 2006 | Main | July 2006 »

Jun 28, 2006

KERS148.1 鼓童実験放送局 第64回


6月28日 第64回 (15'24" 7.1MB)

  • パーソナリティー:山口幹文
  • 実験対談 山口幹文×石塚充
    • 一家六人太鼓打ち
    • アマテラス公演を終えて
    • 玉三郎さんという方

実に三ヶ月ぶりの放送となってしまいました。ぼつぼつ復活させていきたいと思います。何卒よろしくお願いします。

実験放送へのお題・リクエスト、その他なんでも
kodoblog@kodo.or.jp
まで。メールお待ちしています!

Posted by kodoblog | | Comments (4) | TrackBack (1)

Jun 12, 2006

世間のヒロイモノ 【100】

〜伝説〜(新潟)

20060612motofumi

「切るに忍びない」という、心優しい家主さんのお宅でしょうか。じっと眺めているうちに「シャッター音に気が付いて振り向く、ガラス戸を開けようとしているトナカイ」に見えてきて仕方がありませんでした。

越後の海岸沿いには、大陸から海を渡って松に姿を変えた「トナカイ伝説」が残されていると聞きました。ひょっとしたら、これがその「見返りの松」なのかも知れません。


山口幹文
2006年6月12日
©2006 Motofumi Yamaguchi


※編集注
せんせい、100回目にしてはずいぶん無理矢理なネタかと。というか、デタラメ?
いや、更新をここまで滞らせたワタシはナニも言えません…。

Posted by kodoblog | | Comments (27) | TrackBack (0)

Jun 10, 2006

見留知弘 2006年6月10日

20060610tomohiro

※編集注:知弘撮影、バミリ(楽器類の位置を舞台上に決めていく作業)中のヒトコマです。ホコリよけに全員がカラスのような口になっています。
盛悟くん、君はなぜカメラ目線?

Posted by kodoblog | | Comments (2) | TrackBack (0)

Jun 04, 2006

洲崎拓郎 2006年6月4日

20060604takuro

ああ、ほとんど世田谷パブリックシアターの様子を伝えることが出来ませんでした…。すいません。

上の写真は、頂いたスイカで顔を作って遊ぶ舞台監督チーム。左の正やんは余裕ですが、右のどばちゃんはしかめっつら。疲れているんだよねえ…。

下の写真は、撤収(俗に言う“バラシ”)作業後に呆然と座るプレイヤーとスタッフ。通常の公演と違い、楽器の他に舞台奥に据えられた「アレ」の分解や、照明や音響、様々な幕やパネルの片付けなどで、結局五時間くらいかかりましたかねえ。

さあ、次は京都でございます、どすえ〜。

Posted by kodoblog | | Comments (2) | TrackBack (1)

Jun 02, 2006

くらす・まなぶ・つくる〜鼓童の音がうまれるところ

アマテラス公演開催中の世田谷パブリックシアター隣接ギャラリーで現在、鼓童結成25周年を記念した展示会「くらす・まなぶ・つくる〜鼓童の音がうまれるところ」を開催中です。様々な展示品・資料から、鼓童の歴史と佐渡での活動の様子に触れることができます。

また、6月3日(土)13:00からは、鼓童結成25周年記念講演として、鼓童の産みの親・育ての親である、鼓童文化財団理事長・島崎信の講演があります。

鼓童がなぜ佐渡に誕生したのか、鬼太鼓座から現在に至る歴史的背景と、鼓童がどんな未来を歩もうとしているのかを知ることのできる貴重な機会です。

ぜひ、ご来場ください。


◆鼓童紹介展示
「くらす・まなぶ・つくる〜鼓童の音がうまれるところ」

期間:5月6日(土)〜6月25日(日)9:00〜20:00
会場:三軒茶屋・キャロットタワー3階 
世田谷文化生活情報センター生活工房ギャラリー(世田谷パブリックシアター入口向かい側)
内容:パネル・資料・映像による活動紹介、太鼓・バチ、衣装、アースファニチャー、大井キヨ子の刺し子展示など


◆鼓童結成25周年記念講演
「くらす・まなぶ・つくる〜鼓童の音がうまれるところ」

日時:6月3日(土)13:00〜14:30
会場:三軒茶屋・キャロットタワー5階 セミナールーム
入場無料(事前申込不要、直接会場へお越しください。)
※最寄り駅/渋谷より東急田園都市線「三軒茶屋」駅下車、徒歩3分(駅よりキャロットタワーまで直結)

講演:鼓童文化財団理事長 島崎信

講演内容:   

(1)佐渡に日本の伝統芸能・工芸を学ぶ学校を作ろう
   '70〜'81年「佐渡の國鬼太鼓座」「鼓童」誕生の背景
(2)「太鼓芸能集団」から「創造生活集団」を目指して
「くらす・まなぶ・つくる」をコンセプトに、鼓童ならではの生活から芸能を生み出す
(3)佐渡に国際的かつ地域に根ざした文化創造の場を
鼓童文化財団活動の事例紹介、今後の展望

島崎信(しまざき・まこと)プロフィール
「佐渡の國鬼太鼓座〜鼓童」の産みの親、育ての親として35年間関わる。武蔵野美術大学名誉教授、インテリアデザイナー。インテリアデザインだけでなく、トーネットの曲木家具や北欧家具をはじめとした「椅子」の研究者。関係団体/日本フィンランドデザイン協会理事長、北欧建築デザイン協会副会長。

Posted by kodoblog | | Comments (2) | TrackBack (1)