« KERS148.1 鼓童実験放送局 第45回 | Main | 洲崎拓郎 2005年10月5日 »

Oct 04, 2005

世間のヒロイモノ 【64】

〜1/1シリーズ〜(カナダ・イギリス)

20051004motofumi

戦争というものを知るためには、かようなものに触れるのも有効な手段です。

中にはこれを見て闘争本能を高揚させるアホもいるのでしょうが、少しでも想像力働かせれば無邪気にはしゃげなくなるはず。この手のものはプラモデルぐらいで止めておきましょう。

蛇足ながら戦争は物資の浪費、環境破壊の最たるものでもあります。


山口幹文
2005年10月4日
©2005 Motofumi Yamaguchi

Posted by kodoblog |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:

Listed below are links to weblogs that reference 世間のヒロイモノ 【64】:

Comments

全く、おっしゃる通りです。戦争ほど愚かな行為はありませんよね。
皆できることならば、「大砲」ではなく「太鼓」を打ち鳴らしていたいものです。

Posted by: 助さん | Oct 4, 2005, 10:04:11 PM

助さんと、同じく・・・
大砲では なく、「太鼓」・・・いいですね。

笛を持ったり、平和になりますね。
笑顔がいっぱいになりますよね。

毎日のように こちらのブログにお邪魔しています。
福島潟以来、つい身近に感じてしまっています。わたしのブログにも書いたのですが、
娘が 幼稚園で ミニ コンサートをやりました。
この子たちが、大きくなったら、どんな世の中に なっているのかな。。。

Posted by: よしこ | Oct 4, 2005, 10:50:31 PM

子どもたちの未来が少しでも明るくなるよう、頑張らなければなりませんね。私、将来子どもができたら太鼓、教えたいなぁなんて思ってます。笑顔でいっぱいの未来…いいですね。

Posted by: 助さん | Oct 5, 2005, 12:13:08 PM

>助さん
>よしこさん
大砲の代わりに太鼓とくれば、銃の代わりに笛でしょうか。
いずれにせよ、世界各地の紛争や戦争のニュースを聞くたびに、人間は歴史から何も学んでいなのではないかと思ってしまいます。
あれだけ戦争に使う知恵や労力や時間があるのなら、もっとマシなことが出来るはずなのですがねえ。

Posted by: 幹文 | Oct 5, 2005, 4:26:28 PM

Post a comment