« February 2006 | Main | April 2006 »

Mar 31, 2006

Kazuko Arai Mar 31 2006

20060331kazukoA quarter century of Kodo history can be seen in this picture:

the youngest daughter of Oi family (middle) is looking after Arai brothers. It is great for us, mothers!

translated by Chie

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

新井和子 2006年3月31日

20060331kazuko大井家の末娘・明音(あかね)と新井兄弟です。

鼓童キッズが鼓童キッズの面倒をみてくれる。鼓童四半世紀の歴史を感じるひとこまです。
そして・・・母は助かる〜

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

Mar 30, 2006

Europe Tour 2006 Official Report

The European tour which began in late January has come to a close and all the players and staff have safely returned home to Japan. This will be the final weblog report for this tour.

Kodo's long held dream of going to Spain was finally fulfilled this time around, for we were able to wrap up the tour on the Iberian Peninsula with concerts in both Spain and Portugal. This also marks our first time performing in Portugal in cities other than Lisbon, Oporto and Figueira da Voz in the northern region.


March 18th
Porto, Portugal
Coliseu do Oporto

The venue was in a colosseum style theater located in the heart of Porto, Portugal's second largest city next to Lisbon. In 1996, Porto's historic town center was designated as an UNESCO World Heritage site. Walking along the stone paved roads, one feels transported to the Middle Ages. Since this 60 year old coliseum was also made entirely of stone, there were concerns that the reverberation of the drums would be too strong. However, to our relief, once the audience took their seats, their bodies absorbed much of the sound and acoustics mellowed considerably. The audience's enthusiasm for the performance however was not dampened in the least.


March 19th
Figueira da Foz, Portugal
Centro de Artes e Espectaculos Figueira da Foz

In contrast to Lisbon and Porto, Figueira da Foz is a summer resort town. Right In front of the hotel was the ocean and if it hadn't been cold, there is no doubt that every single member of Kodo would have been in the water. The city felt eerily quiet and abandoned, probably due to both the fact that was it the off season and also that it was a Sunday in a predominantly Catholic city. Compared to the concerts in Lisbon and Porto, there seemed to be a lot of families in the audience, giving a nice relaxed feel to the evening's concert. It is interesting how the audiences can vary so greatly depending on the city, even while staying in the same country.


Finally, we enter the final leg of the trip with concerts in three cities in Northern Spain. I found Northern Spain to be very different from what I knew of the country- the Flamenco and bullfighting for which Southern Spain is famous.


March 22
Leon, Spain
Auditorio Ciudad De Leon

Located in the Autonomous Community of Castile and Leon, this town is an important point in the Way of St. James, one of the three major Catholic Pilgrimages, along with those that lead to Jerusalem and Rome. Indeed, the cathedral and temples carried an overwhelming presence over the city center from which they rose. The piety of the local people could be seen in the steady stream of worshippers entering one after the other into these establishments, deep into the night.

Here in Leon, we found ourselves relying greatly on hand and body gestures to communicate because for the most part, English wasn't in common use. Nonetheless, the locals spoke to non-Spanish speakers openly and without trepidation.


March 24
San Sebastian, Spain
Centro Kursaal

San Sebastian is a Basque port town near the French border. Like we had many times during the course of this tour, we once again found ourselves in a port town with the concert hall facing the ocean. The town was so clean it almost felt like we were in France or Switzerland and the atmosphere was completely different from Leon. This town has benefitted from economic growth through heavy industry in the past and through drawing large crowds of vacationers and tourists to the many health resorts and beaches now. The Basque have their own unique culture, language and traditions. The Basque nationalist organization ETA had recently announced an indefinite cease fire so the theater personnel couldn't keep their eyes off the television news this day. They watched with palpable joy and relief. The audience reacted very emotionally to the concert, so much that we in turn were moved by the enthusiasm with which they applauded and shouted. Even after the performance, the Kodo staff were assailed with questions and comments from the audience- it's a good thing people speak English here! I found the people of San Sebastian to be extraordinarily passionate folks.

March 25th
Santander, Spain
Palacio Festivales Cantabria

With this concert, we finally come to the end of this tour. Again we faced the Cantabria Ocean in yet another resort town, this one called Santander. With strong winds and warm temperatures, children were already swimming in the ocean. The concert hall was near the ocean and built of rather unconventional design. The inside was built like a maze that I could never quite figure out! In general, people here were more reserved then in Basque. People were very friendly and helpful but when we asked directions, everybody seemed to give contradictory answers... and like in Leon, English was not really useful here. The concert ended well without incident and after packing up everything to ship home, we had simple toast. Good job, everybody!

Finally, I'd like to give my heartfelt thanks to: Matheus and Joris who shared with us many trials and tribulations, our many agents in each country, all the people who came to see our concerts, the Kodo players and staff, and all the people who followed the tour through the weblog.

20060330akimoto


Jun Akimoto
Kodo
European Tour Manager
March 30, 2006

Posted by kodoblog | | Comments (3) | TrackBack (0)

ヨーロッパツアー・レポート

1月後半よりスタートしたヨーロッパツアーも無事終了し、3月28日にツアーメンバー全員、無事帰国いたしました。ウェブ上のツアー報告もこれで最後となります。

ツアー報告の締めくくりはイベリア半島はポルトガルとスペインでの公演です。スペインは鼓童がずっと行きたかったところ。念願かなって今回初めての訪問となりました。

ポルトガルもリスボン以外の土地を訪れるのは初めてです。今回はリスボン北部に位置するポルトとフィゲイラ・ダ・フォスの二都市で公演を行ないました。


3月18日(土)
ポルト Coliseu do Oporto

ポルトはリスボンに次ぐポルトガル第二の都市です。会場は円形のコロシアム劇場で、古い中世の建物が残る市街地のど真ん中に位置します。この街の歴史地区は1996年にユネスコの世界遺産に指定されていて、石畳が続く路上を歩くと、さながらタイムスリップしたような感覚に落ち入ります。60年の歴史を持つコロシアムは石造りの建物で、ホールの音は反響が強すぎてリハーサルは少し心配でしたが、お客様が客席に入ると太鼓の音も吸収されて丁度よくなり安堵しました。それにしても、ポルトのお客様の盛り上がりは素晴らしかったです。


3月19日(日)
フィゲイラ・ダ・フォス
Centro de Artes e Espectaculos Figueira da Foz

フィゲイラ・ダ・フォスは、リスボンやポルトとは対照的に浜辺に面した夏のリゾート地です。ホテルの前がビーチで、寒くなければメンバー全員間違いなく泳いでいたでしょう。シーズンオフということもあるでしょうが、公演日は日曜日だったので、街はゴーストタウンのように静まり返っていました。とにかく週末は「徹底して休む!」のがカトリックの土地柄なんですね。ここの劇場はリスボンやポルトと比べると家族連れが多く、ゆったりと公演を楽しんでいました。同じ国なのに、地域によってお客様の反応がさまざまでとても面白いですね。


さて、ツアー最後の公演国スペインです。今回は、スペインの北部三都市を訪れました。「フラメンコ・闘牛」といったスペイン南部のイメージとはひと味違った雰囲気を体験しました。


3月22日(水)
レオン
Auditorio Ciudad De Leon

レオンは、カスティーリャ・レオン州にある歴史的な街で、ローマ、エルサレムと並ぶ三大カトリック巡礼地、サンティアゴ・デ・コンポステーラへと続く重要な中継地として栄えた所だそうです。確かに旧市街の中心にそびえ立つ大聖堂や寺院は圧倒的な存在感を放っていました。寺院は夜でも礼拝に訪れる人が絶えず、連綿と受け継がれる信仰の厚みを感じます。そうそう、レオンではまったく英語が通じず、もう身振り・手振り・筆談を交えつつ町の人々とコミュニケーションを取りました。かえって日本語で話した方がうまく通じたり。しかしレオンの人々、スペイン語を話さない我々にもまったく違和感なく接してくれました。


3月24日(金)
サン・セバスチャン
Centro Kursaal

サン・セバスチャンは、フランス国境に近いバスク地方の港町です。今回のツアーの公演地は海沿いの町が多く、ここも浜辺に面した劇場です。街並みはフランスかスイスかと見まがうほどの奇麗さで、あきらかにレオンとは雰囲気が違います。かつては重工業で発展し、現在も夏の保養地として観光客を集めています。バスクは独特の民族・言語・文化圏を持つところ。折しも公演日の午前中に、バスクの分離独立を目指す民族組織「ETA」が無期限停戦の声明を出し、劇場スタッフがTV中継に釘付けになっていました。やっぱり嬉しいんだそうです。お客様の雰囲気はとても情熱的で、見ているこちらが感動するぐらいの拍手と声援でした。終演後も、鼓童のスタッフはお客様の質問攻め(ここは英語が通じる!)。血の熱さを感じました。


3月25日(土)
サンタンデール
Palacio Festivales Cantabria

さあ、ツアー千秋楽を飾るのは、同じくカンタブリア海に面する保養地サンタンデール。風が強いながらも気温は高く、もう子供達が泳いでいました。海辺に建てられた奇抜なデザインの劇場は、内部の構造が「迷路」のようでルートが憶えられない!バスクとはまた雰囲気が変わり、街の人々はおっとりした感じです。人懐っこくて親切ですが、道を聞いても皆が違う方向を教えてくれたり・・・。ここもレオン同様、英語は通じませんでした。無事公演のほうは盛況に終わり、公演後の荷物をまとめて、簡単な乾杯「お疲れさん!!」。

二ヶ月間、苦楽を共にしてくれた現地照明スタッフのマティアス君とヨリスさん、各国でお世話になったエージェントの皆さん、公演を見に来てくださったすべてのお客様、鼓童メンバー&スタッフ、そしてウェブを通じて応援してくださった皆さん、本当にありがとうございました。

20060330akimoto


[3月30日(木)現在 鼓童ヨーロッパツアーマネージャー秋元淳]

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

Mar 28, 2006

Tomohiro Mitome Mar 28 2006

20060328tomohiro

We are back from Europe!

Mr. Yamano (middle) kindly welcomed us at the airport. He also sent us off for our departure on January 27. Thank you very much for your support, Yamano-san!

translated by Chie

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

見留知弘 2006年3月28日

20060328tomohiro

帰国時の写真。
ウェブログ・ヨーロッパツアーシリーズの最終回です。

1月27日に成田空港で、私達を送り出してくれた山野さん(写真中央右よりの帽子をかぶった方)。この日は到着ロビーで私たちを出迎えて下さいました。

山野さん、いつも有難うございます。

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 25, 2006

見留知弘 2006年3月25日

20060325tomohiro1

スペイン・サンタンデール。
このツアー最後の劇場です。

公演が無事終了し、大太鼓を屋台から下ろすのを、照明のマティアスと運転手のヨリスさんに手伝って頂きました。

太鼓をボックスに収めて、船便で日本に送り返します。ボックスをトラックの中に積み込んでいますが、荷物がいっぱいなので、天井まで届いてしまいます。
トラックへの積み込みは、大人数で。楽器担当の裕一郎君が、後ろからじっと見守っています。

全ての作業が終わって、着替えてから、ツアー終了の簡単な乾杯。この時点で、もう午前三時過ぎです。

20060325tomohiro2

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 24, 2006

見留知弘 2006年3月24日

20060324tomohiro1こんな山道を登って…。


20060324tomohiro2

山の頂上まで上がってみると、こんなに高い所でした。真ん中に見えるのが劇場です。
このあと降りて、リハーサル、本番です。

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 23, 2006

見留知弘 2006年3月23日

20060323tomohiro1サンセバスチャンへの移動日。
街に貼られたポスター。このツアーでは、初めて屋台囃子の写真を使われました。
こちらでもサクラ?が咲いています。教会とサクラをバックに研三さんの一枚。

20060323tomohiro2

Posted by kodoblog | | Comments (2) | TrackBack (0)

KERS148.1 鼓童実験放送局 第63回


3月23日 第63回 (16'05" 7.4MB)

  • パーソナリティー:山口幹文
  • 宿根木の木遣り
  • 実験対談 山口幹文×大井良明
    • 鼓童に関わってくださった有名な方々シリーズ
      前身である鬼太鼓座の黎明期編
    • 宮本常一先生(周防大島町による宮本常一データベース
    • 永六輔さん
    • 関西財界との関わり、サントリー・ワコール・サンスター・ナショナル…
    • 宮澤喜一さん

Sysopさん取りまとめによる“鼓童ウェブログ修学旅行”につきましては、こちらをご覧下さい。
実験対談、話が長くなったので、とりあえずの黎明期編です。続きます。

実験放送へのお題・リクエスト、その他なんでも
kodoblog@kodo.or.jp
まで。メールお待ちしています!

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

Mar 22, 2006

谷口大介 2006年3月22日

20060322daisuke

秋のツアーの下見のため、愛媛県内子町へ。駅をおりて少し歩くと、満開の桜に出会えました。

公演会場は内子座といって、玉三郎さんも公演している古い芝居小屋。鼓童の公演は今回で4回目となる、思い出深い土地です。

Posted by kodoblog | | Comments (2) | TrackBack (0)

Europe Tour 2006 Official Report

March 8th and 9th

Rotterdam, the Netherlands
Rotterdamse Shouwburg

It has been twenty years since Kodo last performed in Rotterdam.

The Shouwburg Theater is known to host the most innovative and cutting-edge dance and theater companies. In fact, the day before the Kodo concert, the Netherlands Dance Theater had a performance here that was simply incredible. This company, by the way, has performed the composer Ishii Maki's piece Kaguya Hime in collaboration with Kodo in 1988.

Back to the subject of the Kodo performance, whether through applause, sighs or shouts, the audience gave direct and unaffected response to the performance even in the middle of pieces. Among the audience was the Dutch percussion group Circle Percussion who Kodo has been friends with since the 1980's.

On the 9th, Kodo appeared on the popular Dutch television show "Pauls Punt" with the popular Dutch rock band Bløf. You can read more about this in Tomohiro's March 9th weblog entry. By the way, here in the Netherlands, Bløf's record breaking number one hit single "Aanzoek Zonder Ringen" which Kodo makes a guest appearance on, has large display corners in all the major record stores in Rotterdam and has commercials constantly running on the television.


March 16th and the 17th
Lisbon, Portugal
Casino Estoril

This makes Kodo's fourth appearance here in Lisbon. Portugal this time of year is warm and sunny with temperatures in the mid 70s, with the cherry trees in bloom. It was so warm that the frosty Belgium seemed like a distant dream. Although Kodo has performed in wide variety of venues up until now, a casino has not been among them. Incidently, the concert this evening started at ten thirty in the evening! The audience had to adhere to the dress code of jackets and ties for the men and dresses for the women. People were dining on sushi in the lobby while standing amongst the rows of slot machines. Performing in front of a wine sipping audience, we were able to enjoy the luxurious mood of this somewhat strange evening.

20060322akimoto


Jun Akimoto
Kodo
European Tour Manager
March 22, 2006

Posted by kodoblog | | Comments (2) | TrackBack (0)

ヨーロッパツアー・レポート

3月8日(水)9日(木)
オランダ・ロッテルダム Rotterdamse Schouwburg

鼓童、20数年ぶりのロッテルダムです。

鼓童が公演した劇場Schouwburgは、旬のダンスや演劇などを積極的にプログラムしていて活気が感じられます。鼓童公演の前日にも、ヨーロッパの中心的なダンス・カンパニーのである「ネザーランド・ダンス・シアター」の公演があり、とてもとても素晴らしい内容でした。実はこのカンパニーとは、石井真木さん作曲の「輝夜姫」という演目で1988年に共演歴があります。

さて肝心の鼓童の公演ですが、お客様の反応はストレート。拍手だったり、ため息だったり、かけ声だったり、曲中でも敏感に反応します。会場には、80年代に鼓童と交流があったオランダのパーカッション・グループ「サークル・パーカッション」のメンバーも見に来てくれて、久しぶりの再会がありました。

9日の午後には、オランダの人気TV番組「Pauls Punt」の収録があり、オランダの人気ロック・グループ「Bløf」と番組内で共演しました。この収録の様子はウェブログ内の、
見留知弘 2006年3月9日
をご覧下さい。ちなみに、オランダ国内チャート1位を記録した鼓童参加のシングル曲「Aanzoek Zonder Ringen」は、ロッテルダムの大手CD店でも大きなコーナーを占め、TVスポットも盛んに放送されていました。


3月16日(木)17日(金)
ポルトガル・リスボン Casino Estoril

リスボン再訪は4回目になります。気温20度、快晴、桜が開花しているポルトガルです。小雪がちらついていたベルギーが嘘のような暖かさ。いろいろな所で公演して来た鼓童ですが、カジノでの公演はめったにあるものではありません。しかも開演は夜の10時半(!)です。ドレスコードがあり、お客様はタイとドレスで正装。スロットマシンが並ぶ開場前のロビーでは、お客様にお寿司が振る舞われておりました。テーブルでワイングラスを傾けるお客様を前に、一風変わったゴージャスな雰囲気を楽しみました。

20060322akimoto

[3月22日(水)現在 鼓童ヨーロッパツアーマネージャー秋元淳]

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

Mar 21, 2006

見留知弘 2006年3月21日

20060321tomohiro1

最終公演地、スペインのレオンにやって来ました。
【上】カテドラルです。中に入ると、ステンドグラスがとても綺麗で神秘的ですが、写真撮影は出来ませんので、外観だけの写真です。
【下】ガウディーの設計建築が、ここレオンにもあります。


20060321tomohiro2

日本でいうところの立ち飲み屋さんで、注文をしている洋介くん。
やっぱり英語が全然通じず、本だけが頼りです。
まず飲み物を頼んでからつまみを頼む、というシステムを理解するまでが大変な道のりで、15分くらい掛かってしまいました。


20060321tomohiro3

豚さんの足と…、豚さんの足からとった生ハムです。

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 20, 2006

見留知弘 2006年3月20日

20060320tomohiro1

ポルトガルからスペインへの移動日。

バスに9時間揺られて、スペインのレオンに来ました。
さっそくレストランに出掛けた4人ですが…。英語がほとんど通じませんので、洋介くんが持って来たスペイン語の本の助けを借りて注文をしているところです。


20060320tomohiro2

旅の楽しみ。
スペイン料理からのご紹介は、タコの料理と3種類のデザートです。

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 19, 2006

見留知弘 2006年3月19日

20060319tomohiro

ポルトガル・フィゲイラ公演。

【上】アシスタントマネージャー松井元くんの引率で、徒歩にて劇場へ。久しぶりの晴天、とても気持ちが良いです。

【下】劇場の外観。南国の雰囲気が伝わりますでしょうか。

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 18, 2006

見留知弘 2006年3月18日

20060318tomohiro

ポルトガル・ポルト公演。

劇場の客席になります。

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

世間のヒロイモノ 【95】

〜逡巡〜(京都)

20060318motofumi

御食事処の案内板。

せっかちな上に決断力が乏しいので、極め付けの空腹時にこれを見たら平常心を保つ自信はありません。のみならず、そんな自分に嫌気がさし、お寺の方に駆け込んで出家遁世する可能性も考えられます。

せめて矢印の方向を整理してくれれば、余計な波風も立たなくなるのではと思う古都の昼下がりでした。


山口幹文
2006年3月18日
©2006 Motofumi Yamaguchi

Posted by kodoblog | | Comments (31) | TrackBack (0)

Mar 17, 2006

Kaoru Watanabe Mar 17 2006

20060317kaoruEichi and Masami came back from their US workshop tour, tan and plump from their stay in Hawaii. Wait, forget I said "plump". Eichi and I have desks next to each other in the artistic directors office above the practice hall here in Kodo Village and when he came in the other day, among other things American that came out of his bag and that he plopped down on the shelf above my desk, was a bobbing head doll of Reverend Mas Kodani from Seishin Buddhist Temple in Los Angeles and one of the founding members of Kinnara Daiko, the oldest taiko group in the United States. I don't know him personally very well, but I have great respect for him for his teachings and his role in the birth of taiko in the United States.

However, every time I happen to glance up, this man's head is ALWAYS moving.

I will be deep in thought, trying to decide whether to do this piece or that at Earth Celebration, or writing an e-mail to our guest artist, Tamango about my thoughts on the collaboration. I will lean back in my chair to think and clear my head- and that bobbing movement always seems to catch my eye. With that smug expression on his face and that ambiguous head bobbing- not quite a nod, not quite a shake- I sometimes feel like I'm being taunted by the Reverend. If things are not going well that day, sometimes I have to keep myself from throwing the Reverend out the window. I'm starting to feel like the narrator in The Tell-Tale Heart.

"Anything was better than this agony! Anything was more tolerable than this derision! I could bear those hypocritical smiles no longer! I felt I must scream or die!"

OK, I'm exaggerating now. It's not really that bad. I would have preferred some Macadamia Nut chocolates from Hawaii though...

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

齊藤栄一 2006年3月17日

20060317eiichi1

全てのワークショップを終えて解放されたアタシ達。
旅の最終日にはカヤックに乗ってワイルアの滝(カウアイ島)へ。

緩やかな流れの河を遡り、山道を歩き、時には腰まで水に浸かり、ちょっとしたアドベンチャーを経て辿り着いた滝。
流れ落ちる水の轟音・撒き上がる飛沫・ひんやり静かな空間に佇んでいると、自分が「善い人」「清い人」「正しい人」に生まれ変わった気分に浸れます。(この時だけ)

カウアイ島へ行く予定のある方、お勧めです。

20060317eiichi2

Posted by kodoblog | | Comments (3) | TrackBack (0)

世間のヒロイモノ 【94】

〜きおつけます〜(京都)

20060317motofumi

「五七五」の警句です。犬のサイズに関するものでないことは確か。大したネタではないので、「七七」を付け足して遊んで下さい。


美しく 犬の大小 きおつけて
 舞妓飛びのく 春の裏路地(幹)

美しく 犬の大小 きおつけて
 見るに見られぬ 春の星星(一管)

美しく 犬の大小 きおつけて
 山桜花 遠き山にも(文)

美しく 犬の大小 きおつけて
 紅柄格子の 春の夕焼け(風月)


以上、選外駄作。


山口幹文
2006年3月17日
©2006 Motofumi Yamaguchi

Posted by kodoblog | | Comments (12) | TrackBack (0)

Mar 16, 2006

見留知弘 2006年3月16日

20060316tomohiro1

ポルトガル、リスボンにて。

今日の劇場はカジノの中のホールです。
普段は飲食をしながら見るようですので、テーブルがたくさんあり、客席の奥はごらんの通り雛壇になっていて、電飾がすごいです。
今日の開演は午後10時30分。公演もショート・バージョンです。


20060316tomohiro2

【左】カジノらしい電飾看板。
【右】ロビーに飾られた平胴太鼓と、カジノ。

Posted by kodoblog | | Comments (4) | TrackBack (0)

堀つばさ 2006年3月16日

20060316tsubasa1

ポルトガルのリスボンから電車で40分ほどの、シントラとゆう街に昨日観光に行きました。古い建物の残る素敵な街でした。

そこでたまたま入った楽器屋さんで、なんと四角い太鼓を発見!!!座布団のようでございます。
ポルトガル北部のある小さな村で女性だけが唄いながら叩く太鼓だそうです。名前は“ADUFE”。
お店のおばさんがちょっとやった事があると言って、唄いながら叩いてくれました。思ったより低く説得力のある音です。私が叩くとなんとも貧相な音しかまだしません。

なんだか可愛いフリルもついて、ついつい購入してしまいました。
どうやって持って帰ろう…。

練習して、そのうち皆様のお耳にもこの音を届けたいです。

20060316tsubasa2

Posted by kodoblog | | Comments (4) | TrackBack (0)

Mar 15, 2006

阿部一成 2006年3月15日

20060315kazunari1

ポルトガルのリスボン。
オフの日に小旅行をしました。

まずは電車に乗ってCascais(「勝海舟」みたいな発音)へ。ちょっとだけ散策。海辺のかわいい町でした。

そこからバスに乗って目的地、ロカ岬へ。
ヨーロッパ大陸の最西端だそうです。
なぜか「端っこ」と聞くと行きたくなってしまうのです。
国内ツアーで行った北海道の納沙布岬や、佐渡の小木の沢崎灯台を思い出しました。
「端っこ」には何らかの共通項があるように思います。

終わるところ、始まるところ。

そこから引き返すつもりだったのですが、バス停の時刻表を見ていたらシントラ行きのバスを発見。
とてもきれいな街だと聞いていたので路線変更。

シントラの街に着いてバスを降りると、みつるに遭遇。山の上にお城があると聞いて登っていきました。
高所恐怖症の人だとちょっと怖いんじゃないかと思うくらいの、最高の眺めでした!

20060315kazunari2

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

齊藤栄一 2006年3月15日

20060315eiichi1

みなさん、ただいまぁ。
USAでのワークショップツアー、正美と二人で頑張って来ました。
三週間強で約20回のワークショップ。
子供から大人まで人種も性別も関係無く、熱く叩いて心を一つにする事が出来たのではないかと思います。

それにしても常夏のハワイから佐渡に戻ったら、まぁなんと吹雪!
お留守番の方々はブーブー云ってたけど、アタシは嬉しかったわねぇ。まぁそれはそれとして。

ツアーの最終地はハワイ。
ここで休みが無ければ暴れるぞ、と脅して勝ち取った貴重な休日。
3,055mの山(マウイ島・ハレアカラ山)から下るだけの自転車ツアーに参加してみました。
ランチブレイクなど2〜3ヶ所で休憩と取りながら、延々四時間掛けて海辺まで。
ハワイに行く機会があったら、お勧めです。

20060315eiichi2

バナナおぢさんを探せ!

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

Mar 14, 2006

見留知弘 2006年3月14日

20060314tomohiro

リスボンでのオフ。

13年前に、この中庭に特設舞台を組んで野外公演をした、ジェロニモス修道院です。

その時は三日間の公演の予定でした。初日の大統領が来られた日は晴天でしたが、「この季節は雨は降らない」という事前の話にもかかわらず、二日目は雨で中止。三日目も雨が降ってしまい、雨の当たらない中庭周囲の僅かなスペースで演奏をしたことを思い出します。

Posted by kodoblog | | Comments (2) | TrackBack (0)

KERS148.1 鼓童実験放送局 第62回


3月14日 第62回 (17'58" 8.2MB)

  • パーソナリティー:山口幹文
  • 管理人の平謝り
  • 実験対談 山口幹文×齊藤栄一
    • KASA (Kodo Arts Sphere America) ワークショップツアーから帰ってきました。
    • どんな人達とどんなワークショップを?
    • 英語ぺらぺら
    • バナナおぢさんヒマなし
    • ハワイで四時間降りっぱなし
    • 北米の太鼓熱
    • 楽器事情〜見習うべき姿勢
    • コミュニティと太鼓
    • これからの悩みどころと、原点。

ほぼ一ヶ月ぶりです。叱咤激励のコメント、有難うございました。と、平謝り…。

実験放送へのお題・リクエスト、その他なんでも
kodoblog@kodo.or.jp
まで。メールお待ちしています!

Posted by kodoblog | | Comments (11) | TrackBack (0)

Mar 13, 2006

見留知弘 2006年3月13日

20060313tomohiro

ポルトガルにやってきました。気温が24度と一気に上がり、上着がいらなくなりました。
写真は、カステラの原形です。

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

Kaoru Watanabe Mar 13 2006

Three weeks of unseasonably Spring-like weather, of casual walks in the sunlight to look at Hina Matsuri dolls, of leaving my jacket in the car and going out in a sweater, all came to an abrupt end yesterday when a morning of rain was followed by snow, snow and more snow. It's dark outside as I write this, but there's plenty of the white stuff around and it doesn't seem like it's going to let up any time soon.

This freaky weather is scaring me a little. Well, no- a lot. Changes in the weather are a matter of fact, but when you go from warm and sunny to straight up blizzard in two days- and this happened to me in New York too, as those of you follow the weblog know- there seems something... unnatural about all this nature.

I suppose I can do my best to recycle and not waste natural resources, but I must constantly remind myself that there is always more I can do. I don't know- buy a Prius or something. In the meantime, my advice to myself is when it's hot out, get as much sun as possible, and when it snows, build igloos. Or stay inside.

20060313kaoru

I took a picture of Aya...
... and Aya took a picture of me.

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

Mar 12, 2006

見留知弘 2006年3月12日

20060312tomohiro1

オーステンデでのお休みに、一日遅れのルークさんの誕生日を祝う企画が、この船の中で行われました。
実はこの船、ただの船ではないのです。


20060312tomohiro2

船内の階段を下りると、こんな雰囲気。


20060312tomohiro3

帽子は、こちらのスタッフがプレゼントしたものです。
キャプテンの案内で、おそるおそる奥に入ってみると…、ずらりと並んだマッサージチェアー。


20060312tomohiro4

この後は、15分ほどのマッサージタイムがあり、音と光のショーが30分くらいあって、アロマの香りでリラックスタイム。
誰かさんのイビキが聞こえたとか…。

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

Mar 11, 2006

見留知弘 2006年3月11日その2

20060311tomohiro_bベルギー・オーステンデにて。

今日は、ヨーロッパツアーで照明と楽器の運搬でお世話になっている、ALCの社長、ルークさんのお誕生日です。

太鼓の皮を日本から送ってもらい、額に入れて、みんなの名前を書きました。翌日のサプライズ企画で、誕生日をお祝いし、プレゼント。

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

見留知弘 2006年3月11日

20060311tomohiro

今日のお客様。

昨日と同じく、前々回まで照明をしてくれたミッシェルさんと、今回のツアーの照明マティアスさん、一樹さん、つばささんと記念撮影。

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 10, 2006

見留知弘 2006年3月10日

20060310tomohiro

ベルギー オーステンデ公演。

前々回のヨーロッパツアーまで運転手を務めてくれたギドさんが、奥様を連れて公演を見に来てくれました。

前回のツアーから運転をしてくれているヨリスさん、一樹さん、つばささんと記念撮影。
なつかしい人と出会えるのも、旅の嬉しい瞬間ですね。

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (1)

Mar 09, 2006

見留知弘 2006年3月9日その2

20060309tomohiro_b

オランダ・ロッテルダムの劇場

搬入口が地上三階にあり、トラックごとリフトで上がっています。
リフトと搬入口の隙間がかなりあって、高所恐怖症の人には、かなり危険な所でした。

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

見留知弘 2006年3月9日

オランダのロックバンド・ブロフとテレビ収録の一コマです。

20060309tomohiro1ドラムのノーマンさん。
20年位前に鼓童を見て、共演するのが夢だったそうです。
ちなみに鼓童が参加したブロフの楽曲が、オランダでミリオンセラー、ナンバー1を獲得しました!


20060309tomohiro2

【上】サウンドチェック中です。バンドは4人です。
【下】曲の細かい内容の話し合い


20060309tomohiro3

収録終了後、ブロフさん・司会者さんと記念撮影。

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

世間のヒロイモノ 【93】

〜大衆食堂〜(埼玉県秩父市)

20060309motofumi1

暖簾に書れたその文字を「だいごうしょくどう」と読み、親に笑われたのも今は昔。恥ずかしい思い出とは関係なく、推定築三十年以上・ビニールの椅子・デコラのテーブルを見つけたら即入店です。


20060309motofumi2そこでこの食堂、前記の条件を充分に満たした上、ラーメンの色・温度ともに満点に近く、食べ進むうちに現れた瀟洒な店名が、再びぼくを唸らせました。具としては希少価値の高いカマボコと目を回す二枚のナルト、何気なく添えられた緑茶の佇まいも忘れられません。

ごちそうさまでした。


山口幹文
2006年3月9日
©2006 Motofumi Yamaguchi

Posted by kodoblog | | Comments (22) | TrackBack (0)

Mar 08, 2006

Europe Tour 2006 Official Report

For the week between February 27th through March 5th, we had concerts in four German cities- Munich, Nuremberg, Hamburg, Dusseldorf. The following is a report from Germany, a country obsessed with the upcoming FIFA World Cup Soccer Tournaments being held here in just a few months.

February 27th and 28th
Munich, Gasteig Philharmonie

Since Kodo has been performing regularly in Munich since 1987, the city has a very familiar, comfortable feel to it. The Gasteig is a cultural arts complex which houses large and small concert halls, a music library, and recording studio, is the home to the Munich Philharmonic Orchestra and the cultural center of the city. Once again for two consecutive days, we were able to perform to a sold out audience of 2,400 people. Munich audiences are known to be very intelligent, informed and critical listeners. The Kodo players found themselves inspired to perform to the highest level by the intense concentration with which the audience followed the proceedings on stage.


March 2nd
Nuremberg, Meistersingerhalle

Like Munich, Nuremberg is part of Germany's southernmost state, Bavaria. This is only Kodo's second time here since 1989. Appreciation goes towards the many people who told us they have been waiting for Kodo to come for a long time, including some people who traveled four hours from the former East Germany just to see the concert. In the outskirts of this still medieval city, is the concert venue Meistersingerhalle. At one corner of the concert hall there still remains an expansive area that was used as a gathering place for huge Nazi rallies. An arena capable of holding over one hundred thousand people and a meeting hall that held over fifty thousand people were built here between the mid '20s through the mid '30s. Part of that meeting hall is now being used as a library with reference material of Nazi activities from those times. One can see the German people looking hard and unwaveringly at the burdens placed on them by their past.


March 4th
Hamburg, Congress Center Hamburg

We then travelled North to the second largest German city of Hamburg. This is Kodo's third appearance in Hamburg. Being Germany's largest international port city, Hamburg has developed into a city in drastic contrast to the more rural Southern states. There was a chaotic energy almost on the level of New York City here. And in the center of the chaos is the Congress Center Hamburg (CCH) a multi purpose complex which holds not just concerts, but International Industrial Conventions and Exhibitions.

The audience for the concert was diverse, from young children to the elderly, with representatives from different nationalities and occupations and their passionate applause continued long after the encore ended this evening.


March 5th
Dusseldorf, Tonhalle Dusseldorf

This was our first appearance in Dusseldorf in six years. We performed in the Tonhalle, a very modernistic concert hall which just opened last year, having been rebuilt from an old planetarium. Walking inside this perfectly shaped dome, one very easily loses their sense of direction. The concert hall itself is a sort of doubled layered building within a building. In order to go from the dressing rooms to the stage, one must pass through a narrow hallway above the lobby, so we had a lot of trouble taking the drums to and from the stage area. Sometimes it is difficult to find the right balance between artistic design and functionality in architecture. The acoustics of the hall were excellent however, and layout of the hall created a nice sense of intimacy between the audience and the performers. All in all, the performers were able to really concentrate and give it their all.

Dusseldorf

Jun Akimoto
Kodo
European Tour Manager
March 8th

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

ヨーロッパツアー・レポート

2月27日から3月5日までの一週間、ドイツ四都市(ミュンヘン、ニュルンベルク、ハンブルク、デュッセルドルフ)での公演を行ないました。FIFAドイツ ワールドカップ開催を三ヶ月前に控えて沸き立つドイツより、公演の模様をお伝えします。


2月27日(月)28日(火)
ミュンヘン Gasteig Philharmonie

1987年より幾度となく訪れているミュンヘン。鼓童にとってすっかりおなじみの土地となりました。「Gasteig=ガスタイク」とは、大小のコンサート・ホールや音楽図書館、スタジオなどを併設する総合文化センターの総称で、ミュンヘンの音楽文化の中心地ともなっており、ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団の本拠地でもあります。2,400席の会場、今回も二日連続公演を満席で迎えていただきました。ミュンヘンのお客様は、音楽に対してとても繊細で厳しい耳を持っているようです。物音ひとつ立てずにステージの音に聞き入るお客様の集中力に、こちらも身の引き締まる思いがしました。


3月2日(木)
ニュルンベルク Meistersingerhalle

ミュンヘンと同じくドイツ南部バイエルン州に属する街、ニュルンベルクでの公演です。ニュルンベルクは1989年の公演以来二回目です。鼓童が来るのを待ちわびていたというお客様も多くいらっしゃいました。中には旧東ドイツ地方から四時間かけて見に来てくださった方々も。ありがたいことです。
会場のマイスタージンガーホールは、中世の町並みが色濃く残る旧市街から少し離れた郊外にあります。会場がある一角は、かつてナチスの党大会の常設会場があった広大な敷地です。1920年代後半から30年代前半にかけて、十万人以上を収容できるアリーナや競技場や五万人収容の大会会議場などが建設され、現在は会議場の建物の一部が「ナチス党大会場跡資料センター」として公開されています。自国の負の遺産をしっかりと見据えるドイツの姿が垣間見えました。


3月4日(土)
ハンブルク CCH(Congress Center Hamburg)

一気に北上してドイツ第二の都市ハンブルクへ。今回鼓童が訪れるのは三回目になります。ドイツ最大の港湾都市として発達した国際的な土地柄のせいか、おだやかなドイツ南部の雰囲気とはまったく違います。どことなくニューヨークに近い雑多なエネルギーを感じます。街の中心に位置する会場のCCH(Congress Center Hamburg)はコンサートの他に、産業拠点として国際会議や展示会場としても利用される多目的施設です。
公演にいらした観客の雰囲気も多種多様。子供から年配の方、おそらく出身や国籍・職業なども色々なのでしょう。アンコール後も拍手が鳴り止まないほどの熱気に包まれた夜でした。


3月5日(日)
デュッセルドルフ Tonhalle Dusseldorf

2001年以来6年ぶりのデュッセルドルフです。昨年オープンしたばかりの「Tonhalle=トンハーレ」というコンサートホールで、プラネタリウムを全面改装したという前衛的なデザイン。完璧な円形のドーム型で、館内を歩いていると方向感覚が分からなくなります。ホール部分が、楽屋などのある建物の内側に「宙釣り」状態という、二重構造の建物です。楽屋から舞台まではロビーの上にかかる狭い渡り廊下を越えていくので、太鼓を抱えながらの行き来はかなり苦労しました。建築デザインと実際の使い心地とのバランスは難しいですね。しかしホール自体の音響は素晴らしく、客席と舞台との緊密な一体感が生まれ、集中力の高いパフォーマンスに恵まれました。

Dusseldorf

[3月8日(水)現在 鼓童ヨーロッパツアーマネージャー秋元淳]

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 07, 2006

見留知弘 2006年3月7日

20060307tomohiro1オランダのロッテルダムにやってきました。
今日はお休みでしたので、マティアスさんの案内でEuromastタワーに、正文さん・雅幸・盛悟・菜月の六人で行って来ました。

20060307tomohiro2

下の展望台にて!ここで高さ112メートル。


20060307tomohiro3

【左】ちいさいゴンドラで、頂上へ。足元には小さなガラス窓があり、下の様子を写してみました。
【右】ゴンドラを下から撮影しました。小さな丸い窓から、下の様子を撮影しました。ここの最高地点で高さ185メートルです。


20060307tomohiro4(おまけ)
オランダはご存知の通り、自転車の多いところです。車道・歩道の他に、自転車専用道路も必ずあります。
そこを知らないで歩いていると、危険です。

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

阿部一成 2006年3月7日

20060307kazunari1

デルフスハーフェン。

オランダ、ロッテルダムの中心街から地下鉄で四駅。
たった四駅で生活臭あふれる町並みに出逢えました。
風車やはね橋も、異国情緒に花を添えてくれました。

20060307kazunari2

その地に根ざして生きている人々の姿が時折羨ましく映ります。
旅生活ももちろん素敵なのですが、まぁ、ないものねだりですね…。

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 06, 2006

見留知弘 2006年3月6日

20060306tomohiroオランダへの移動日。

ドイツ公演に同行して頂いた、ミューヘン・ミュージックの、クリスティアーナさんです。
一樹君の折れたバチに、皆のサインをかいてプレゼント。八日間お世話になりました。

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 05, 2006

見留知弘 2006年3月5日

20060305tomohiro1ここの劇場は、変わっていました。
建物全体がプラネタリュームのようなドーム型で、その真ん中に宙に浮いたように劇場があり、その下には円形の広場(ロビー)があります。
公演日がちょうど日曜日で、写真の下の広場ではピアノと弦のミニコンサートが行われておりました。
写真の上の方には、私たちの太鼓が見えます。

20060305tomohiro2この写真の真ん中に写っている橋が、舞台に行ける階段です。
舞台の裏には通路がないので、上手から下手に移動するのにわざわざこの階段を一度下りて、廊下を通ってもう一度階段を上がらないと、行き来が出来ません。
設計された方、ごめんなさい。自分の中では、世界一使いにくい劇場でした。本番中に何度往復したことか……。

20060305tomohiro3

【1】舞台全体図。本日も屋台無しです。
【2】空中の通路に置かれた楽器達。
【3】プラネタリュームのような屋根と、舞台天井と照明。
【4】本日の劇場の客席図。
【5】空中の通路に置かれた楽器達。
【6】劇場の真下の様子。

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

松浦充長 2006年3月5日

「三羽カラス…」

20060305mitsunaga1

デュッセルドルフでは嬉しいことがありました。
ドイツ在住のお客様が両手に荷物を一杯持ち、片道三時間かけて楽屋見舞いを持ってきてくださったのです。
おにぎり・中華おこわ・焼き鳥・出し巻き卵、そして桜餅などのお菓子!
お客様に教えていただくまで、桃の節句を忘れてました。

つかの間の昼食に現れた、三羽カラスこと準メンバー三人。焼き鳥を見つけた瞬間、パクリ…「うめ〜!!!」
食べ物の力は偉大ですね。今日の公演はいつも以上に熱い舞台でした。

20060305mitsunaga2

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Kaoru Watanabe Mar 5 2006

I'm sure people are tired of seeing photographs of the hina dolls on the weblog so I promise it will all be over soon. Just a few more to go- bear with me...

The town of Aikawa, known historically as a gold mining town during the Edo period, has recently decided to make the displaying of the hina dolls open to the public in many homes and stores. This affords visitors a chance to enter any private home listed on the Hina matsuri map- usually homes of relative prominence- to appreciate the dolls on display there.

As a result of Aikawa being at one point a very wealthy town, some of these houses still have exquisite gardens hidden behind their walls and some of the dolls were up to three centuries old and of the highest quality. As amazing as the dolls on display were the people who lived in these houses and took time the time to speak to the throngs of visitors flowing in and out of their houses. One 94 year woman was particularly memorable, living alone in a beautiful old house with particularly life-like dolls lovingly on display.

I spent the whole day with friends, walking from house to house, chatting with the owners and hearing their stories. The temperature was unseasonably warm and sunny. Dolls are bought to celebrate the birth of a girl and then displayed this time every year to remember the the joy of that event and as a prayer for a life of continued happiness and success. These dolls are handed down through the generations, their miniature kimonos fraying and decaying over the decades and centuries, to be replaced by new hand made ones.

20060305kaoru1

This doll was on display in a drugstore.


20060305kaoru2Dolls depict the emperor and empress and their court as well as various princes, shoguns, warriors and other historical figures. Among the court figures are often musicians, including flute and taiko players.

20060305kaoru3This photograph has nothing to do with Hina matsuri- I just like the sign hanging upside down.

Posted by kodoblog | | Comments (2) | TrackBack (0)

Mar 03, 2006

見留知弘 2006年3月3日

20060303tomohiro1ハンブルグへの移動日。
移動途中の昼休憩にて、ベンツの商品が色々あり、鞄好きの充君が、品定め……。
バスの出発時間で、バスの中で待っていたら、鞄を担いでバスに戻ってきた充君でした。やっぱり買ったのね。


20060303tomohiro2

同じく昼休憩の所にあったお店にて。

Posted by kodoblog | | Comments (2) | TrackBack (0)

齋藤美和 2006年3月3日

3月3日は、桃の節句「ひなまつり」です。鼓童村の玄関には、以前頂いたおひな様を飾りました。

「鼓童村玄関のおひな様」

20060303miwa1

鼓童村でのお昼ごはんのメニューです。とってもおいしかった!
さくら餅は、絶妙な甘さ加減でしたよ。


「今日のお昼ごはん」

20060303miwa2

こんなおいしいごはんを作った今日のシェフは?
薫さんと彰子です。ごちそうさまでした。


「今日のシェフ!」

20060303miwa3

薫さん:「さくら餅が残りあと一つです、どうぞですか?」
彰子:「和菓子大好きです!」

Posted by kodoblog | | Comments (2) | TrackBack (0)

松浦充長 2006年3月3日

「静かなる搬出」

20060303mitsunaga1搬出が終わるのはだいたい午前0時前!

ミュンヘンの会館は町中にあり、搬入口はアパートの近く、「みんな静かに搬出しましょう」との舞台監督の声。
小さな声で指示を出し、黙々とトラックに積み込みます。しかしドイツは寒い・・・(T_T)


「日本人魂!」

20060303mitsunaga2

ドイツの方もびっくりするほど小さいシール。
これは鼓童の職人!見留知弘がビニールテープをはさみで切ったものです。太鼓の置く位置に印を付けるシール。演目ごと、楽器ごとにシールが違います。


もしよかったみつブログも見て下さい。町の様子など書いています。

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Kaoru Watanabe Mar 3 2006

Here in Japan, the third day of the third month is known as "Hina Matsuri", a day when people pray for the success and happiness of their daughters. Folks display an arrangement of ornate dolls in their households, in a tradition that may seem similar to how people may pull Christmas tree ornaments out of dusty boxes every winter and decorate a tree.

20060303kaoru1On this day, people eat CHIRASHI ZUSHI, rice that has been sweetened with sugar and vinegar, along with an assortment of vegetables and sweets.


20060303kaoru2This year's hina matsuri happened to fall on the day when it was Aki and my turn to cook lunch for the group. I helped, but I must say, Aki is the one who really did all the work.


20060303kaoru3She even made SAKURA MOCHI from scratch. What do I know about "daughter's day" anyway? I was born and raised a man. Regardless, I did my part and things turned out pretty well.


20060303kaoru4How did everyone enjoy YOUR Hina Matsuri?

Posted by kodoblog | | Comments (3) | TrackBack (0)

Mar 02, 2006

見留知弘 2006年3月2日

20060302tomohiro

このツアー初めての、屋台無しの大太鼓です。
舞台の奥が雛壇になっていて、屋台を使えるスペースがありませんでした。

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

松浦充長 2006年3月2日

20060302mitsunaga「気になる一枚」

ドイツ・ミュンヘン、ガスタイク文化センターのリハーサル室に飾られている一枚です。
日本で有名なあの方…に似てません?

どなたなんでしょうか…。

Posted by kodoblog | | Comments (4) | TrackBack (0)

Mar 01, 2006

阿部一成 2006年3月1日

20060301kazunari

ドイツ、ニュルンベルグ。
研三と街を散策。

荘厳な教会と見晴らしの良いお城。
それに
この街の歴史。

槍や甲冑など、
武具の変遷を展示した博物館に入った。
殺すための道具、あるいは
殺されないための道具がずらっと並ぶ。

不安が、疑心の鬼をいざない、
恐れが、憎しみを生み。
そうして不安と恐れが増殖し。

武具が変わっていっても
そうした構図は
今にそっくり引き継がれているように思える。

戦争でなくても
殺人でなくても
日常にそうした構図はいくらでも。
自分の弱さを思う。

雪の白がとても美しくて
ためいきがもれた。

日本は春めいてきましたか?

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

世間のヒロイモノ 【92】

〜雛祭り〜(福岡県柳川市)

数年前、北原白秋の故郷で見た雛祭り。いずれも民家を開放して所狭しと飾られており、その量においても質においても大変見事なものでした。

20060301motofumi1

「大所帯」
これはほんの一部。五人囃子も二十人囃子くらいになっているので、合奏は至難の業。そのご苦労お察しいたします。


20060301motofumi2

【左】「さげもん」
「さげもん」とは「下げ物」のこと。女の子が生まれると親戚・知人から贈られるそうです。くぐって歩くのに苦労しますが、かなり目出たい雰囲気でした。

【右】「ワラシ」
岩手では、色白の奇麗な座敷童子(ザシキワラシ)をチョウビラコと呼ぶそうですが、この子は合格でしょうか。


山口幹文
2006年3月1日
©2006 Motofumi Yamaguchi

Posted by kodoblog | | Comments (12) | TrackBack (0)