« September 2005 | Main | November 2005 »

Oct 31, 2005

洲崎拓郎 2005年10月31日

20051031jicchanじっちゃんさんより漫画を頂きました。

非常に素晴らしく、現在の齊藤栄一を捉えている(と私には思える)ので、じっちゃんさんの快諾を頂いた上で、皆様にもご紹介いたします。

(スペースの都合により、縮小してあります。じっちゃんさんゴメンナサイ)

しかし…、コワイ…。

Posted by kodoblog | | Comments (12) | TrackBack (0)

Oct 30, 2005

松浦充長 2005年10月30日

20051030mitsunaga

New!
鼓童のパソコン普及率は99%ぐらいなんです。
新しいパソコンを買うときはいろいろ悩むのですが、鼓童はほとんどがMacなんです。

雅幸(写真右)。
甘い物大好き雅幸君。今回パソコンを初めて購入。
あまりの白さにショートケーキと間違えたのでしょうか?

Posted by kodoblog | | Comments (11)

Oct 29, 2005

松浦充長 2005年10月29日

松阪公演の思い出。

20051029mitsunag1

いやー秋のツアーが終わり佐渡に帰ってきたものの、寒いっす!こたつを出してしまうほど寒いのが苦手な自分・・・

さてさて、松阪公演実行委員長の松本さんは、自分が研修生のとき鼓童塾に参加した塾生さんなんです。松本さんはお寿司屋さんの若旦那!

打ち上げの料理ときたら松阪牛にお寿司!大トロが出てきたときは、みんなで携帯持ち出して記念撮影でした。

20051029mitsunaga2

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

Oct 28, 2005

洲崎拓郎 2005年10月28日

20051028takuro

わはははは。
これは誰でしょう。
わはははは。

初々しいぃ〜!
わはははは。

どんな人生をたどると、ここから「厠の100W」もしくは「バナナおぢさん」へ辿り着くんでしょうねえ…。

Posted by kodoblog | | Comments (8) | TrackBack (0)

Oct 27, 2005

世間のヒロイモノ 【71】

〜おつまみ〜(ニューヨーク)

20051027motofumi

スタジオ録音でお世話になる「コンソール」という音響機器です。

これで音を混ぜたり調整したりする訳ですが、いつもながら一基ウン千万円以上という価格と、華麗なるつまみの群れに目が眩みます。目分量でつまみ一個あたり二万円以上にはなりますか。おつまみとしては、カラスミなどより高級であると言えます。


山口幹文
2005年10月27日
©2005 Motofumi Yamaguchi

Posted by kodoblog | | Comments (2) | TrackBack (0)

Oct 26, 2005

KERS148.1 鼓童実験放送局 第49回


10月26日 第49回 (15'48" 7.6MB)

  • パーソナリティー:山口幹文
  • 斎藤菜月の鼓童村ニュース
  • 実験対談 山口幹文×谷口大介
    • 沖縄出身でございます
    • 沖縄と佐渡を比べると
    • 島結び〜鼓童・佐藤太圭子」のご案内
    • 佐藤先生には20年来お世話になっています
    • 琉球舞踊はとっても難しい
  • 齊藤栄一 厠の100W!

♦♦実験放送局50回記念プレゼント企画!♦♦

  • プレゼント賞品(各一名様)
    • Aコース
      実験放送局に(電話で)出演、山口幹文と楽しいお喋り
    • Bコース
      鼓童メンバーサイン入りの太鼓の皮
  • 応募方法
    • 希望するコースを明記の上、kodoblog@kodo.or.jpまでご応募下さい
    • 両方のコースへの応募はご遠慮下さい。どちらか一つでお願いいたします。
  • 〆切
    10月31日深夜まで
  • 当選発表
    11月1日以降の放送にて発表。当選者には別途メールでお知らせいたします。
ふるってご応募下さい!

鼓童公演の感想、実験放送へのお題・リクエスト、その他なんでも
kodoblog@kodo.or.jp
まで。メールお待ちしています!

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

齊藤栄一 2005年10月26日

皆さん、ご無沙汰しております。
バナナおぢさんです。

良い季節でございますわねぇ。
とは云え、この時期忙しいのよ、アタシ達ってば。
紅葉を楽しむ余裕もちょっと位は欲しいなぁ。

忙しいと云えば、佐渡の「おけさ柿」も良い感じで出荷されている様です。
アタシ「おけさ柿」大好きよん。
ちょっと柔らかくなった頃が最高なのよ!

んな訳でバカ写真をどうぞ。


〜おけさおぢさん〜

20051026eiichi

Posted by kodoblog | | Comments (3) | TrackBack (0)

洲崎拓郎 2005年10月26日

20051026takuro

“びえい”作曲者みずから楽器のチェック。

バリ島から届いた「グランタン」という楽器を一台一台確かめております。
決して露天商を始めたわけではありません。

この竹は日本のものとは品種が全然違うようで、肉厚でとても良く鳴ります。日本で竹の音と言えば、鹿威しなどの「カコーン」でしょうけど、インドネシアでは「コロコロ、コンコン、ブーン」などなど、丸みと低音が感じられます。

真似の出来ない違いがあればこそ、出会いや交流が面白くなると言うものですね。竹ひとつ取ってみても、そんなことを感じました。

あ、トメちゃん、仕事の邪魔してごめんね。

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 25, 2005

世間のヒロイモノ 【70】

〜手入れ〜(イギリス)

20051025motofumi

近くに要人が来るため、警察が楽屋のチェックに来たところです。

コワモテ警官の緊張と威厳が、はしゃいでいるとしか見えない、耳と口のだよ〜んとなったビークル犬によってうやむやとなってしまったのは残念と言うべきか。

終了後、鞄の一部がワン君のよだれで光っていました。


山口幹文
2005年10月25日
©2005 Motofumi Yamaguchi

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 24, 2005

洲崎拓郎 2005年10月24日その2

20051024takuro2

あはははは。
これは誰でしょう。
あはははは。

つるつるだ〜!
あはははは。

あ、先生、「世間のヒロイモノ」が一週間途絶えております。
そろそろネタを頂かないと…。

Posted by kodoblog | | Comments (9) | TrackBack (0)

洲崎拓郎 2005年10月24日

20051024takuro

ツアー班が帰ってきました。
静かだった鼓童村が(いつもの事ながら)一気に賑やかになります。


稽古場では、車座になってツアーの反省会。
どうでもいいけど土橋くん(右側)、あなたのその左足はなんですかね?

左下
武志くんと裕一郎くん。早速、沖縄ツアーの楽器チェックをしております。結構大変?
あ、武ちゃん、コンピュータを買い換えるっていってたよねえ。注文しとくう?

右下
知弘くん。ツアー直後ですが、爽やかな笑顔ですなあ。家族との再会は如何でしたでしょうか。

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 20, 2005

十河伸一 2005年10月20日

20051020shinichi研修生の一年生とメンバー数人で柿の発送作業でした。

佐渡の秋をお届けします。

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 19, 2005

洲崎拓郎 2005年10月19日

明日、頸城希望館というところで行われる公演、「高橋竹山&鼓童の仲間たち」のため、佐渡汽船に乗って移動です。

乗船客その壱
黙って読書にふけっております。たまには黙ります。

乗船客その弐
稽古用のテープを聴きながらご就寝。睡眠学習?

乗船客その参
出航後まもなくは、沢山廻りを飛んでいます。おのおのの顔立ちに結構個性があることを、今回発見いたしました。被写体の彼もしくは彼女は、割と穏やかめ。

20051019takuro

Posted by kodoblog | | Comments (11) | TrackBack (0)

Oct 18, 2005

新井和子 2005年10月18日

20051018kazuko仕事を終えて、保育園にお迎えに行く途中の美しい夕焼け。
日が短くなった季節の楽しみです。

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 17, 2005

世間のヒロイモノ 【69】

〜驚きの工業デザイン〜(佐渡・ニューヨーク)

20051017motofumi

両者とも機能性・操作性・採算といった諸事情を勘案した結果でしょうが、制作者が後々この「びっくり顔」を面白がる人間の存在を予期していたかどうか、ぜひとも知りたいところです。

ちなみに、TIMEだったかLIFEだったかで、この手のものを集めた写真集が出ていました。英語版ですが写真集なので関係無し。充分に楽しめます。


山口幹文
2005年10月17日
©2005 Motofumi Yamaguchi

Posted by kodoblog | | Comments (2) | TrackBack (0)

KERS148.1 鼓童実験放送局 第48回



10月17日 第48回 (16'08" 7.7MB)
  • パーソナリティー:山口幹文
  • 斎藤菜月の鼓童村ニュース
  • 実験“電話”対談 山口幹文×齊藤栄一
    • 京都でお忍び…自転車で行ったの?
    • 舞台を観ること、お客さんの反応を感じること
    • 十二月公演の準備
    • ちらっと、どんな公演になるか教えて
    • 京都の町をぶらぶら
    • 十二月公演に向けて、お客様へ一言
  • 齊藤栄一 厠の100W!

一週間近く間が空いてしまい、申し訳ありませんでした。見捨てずお付き合い下さい。
鼓童公演の感想、実験放送へのお題・リクエスト、その他なんでも
kodoblog@kodo.or.jp
まで。メールお待ちしています!


Posted by kodoblog | | Comments (4) | TrackBack (0)

Oct 16, 2005

松浦充長 2005年10月16日

20051016mitsunaga

「お行儀良く」

さる打ち上げでの一場面。
みんなお行儀良くエプロンつけて、お肉を目の前におあずけの状態。

しかし、いざ焼くとなると競争率の高いお肉の前ではエプロンは邪魔!
食べ始めたらみんな取っちゃいました。

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 13, 2005

Kaoru Watanabe Oct 13 2005

Performed again at the Cave. Wish I had taken my camera to show everyone. When the audience walked into the main gallery, they found themselves amongst musicians scattered about the room. A cellist here, a bassist there, a guitarist sitting on a chair, a clarinetist standing on a box in the corner, all dressed in white. There were about seven Butoh dancers, all dressed in white as well. Four were standing on small individual platforms built again a wall, a few feet above everyone's head, leaning forward from their perches, held from falling by elastic material tied against their abdomens. The three dancers on large boxes on the floor were similarly connected to the wall via the white elastic material, this time however wrapped around their faces, thus obscuring their identities and expressions. Quite a striking impression. For the next half an hour or so, the "sound painting orchestra" and dancers demonstrated incredible communication and continuity with their abstracted movements and melodies. Next, two more dancers improvised to a video projection focused directly on the dancers body. Finally it was my turn, playing fue with a remarkable Japanese percussionist Tatsuya Nakatani and accompanying the improvisation of five Butoh dancers in the middle of the room. Tatsuya produced every sound imaginable from his drums and cymbals, without ever really using them in a conventional manner. Bells and gongs were dropping on the floor as a result of his enthusiasm and polite members of the audience would pick them up and place them at his feet.

I played different fue but found the Noh Kan the most suitable to the dancing and percussion. Although the stuff I played on the shinobue was hardly melodic in the conventional sense of the word, just the fact that at one point I was playing a succession of notes made it sound almost out of place in relationship to what was going on around me. It was a challenge to come up with new sounds and melodies but it was tons of fun.

I think a strong musical connection occurred that evening and both the audience and the performance seemed happy about the outcome. I think there was something in the concert for everyone... interesting music, dancing, lighting, atmostphere. Afterwards, a man approached Tatsuya and I, as we, drenched in happy sweat, were chatting. He thanked us for the great performance, apologized for asking such a superfluous question and then asked me where I bought my shoes.

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

齊藤栄一 2005年10月13日

20051013eiichi1

バナナおぢさんの冬支度。

今年は自転車にハマリ過ぎてキリギリス状態です。
この薪小屋2つで一冬分なのよ。
まっストックは1年分あるので、玉切りにして割れば良いだけなので、量的には問題ないけど。

1年半外に寝かしておいたら、勝手に天然椎茸が出て来ます。


20051013eiichi2

バナナおぢさんのバカ写真。

もう、時間無いんだから遊ばないのっ!

Posted by kodoblog | | Comments (11) | TrackBack (0)

Oct 12, 2005

Kaoru Watanabe Oct 12 2005

I visited St. Louis on my way home from San Jose- where I gave my final fue workshop of the month- to spend some time with my parents. Luckily, there was a St. Louis Symphony Orchestra rehearsal in the morning so I was able to hear the orchestra for the first time since getting over a two month long strike at the beginning of the year. The Orchestra sounded great- I could tell even through the start-and-stops of the rehearsal, with an influx of energetic young players added to the experienced great veterans that I grew up listening to.

I was talking to my mom backstage during one of the breaks when suddenly she grabbed the arm of a bearded man passing by. She thanked him for coming to the Orchestra and told him how much she appreciated having him there and he in return said it was he who felt deep gratitude. At first I had no idea what they were talking about, thinking he was a new violinist to the Orchestra that I had simply never met before. As it turned out, he was a member of the now nonexistent Louisiana Orchestra.

Orchestras from all over the country opened many of their extra positions to musicians who lost their jobs, their livelihoods, and possessions- including priceless instruments- to the recent hurricane and floods in New Orleans. This man was a violinist who was at home during the storm. He stayed in his house for eight days with no running water or electricity and no substantial supply of food. He admitted to breaking into a neighbors home out of desperation. "I left a note!" he added showing his humanity and good humor through the tragedy. He spoke of being reunited with his cat after having to leave her behind when he was finally able to evacuate.

It was very touching to see musicians helping each other out in times of need, both financially and in spirit. What with the devastating storms, earthquakes and other calamities both natural and man made in the US, Pakistan, Russia, Africa, Israel, Iraq and virtually every other country in the world, whether its in the form of the avian flu, roadside bombs, poverty, disease, political corruption, racism, classism, etc etc etc it's heartening to see the small humanitarian acts that still show up, even in the worst of situations. I had to leave the rehearsal early to catch a flight back to New York. I did get to hear the first lush, dissonant, searching chords of a Saarinen symphony on my wait out. They seemed a perfect sound for our times.

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 11, 2005

KERS148.1 鼓童実験放送局 第47回



10月11日 第47回 (15'52" 7.6MB)
  • パーソナリティー:山口幹文
  • 実験対談 山口幹文×見留知弘
    • 久世でお休み…やっぱり洗濯
    • 久しぶりの三宅ソロ
    • 最近、呑んでる?
    • 若手メンバーは頑張っていますか
    • 緊張の、モノクローム一番
    • 雅幸が故郷に錦を飾…れるか?
  • 齊藤栄一 厠の100W!

鼓童公演の感想、実験放送へのお題・リクエスト、その他なんでも
kodoblog@kodo.or.jp
まで。メールお待ちしています!


Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

世間のヒロイモノ 【68】

〜反対〜(長野県)

20051011motofumi

米の自由化に対する米国へのメッセージでしょうか。裏向きになってはおりますが、その断固たる姿勢は見ての通りで筋金入り。農産物に限らず、地球規模の商売とは難しいものです。

※この軍手の意味するところがご不明な方は、ハリウッド系アクション映画を観るか、ご近所のラッパー、もしくは米国人にお訊ね下さい。


山口幹文
2005年10月11日
©2005 Motofumi Yamaguchi

Posted by kodoblog | | Comments (3) | TrackBack (0)

Oct 10, 2005

阿部一成 2005年10月10日

20051010kazunari

菊川での宿は、和室四人部屋。

移動日の朝、おもむろに、研ちゃんが体操を始めました。

このまま二度寝に入ることもしばしば…

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 08, 2005

斎藤菜月 2005年10月8日

20051008natsuki

家から戻りカツオがきました!
昨日二匹ともさばいたので、今日のお昼に食べてください〜

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

阿部一成 2005年10月8日

20051008kazunari

皆さん、お元気でお過ごしでしょうか。今日は10月8日。ある人の誕生日です。とても美しい詩を紡ぐ人です。僕らも日々、強くて美しい舞台を紡いでいきたいです。

本日は山口県美東町。開演前、夕陽が空を真っ赤に染めました。

染まる雅幸。
染まる鼓童トラック。

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 07, 2005

Kaoru Watanabe Oct 7 2005

20051007kaoru

Until recently my good friend Crissy taught at an inner city high school in East Los Angeles and she asked if I were willing to come in and talk to some of her former students about the fue and about Japan in general. She had made an announcement a few days earlier, that anyone interested could come by and hang out after school on a Friday to hear me talk and play. Considering it WAS after school on a Friday, we were both surprised when about fifteen people, both students and teachers showed up. It turned into a full blown lecture/demonstration that lasted almost an hour, the students and teachers asking very difficult questions and many of the students taking notes.

Crissy told me about the students in the school later, about how most spoke English as a second language, many were new to the country, how many were involved in gangs or had even been in jail. But she also spoke of how when you showed these kids trust and respect. they could do anything they put their minds to, whether passionately discussing Shakespeare or Homer or reciting ten minute long speeches without using notes. It was an extraordinary experience for me to speak in front of those kids and have them listen with such fascination to the sound of the Noh Kan and shinobue. It made me want to teach high school until Crissy told me how much work she put into it- sleeping only a few hours a day, even on weekends, to grade papers and prepare her lessons. If only I were a better person.

After I played a little on the fue, one young man raised his hand and asked me "how do you feel when you play the fue?". What an amazing question! I spent about ten minutes trying to answer that one, examining how I felt when I played jazz on Western flute compared to how I felt when playing Noh Kan. What answer did I end up with? I felt "Japanese". What a strange thing to say.

After the class, a young woman came up and asked if I could play the theme song from "Titanic". I've never regretted not knowing a melody as much as I did then.

Posted by kodoblog | | Comments (4) | TrackBack (0)

阿部一成 2005年10月7日

20051007kazunari美東の交流会にて、実行委員会のお手伝いの方々と。
注…右から二番目の方がえび大好きだそうで…

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

世間のヒロイモノ 【67】

〜旧猿人〜(新潟県)

20051007motofumi

野ざらしになった直列猿人の亡骸たち。

人間の手によって造られ酷使され、挙げ句の果ては排泄物が汚いだの声がでかいだのと糾弾されてこの始末。

いずれ彼らの食料も払底し、新種の猿人に取って代わられるのでしょうが、それはそれでこれはこれ。よく見ると体液が漏れているので、責任者はちゃんと合法的に埋葬するように。


山口幹文
2005年10月7日
©2005 Motofumi Yamaguchi

Posted by kodoblog | | Comments (2) | TrackBack (0)

後藤美奈子 2005年10月7日

沖縄の夜は、長い。

みんながみんなそうではないのかもしれませんが、打ち合わせやお稽古、普通に12時をまわります。
鼓童の事務所も夜は長いけどそんなもんじゃないです…。

皆さん昼間は普通に仕事をして、その後に稽古や趣味やお付きあい。
舞踊の発表会やイベント時期だと、お稽古を2か所3か所ハシゴするのも珍しくないそうです。


島結び」のジョイントでご一緒する沖縄のメンバー。
将来を期待されている舞踊家のみなさんです。
とってもおもしろくて、すてきな方々です。
(ファンの方も多いと聞いております。)


左から

神谷武史(かみやたけふみ)さん
阿嘉修(あかおさむ)さん
伊佐幸子(いささちこ)さん
嘉数道彦(かかずみちひこ)さん


あらたな沖縄とのお付きあいが始まっています。

20051007minako

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 06, 2005

Kaoru Watanabe Oct 6 2005

20051006kaoru

This is a picture of Shoji.

He is a taiko player in LA who has been playing since he was very small and whose training and performance experience has included San Jose Taiko, Kenny Endo, Taiko Project and a two year stay in Japan studying around with many great teachers, including Mitsuru's father, an acclaimed tsuzumi player. He and I got together to do a performance at the new space , the Forum at the Japanese American National Museum. As soon as I arrived in LA, he invited me to his studio crammed with taiko, drum sticks, various percussion, guitars, mic stands, recording equipment, amplifiers, cases, CDs and very little room to sit. Although we had met two or three times in the past ten years ago, this was our first time performing together.

We soon found a musical common ground, both having been steeped in American rock, funk, hip hop, electronica and jazz vernaculars as well as being familiar with the language of Japan's Edo Matsuri Bayashi, Kabuki, Gagaku, and Noh. We funkified Japanese melodies and Japanesized free improvisation electronic music. We coupled the sounds of Gagaku's flute, the Ryuteki and the sound of Shoji's Tuvan throat singing. For the finale, we used five microphones arranged in a circle, each with a different effect placed on it, whether an echo or a warped reverb or octaves or whatever else Shoji could come up with. We played around with the different sonorities, moving from one microphone to another, the two of us trying to avoid each other while playing in the limited space in which the microphones restricted us. We only had a few collisions by the end - I almost lost hold of my fue at one point- and came out with nothing broken.

The concert as a whole was very rough around the edges, but we both had fun. We both felt that there was a lot of potential for future collaborations. All the pieces were in their experimental stages, but improved each run-through during rehearsals and sounded even better the day after the concert when we got together again to document what we had performed the previous day. It was a relief to see a like minded musician, obsessed with practice and study and who was willing and able to just relax and play music, unadorned and honest.

Thanks to everyone at JANM, especially Sabrina and Tom for putting everything together.

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

谷口大介 2005年10月6日

〜昔取った杵柄〜

20051006daisuke

上越の小学校で行われたワークショップにて、鼓童初期のプレイヤー、十河伸一が久しぶりに屋台囃子を叩きました。

屋台囃子というのは皆さんご存知の通り腹筋がキツいもの。
久しぶりにやると、それこそ叩くどころではないはずですが、そこはマラソンが趣味の伸さんらしく、こつこつと稽古をしていました。同じく上越に行った宮崎正美との、9月23日の白熱の稽古の様子です。

やはり昔取った杵柄、奇麗なフォームで淡々と打ち込んでいました。

Posted by kodoblog | | Comments (2) | TrackBack (0)

世間のヒロイモノ 【66】

〜泉田誠一さんから〜(愛媛県)

20051006motofumiあの橋は「沈下橋」と言って、四国の山間部によく見られる橋です。

上流が大雨等で、増水したさいに、文字通り水没します。
幅は、車一台分の物から、バイク一台がようやく通れる物まで様々です。
欄干が無いのは、水没した際に、流木等の流れてきた物がぶつかって壊れるのを防ぐ為です。その為、しばしば車が転落する事故があるそうですよ。

ちなみに、撮影場所は四万十川上流の旧西土佐村で、しばしば代表的な四万十川の風景として紹介されます。

幹文のコメント

増水したら水没・・・・・。
車やバイク一台分の幅に、欄干だけではなく照明も見当たりません。
暗くなったらイノチガケですね。

橋の袂で、じっと考えあぐねる若葉マークさんとかいないのでしょうか。
一瞬だけローマ遺跡のようにも見えたりして、色々な意味で味わい深い橋だと思います。

投稿ありがとうございました。


山口幹文
2005年10月6日

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

後藤美奈子 2005年10月6日

20051006minako

11月の公演準備で沖縄にきています。

まぶしいわ、暑いわ…。 身体が佐渡仕様になっていたので、ちょっと動くと汗だくです。

道行く人々はみな半袖、ちょっと年配の女性は日傘をさしてます。

  • まだ夏の空。
  • 右上
    ウェブログに投稿する写真をとる鬼澤綾子。
    ちょうど沖縄にきて一年です。
    みかけは変わってない、と思いますが…。
  • 右下
    国立劇場おきなわ
    立派でございます。
    大劇場もこじんまりしていて、ここでの鼓童の太鼓は大迫力だろうなぁ…。
いろいろな方にお世話になって、公演の準備が進んでいます。

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

齊藤栄一 2005年10月6日

バナナおぢさんの太鼓作り体験。

やはり太鼓打ちなんですから、一度は太鼓を作ってみないとね。
この三日間、様々な工具を使用致しましたが、しかし大変な作業でございます。

昔の人は全部手仕事だんたんだよなぁ。

20051006eiichi1


屋台囃子チェンソー

内側を削る舞台監督


20051006eiichi2


こんなのが…

こんな感じに

「無視」できない

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

Oct 05, 2005

鬼澤綾子 2005年10月5日

20051005ayako早いもので沖縄に来て今日で一年になります。

そして、佐藤先生と鼓童のジョイント公演も一ヶ月後にせまりました。

おかげさまでチケットも着々と売れております。お申込はお早めにどうぞ。きっと素敵な舞台ですよ。

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

KERS148.1 鼓童実験放送局 第46回



10月5日 第46回 (16'36" 7.9MB)
  • パーソナリティー:山口幹文
  • 斎藤菜月の鼓童村ニュース
  • 実験対談 山口幹文×齊藤栄一
    • 欅の太鼓作り
    • まだ虫がいる
    • 作業は指導を受けながら、自分たちで
    • 太鼓のバチの作り方
    • 角材をカンナで削る、一本30分
    • ヤスリはかけずに、ガラス片かカッターの刃を立てて仕上げ
    • 既製品よりは、愛着の湧く手作りを
  • 齊藤栄一 厠の100W!

鼓童公演の感想、実験放送へのお題・リクエスト、その他なんでも
kodoblog@kodo.or.jp
まで。メールお待ちしています!


Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

世間のヒロイモノ 【65】

〜昭和は遠く〜(京都・新潟)

20051005motofumi

これを見て、私の年代ですと、

食堂の椅子→お子様ランチ→小さな旗→百貨店屋上の乗り物。
バスの椅子→ボンネットバス→女性の車掌さん→初代コロンビアローズ。
といったところに落ち着きます。

古椅子や 昭和は(やや)遠く なりにけり・・・か。


山口幹文
2005年10月5日
©2005 Motofumi Yamaguchi

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

洲崎拓郎 2005年10月5日

鼓童村から写真を二点。

20051005takuro1

Apisさんにリクエストいただいた、ケヤキの太鼓製作風景です。

鼓童が舞台で使うような太鼓ではなく、ご覧のようなものでございます。完成の暁には、どんな音が出るのやら。

写真左はお休み中の舞台監督風間正文、右はご存じ厠の100Wでございます。

以前にもこんな写真を掲載したことがございました。こちらもご覧下さい。


20051005takuro2

お昼ご飯。
ほうとう、のような昼食でした。
一ヶ月とちょっと前には、「あぢぢぢぢ」とか言いながらECで汗を拭き拭き働いていたのに、もう最近は「このうどん、あったかいねえ〜」などと言っております。

朝晩はそろそろストーブが欲しいような気がします。
私だけかな。

めまぐるしい、季節の移ろいでございます。

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

Oct 04, 2005

世間のヒロイモノ 【64】

〜1/1シリーズ〜(カナダ・イギリス)

20051004motofumi

戦争というものを知るためには、かようなものに触れるのも有効な手段です。

中にはこれを見て闘争本能を高揚させるアホもいるのでしょうが、少しでも想像力働かせれば無邪気にはしゃげなくなるはず。この手のものはプラモデルぐらいで止めておきましょう。

蛇足ながら戦争は物資の浪費、環境破壊の最たるものでもあります。


山口幹文
2005年10月4日
©2005 Motofumi Yamaguchi

Posted by kodoblog | | Comments (4) | TrackBack (0)

Oct 03, 2005

KERS148.1 鼓童実験放送局 第45回



10月3日 第45回 (14'25" 6.6MB)
  • パーソナリティー:山口幹文
  • 実験対談 山口幹文×砂畑好江
    • 広島県福山市にてお休み、お買い物など
    • やっぱり洗濯の話題
    • “峰の風”ツアー中に作ってこわして日々進化
    • 唄が増えた今回のツアー
    • 蓮根饅頭
    • クリームコロッケの衣が湯葉
    • 菜月のツアー合流
  • 齊藤栄一 厠の100W!

鼓童公演の感想、実験放送へのお題・リクエスト、その他なんでも
kodoblog@kodo.or.jp
まで。メールお待ちしています!


Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

世間のヒロイモノ 【63】

〜ゼツエンガイシ〜(京都)

20051003motofumi

最近は見なくなった陶器の絶縁碍子。

親戚の家でも見つけたので、改築時には是非ぼくにと懇願したところ、どうしてこんなものをと不思議がられました。いや、欲望に理由は無いのです。ところで、コードを覆っている方は何と呼ぶのだろうか。被覆碍子とでも呼ぶのだろうかなあ。どっちも欲しいなあ。


山口幹文
2005年10月3日
©2005 Motofumi Yamaguchi

Posted by kodoblog | | Comments (3) | TrackBack (0)

Oct 02, 2005

松浦充長 2005年10月2日

20051002mitsunaga

四国入り!

四国に入ってきました。
四国では愛媛県丹原のみでの公演になります。
今回、来ているメンバー中にも四国が初めての者もいます。

昨日のお休みでは、道後温泉に行った人・松山に買い物・観光など、愛媛を堪能したもようです。

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 01, 2005

Kaoru Watanabe Oct 1 2005

20051001kaoru

Today, I gave one workshop in the morning, one workshop in the afternoon, then a small concert in the evening at a shop/gallery in the International District of downtown Seattle. KOBO AT HIGO has a history going back over seventy years, starting out as a nickel and dime store run by Japanese immigrants. During the war, the owners were relocated into internment camps, but luckily a sympathetic neighbor watched over the store and held onto it for them. Now, the current owners have opened the space up not just to sell Japanese arts and crafts but to present artists and musicians as well. Within the very walls of this building lies the history of Japanese and Japanese Americans living in the United States. It was an honor to continue to add to this history that night.

After playing and speaking solo for about an hour, an old friend Gary Tsujimoto from One World Taiko joined me for a last piece. I would like to extend a warm thank you to everyone in Seattle, especially Binko, John, Gary and Nancy.

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

石塚充 2005年10月1日

20051001mitsuru

本日のオフは愛媛県西条市にてぶらり途中下車の旅。まだまだ暑い、良い天気です。
  • 左上
    彼岸花の群生地を捜し求めて歩きました。昔からなぜか好きなんです。
  • 左下
    あれ? こんなところに正美さん?!
    佐渡にいるはずじゃあ…と思ったらお地蔵様でした。どうも、こんにちは(^O^)
  • 右上
    街中のとある場所の看板。「あづまや」「コカコーラ」…「すてぃーぶです」…誰?!
  • 右下
    なんと白いPAOちゃんに遭遇!!
    か、かわいい… ああ、愛しのPAOちゃんにあいたいなぁ…

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

管理人よりお知らせ

いつも鼓童ウェブログをご愛顧いただきまして、有り難うございます。

鼓童実験放送局ですが、来週から過去の放送を、すこしずつ放送終了とさせていただきます。

出来ればずっと聞いていただける状態にしておきたいのですが、技術的な理由でそうもいかない事情がございます。

ご容赦いただきますよう、よろしくお願いいたします。

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

世間のヒロイモノ 【62】

〜焼き栗〜(イタリア・ポルトガル)

20051001motofumi

子供の頃から中国伝来の、極めて東洋的なスナックだと思っていたので、欧州各地で普通に売られているのを見てびっくりしました。

きっとあちら様からしてみれば、日本にもあるのかと驚かれるのでしょう。フランスやスイスでも食べてみましたが、見た目も味も日本のものが一番のように感じます。
・・・あ、値段も一番だ。


山口幹文
2005年10月1日
©2005 Motofumi Yamaguchi

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

齊藤栄一 2005年10月1日

20051001eiichi

バナナおぢさんのバカ写真。

スポーツの秋なので愛車でサイクリングをしていたら、椎茸に混じって、こんなキノコを見つけました。

カワヤキラメキタケ(毒)
食べると必要以上に明るい性格になり、無意味な言動が多くなる。命に別状は無いが家族は恥ずかしいらしい。

食欲の秋。こんなキノコには気を付けよう。

Posted by kodoblog | | Comments (8) | TrackBack (0)