« October 2005 | Main | December 2005 »

Nov 30, 2005

洲崎拓郎 2005年11月30日

20051130takuro

入稿日。

鼓童の会にご入会の皆様にはお馴染みの、機関誌・月刊「鼓童」の締め切り日です。印刷屋さんが入稿データを取りに来るその時間ギリギリまで、冷や汗をかきながらの作業が続いている、ようであります。

お疲れ様…。

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

世間のヒロイモノ 【78】

〜歴史的建造物〜(佐賀県佐賀市)

20051130motofumi

市内で目にした瀟洒な建物。さて一体何でしょうか。

1、有田焼のコレクションで有名なコーヒーハウス 
2、意外なことに場外馬券売り場
3、そんな馬鹿なの公衆トイレ
4、もったいなくも旧公爵家別邸

※答えは次回のヒロイモノで。


山口幹文
2005年11月30日
©2005 Motofumi Yamaguchi

Posted by kodoblog | | Comments (3) | TrackBack (0)

Nov 29, 2005

山口幹文 2005年11月29日

20051129motofumi2

キヨ子さんとアルバイトの鈴木さんが、タマネギの植え付けと大根の収穫(試しに一本だけ)、そして干し柿作りに精を出していました。喧しく邪魔っけな(はずの)ぼくをものともせず、黙々と働く二人です。
ご苦労さま〜。

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

世間のヒロイモノ 【77】

〜みなオヤジ〜(北海道某ホテル入り口付近)

20051129motofumi1【オヤジNo.1】
北の大地お約束のヒグマの彫り物。またの名を山オヤジ。

20051129motofumi2【オヤジNo.2】
我慢できずに手を突っ込む、昭和29年生まれ蠍座のくせに軽薄なオヤジ(の左手)。

20051129motofumi3【オヤジNo.3】
熊の隣に置いてあった、ほぼ等身大の置物。文字通り「彫りの深い」アイヌのオヤジ。

20051129motofumi4【おまけ】
これは若い太鼓打ち。オヤジNo.1のモデルか!?


山口幹文
2005年11月29日
©2005 Motofumi Yamaguchi

Posted by kodoblog | | Comments (5) | TrackBack (0)

Nov 23, 2005

新井和子 2005年11月23日

20051123kazuko

宮崎正美と羽茂の「うみゃぁもん祭り」というイベントに、十二月公演の宣伝をしに行ってまいりました。

写真は太鼓の音に集まってきた子供達にミニワークショップを開いたり、展示されていた佐渡牛「北次郎」に太鼓を聞かせている正美です。

Posted by kodoblog | | Comments (2) | TrackBack (0)

Nov 21, 2005

KERS148.1 鼓童実験放送局 第53回


11月21日 第53回 (26'06" 12.5MB)

  • パーソナリティー:山口幹文
  • 斎藤菜月の鼓童村ニュース
  • 放送50回記念プレゼント対談
    番頭さん×山口幹文
    • キャリア11年以上のアマチュア太鼓奏者
    • 質問1
      「和太鼓界トップの苦労話」
    • 質問2
      「ベテランと若手の確執は」
    • 質問3
      「同業者との交流」
    • 太鼓打ちも色んな楽器を
    • ご家族の理解
    • そっくりな演奏について
    • 新しいものを作ること
    • 笛がうまくなる方法

番頭さん、電話での対談、どうもありがとうございました。プレゼントとして成立していれば良いんですけど…
本日の鼓童村ニュースは、一部ネイティブ発音が入りました。冬の楽しみについて、皆様のメールをお待ちしております。

「冬の楽しみ」、実験放送へのお題・リクエスト、その他なんでも
kodoblog@kodo.or.jp
まで。メールお待ちしています!

Posted by kodoblog | | Comments (2) | TrackBack (1)

谷口大介 2005年11月21日

20051121daisuke

ホームセンタームサシでの街頭パフォーマンス、おかげさまで盛況でございました。
  • 左上
    新曲「ユクの森」の佐渡お披露目。
  • 右上
    200名くらいの方が集まってくれました。
  • 左下
    演出家自らが先頭に立ってのチラシ配り。
  • 右下
    温かい飲み物なども用意しました。

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

Nov 20, 2005

齊藤栄一 2005年11月20日

20051120eiichi

佐渡での街頭パフォーマンス風景。
小雨混じりの寒い日にもかかわらず、沢山のお客さんに集まって頂きました。本当にありがとうございました。

十二月公演、頑張ります。

Posted by kodoblog | | Comments (3) | TrackBack (0)

Nov 19, 2005

世間のヒロイモノ 【76】

〜くすりやさん〜(富山)

20051119motofumi

「人さらい」ではありません。昔懐かし「越中富山の薬屋さん」です。

さすがに服装は違いますが、小さい頃は年に何度か家に来て、赤い小さな薬箪笥の中身を取り替え、「ぼくちゃんにだけだよ」という感じで、必ずおまけに紙風船をくれたものでした。駅前で固まってなんかいないで、復活してくれないものかなあ。


山口幹文
2005年11月19日
©2005 Motofumi Yamaguchi

Posted by kodoblog | | Comments (14) | TrackBack (0)

Nov 18, 2005

齊藤栄一 2005年11月18日

20051118eiichi

皆さん、ごめんなさい。
突然ですが、ごめんなさい。

先日の「バナナおぢさんの食事当番」の中に誤った情報がございましたので、訂正してお詫び申し上げます。

『割烹着』を作って下さったのは「加藤拓三君のおばあさま」ではなく「お母さま」の間違いでした。

大変失礼致しました。

Posted by kodoblog | | Comments (4) | TrackBack (0)

KERS148.1 鼓童実験放送局 第52回


11月18日 第52回 (24'59" 12.0MB)

  • パーソナリティー:山口幹文
  • 鼓童・街頭パフォーマンスのお知らせ
  • 実験“鼎”(てい)談 山口幹文×鬼澤綾子×赤嶺隆
    • 一年一ヶ月の沖縄内弟子を終えた鬼澤綾子
    • 100%沖縄産の赤嶺隆
    • 内弟子の日々はどうでしたか
    • 新人賞受賞
    • 生活と芸能 …と酒盛り
    • ウチナーグチの告白
    • 鼓童に戻ってのこれから

皆様、ぜひ明日の街頭パフォーマンスにお集まり下さい。
超ロング鼎談になってしまいました。沖縄から帰った鬼澤への応援、よろしくお願いいたします。

鼓童公演の感想、実験放送へのお題・リクエスト、その他なんでも
kodoblog@kodo.or.jp
まで。メールお待ちしています!

Posted by kodoblog | | Comments (2) | TrackBack (0)

お知らせ〜鼓童・街頭パフォーマンス!

管理人より、無料イベントのお知らせです。
佐渡に在住の皆様、ぜひお立ち寄り下さい。


十二月公演に先立ち鼓童が佐渡市・佐和田に大集結!

ベテラン太鼓打ち・藤本吉利をはじめ、鼓童メンバーが多数勢揃い。太鼓演奏とおしゃべりの賑やかな20分。無料です!ぜひお立ち寄りください!(雨天中止となります)

日時:11月19日(土)午後2時・午後3時の2回
場所:ホームセンタームサシ佐和田店 店頭

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

世間のヒロイモノ 【75】

〜鍛冶屋〜(フィンランド)

20051118motofumi

え〜何ですな。世間では「所変われば品変わる」なんてことを申しますが、こと鍛冶屋に限ってはそう変わるもんじゃございませんな。あちらさんでもカナシキ・イレツチ・ハシ・ホドなんぞは似たり寄ったりでして。

・・・・・え?日本の鍛冶屋に較べたら歳が若いだって? そりゃ何しろ「冠者」でございますから・・・・・。


山口幹文
2005年11月18日
©2005 Motofumi Yamaguchi

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 15, 2005

齊藤栄一 2005年11月15日その2

20051115eiichi2

バナナおぢさんの食事当番。
このチームで1年程食当やってるけど、4人全員揃ったのは今日が初めて。何時も誰かが忙しくて抜けてるのねぇ。

本日の献立は、アタシが「今日は簡単にカレーにしようっ!」って云ったんだけど、つばさが嫌だって云うんで和定食(豚汁・ほうれん草のおひたし・納豆&ご飯のお替わり自由×50人分!!!)になりました。

まぁミソを溶くか、カレーのルーをブチ込むかだけの違いですけど。

因に私達が着ている割烹着、研修生2年生の加藤拓三君のおばあさまが作って下さった物です。
ありがとうございました。

Posted by kodoblog | | Comments (2) | TrackBack (0)

齊藤栄一 2005年11月15日

20051115eiichi

本日は2006年ヨーロッパツアーで使用する楽器達の発送作業。彼等とは来年の1月28日にアントワープで再会する予定。

積み込み現場では、寒い中楽器発送責任者の船橋裕一郎君(新婚)が真剣な表情で細かくチェックを入れております。
忘れ物があったら大変ですから。

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

吉井盛悟 2005年11月15日

20051115shogo本日、ヨーロッパツアー荷物発送!無事届きますように…。
太鼓たちとは一月末までしばしお別れ。

Posted by kodoblog | | Comments (2) | TrackBack (0)

KERS148.1 鼓童実験放送局 第51回


11月15日 第51回 (10'48" 5.1MB)

二週間のご無沙汰でございます。
毎度のことですが、見捨てず気長にお付き合い下さいませ。

鼓童公演の感想、実験放送へのお題・リクエスト、その他なんでも
kodoblog@kodo.or.jp
まで。メールお待ちしています!

Posted by kodoblog | | Comments (2) | TrackBack (0)

世間のヒロイモノ 【74】

〜獅子奮迅 門柱編〜(沖縄)

20051115motofumi

ご存知南国の獅子(シーサー)たち。

屋上で頑張るだけでなく、このように門柱でも愛嬌を振りまいておりました。どうやらシーサーには悪霊の阻止だけではなく、福天を迎え入れる役目も課せられているようですが、調べてくるのを忘れました。


山口幹文
2005年11月15日
©2005 Motofumi Yamaguchi

Posted by kodoblog | | Comments (9) | TrackBack (0)

Nov 14, 2005

世間のヒロイモノ 【73】

〜ただ乗り〜(日本上空)

20051114motofumi

沖縄へ向かう機内。空いていたので、客室乗務員さんが胡弓のために一席確保してくれました。さる高名なチェリストは二人分払って楽器を隣に座らせ、機内食も自分同様にサービスさせるそうです。

出世したあかつきには、ちゃんと料金払って乗せてやるからな。


山口幹文
2005年11月14日
©2005 Motofumi Yamaguchi

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 12, 2005

阿部一成 2005年11月12日

20051112kazunari

南佐渡を走る消防署主催の駅伝に鼓童も参加。

ちょうど研修所の行事と重なったため、そちらに人員が割かれて6区を4人で走ることに・・・。スタッフのキヨ子さん、伸さんはそれぞれ2区間ずつ走りました。

天気に恵まれ、青い空と海がキラキラと輝いておりました。

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 11, 2005

砂畑好江 2005年11月11日

20051111yoshie沖縄に母がやってきました!
これは空き日に一緒に行った海での記念写真。ぼやけてわかりにくいけど、私達少し似てるんです。

※管理人コメント
好江さん、ほんまにぼやけてて、似てるかどうかさっぱり判りませんぞ。「夢の中の思い出」みたいな写真ですな。

Posted by kodoblog | | Comments (2) | TrackBack (0)

Nov 10, 2005

世間のヒロイモノ 【72】

〜疑惑〜(サン ディエゴ・那覇)

20051110motofumi

最初アメリカで見た時もそう思いましたが、日本で再会してみてもこのトサカとクチバシは、やはり「鳥のアタマ」です。調べたら「極楽鳥花(Bird of Paradaise)・バショウ科」とありました。う〜ん、本当に鳥ではないのかなあ。かすかに「ぐげっ」と鳴いたような気もするのだがなあ。

山口幹文
2005年11月10日
©2005 Motofumi Yamaguchi

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 09, 2005

中村夕海 2005年11月9日

20051109yumiさむぅぅい!!

昨日の帰り道、波の花が飛んでました。
今朝は道路脇にみぞれ。そして海を見れば、もう冬のようです。

Posted by kodoblog | | Comments (2) | TrackBack (0)

船橋裕一郎 2005年11月9日

20051109yuichiro

ハブシリーズ第2弾。

Posted by kodoblog | | Comments (4) | TrackBack (0)

Nov 08, 2005

Kaoru Watanabe Nov 8 2005

In the world of Okinawa Buyo (classical dance), there is no one with the esteem or prestige of Sato Takako here in city of Naha. The history of Kodo's relationship with Sato sensei goes back about twenty years when Kodo- still unknown to most of the world and not yet able to properly afford a decent hotel- visited Okinawa. Sato sensei and her husband Yamauchi san offered Kodo to stay in their house- many players slept on the floor of her beautiful hardwood practice hall. Since then Sato sensei has visited Kodo in Sado to teach some of the basics of Okinawa buyo and has always been a gracious host when we visit Okinawa, something we do not nearly as frequently as we would like. Sato's sensei's influence is also strongly felt when Kodo's apprentices every year learn one of her dances, Boreboshi, from one of her most distinguished pupils Mitsue san who now lives in Sado (having married Kodo's stage director Masafumi- she also now performs with the trio group Hanayui with Chieko san and Yoko san).

On the 5th and 6th, for the first time in the long history between Sato sensei and Kodo, we have performed together on stage in a concert titled Shima Musubi. "Shima" meaning "island", and "musubi" meaning "a tie or knot", or in this case a connection or bond, referring to of course, Okinawa and Sado.

I had the honor of playing a fue accompaniment to one of Sato sensei's dances, sitting along side a distinguished sanshin (Okinawan shamisen) teacher Higa sensei. Each of Sato sensei's graceful and nuanced movements and gestures were full of meaning- the circles she traced on the ground symbolizing the bond between Okinawa and Sado and the silken cloth she danced with at times stretched out like a bridge between the two islands.

I felt each of Sensei's movements carried the weight of Okinawa's painful history- culminating with the decimation of much of their civilian population during WWII- each gesture seemingly a part of some grand prayer. However, her movements also carried the lightness and playful joy that all Okinawan people seem to have in their hearts- it seems like every single Okinwan I have met loves to share in other people's company and to express that love through song, dance and drink.

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 07, 2005

松浦充長 2005年11月7日

20051107mitsunaga

沖縄ツアー、楽屋での一こま(写真左)
楽屋が幼稚園だったためイスも小っちゃい!洋ちゃん、ずーっと「壊れそう・・・」とつぶやいてました。

舞台監督のひととき(写真右)
プレーヤーがアップしているとき、舞台監督はしばしの休憩・・・

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 05, 2005

齊藤栄一 2005年11月5日

本日も沖縄です。
沖縄公演本番の報告などは、ちゃんとした人がやると思うのでアタシは別の視点からね。

ん〜、今日はこちらに来てから一番暑かった様な気がします。だって凄んごく汗かいたもん。その分オリオンビールが美味しいくて嬉しい。
でもこう暑いと、どうしても違和感を感じてしまう事があるのね。それがこれ。

20051105eiichiまぁ、オーストラリアではサンタさんがサーフィンしてるって云うけど。やはり世の中は広いなぁ。
もっともっと見聞を広めねば。

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

船橋裕一郎 2005年11月5日

20051105yuichiro

こ、これは…

Posted by kodoblog | | Comments (2) | TrackBack (0)

Nov 04, 2005

阿部一成 2005年11月4日

20051104kazunari

この島に降り立って三日ほど。

目から耳から鼻から舌から、皮膚の無数の毛穴から。
沖縄の空気感が
徐々に徐々に
細胞に染み込んできています。
佐渡に戻れるかな…
(温度差かなりあるし)

屋台でいただくオリオンビールと沖縄そば(島とうがらしを垂らして)、舌妙です!

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

松浦充長 2005年11月4日

どうも、みつです。

沖縄に入り二日目、稽古していたものが舞台で照明が入りかたちになってくると、「島結び」の意味が自分の中にだんだん湧いてきます。

さてさて。

20051104mitsunaga

空港での写真。飛行機を降りると突き刺すような日差しがお出迎え。写真右の顔を隠しているのは鼓童実験放送局のあの方です。

つづいてバスがくる間の待ち時間。早速ゴーヤチップスを購入 「にがっ!!!」

そして今回公演する沖縄国立劇場です。なんかガジュマルのなかにあるようです。

でもこの青い空。沖縄ですね〜。だって11月ですよ、いま!

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

齊藤栄一 2005年11月4日

さて、明日はいよいよ沖縄公演本番。稽古も順調に進んでます。
と、云う訳で今日はご褒美の休暇。アタシはカヤックツアーに参加・・・

なんて冗談よん。

20051104eiichi

これは'02の沖縄ツアーでの一コマ。
今回の沖縄では休日無いけど、太鼓と踊りで沖縄の皆さんと交流を深めたいと思っています。

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

船橋裕一郎 2005年11月4日

20051104yuichiro

さすが沖縄、やっぱり沖縄

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

Nov 03, 2005

齊藤栄一 2005年11月3日

今日は国立劇場おきなわ・大稽古室でのお稽古。(稽古に集中している為、残念ながら映像はありません)

今年の四月に佐藤先生方に佐渡へお越し頂いて合同稽古した後、北と南のそれぞれの島で創った部分のニュアンスの摺り合わせをしたり、新しいアイディアを形にしたりと、非常に有意義な一日でありました。

みっちり稽古をして、「お疲れ様でした」と声を掛け合い外へ出てみると太鼓の音が・・・もうすぐ午後10時だと云うのに、劇場の外の公園では地元の人々が集まって『エ
イサー』の練習をしていたのでした。

20051103eiichi

沖縄、やっぱり熱いです。

P.S.
あれだけ稽古した後なのに、若者達は共演させて頂く阿嘉先生達と飲みに夜の沖縄へ繰り出して行きました。う〜ん、熱過ぎる。

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 02, 2005

船橋裕一郎 2005年11月2日

20051102yuichiro元気ですか〜

※管理人コメント
バナナおぢさんも裕一郎くんも、沖縄に着いたらまずソーキそばとオリオンビールなんですねえ。
しかし、ツアー班は三日から佐藤太圭子先生とびっちりリハーサル。沖縄の空気は国立劇場にて満喫することになるようです。

ソーキそばパワーで頑張れえ〜! ダァ〜

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

齊藤栄一 2005年11月2日その2

20051102eiichi24種類の利き泡盛やりながら書いとります。
肴はミミガーと海ぶどう。
う〜ん、それぞれ美味い!
今度は違う4種類を試そうっ。

さて、先程コンビニに行ったら「沖縄すば」(「そば」ではありません)が置いてありました。お湯をかけるだけでOK。
昼間も公設市場でソーキそば食べたばかりなのに思わず買ってしまった。
やはり、その土地の料理って良いよねぇ。

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

齊藤栄一 2005年11月2日

沖縄に到着。

暑いのが苦手なバナナおぢさんは気温が少々心配だったのですが、着いてみるとそれ程暑くもなく(22〜23度位?)ホッとしてます。
これは小さい秋なのでしょうか。

早速、食べる物なら何でも揃う(真っ青なお魚とか豚の顔とか)公設市場に行って来ました。
(カメラを持って行かなかったので残念ながら映像はございません。)
まっ、他のメンバーも行くでしょうから誰か写真を送るでしょう。

これは今晩の楽しみを色々買い込んできたんですけど、これから稽古があるので暫くオアズケです。

20051102eiichi

Posted by kodoblog | | Comments (2) | TrackBack (0)

Nov 01, 2005

KERS148.1 鼓童実験放送局 第50回


11月1日 第50回 (18'46" 8.6MB)

  • パーソナリティー:山口幹文
  • 実験放送局50回記念プレゼント企画 抽選と発表!
  • 実験対談 山口幹文×hajimeさん(ピアノパフォーマー)
    • 北海道から、演奏旅行で新潟を回った機会に、佐渡までお越し下さいました
    • 必殺技、デモ演奏ファイル付きメール
    • ピアノとカホンを同時演奏?
    • 打ち込みと生演奏
    • 鼓童とセッションをするならば
  • 齊藤栄一 厠の100W!

♦♦実験放送局50回記念プレゼント企画!♦♦
当選者の方々、おめでとうございました。追って管理人より各種ご案内のメールを差し上げます。惜しくもはずれてしまった方々、本当にゴメンナサイ。引き続き実験放送局をよろしくお願いいたします。

本日実験対談に出演下さったhajimeさん、ありがとうございました。お気楽に出演をお願いしてしまいましたが、快く引き受けてくださいました。hajimeさんのサイトHajime's Show Roomへも、皆様どうぞお立ち寄り下さい。

鼓童公演の感想、実験放送へのお題・リクエスト、その他なんでも
kodoblog@kodo.or.jp
まで。メールお待ちしています!

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)