« 松浦充長 2005年10月2日 | Main | KERS148.1 鼓童実験放送局 第45回 »

Oct 03, 2005

世間のヒロイモノ 【63】

〜ゼツエンガイシ〜(京都)

20051003motofumi

最近は見なくなった陶器の絶縁碍子。

親戚の家でも見つけたので、改築時には是非ぼくにと懇願したところ、どうしてこんなものをと不思議がられました。いや、欲望に理由は無いのです。ところで、コードを覆っている方は何と呼ぶのだろうか。被覆碍子とでも呼ぶのだろうかなあ。どっちも欲しいなあ。


山口幹文
2005年10月3日
©2005 Motofumi Yamaguchi

Posted by kodoblog |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:

Listed below are links to weblogs that reference 世間のヒロイモノ 【63】:

Comments

被服を覆っている方は「碍管」と呼ばれるそうです。
ヒーターのリード線や熱電対の導入に現在でも使用されているとかなんとか。

しかし、マニアックすぎますなあ。普通の人が見たら「ポカーン」でしょう。いえ、ワタクシにはとても良く理解できますが。

ペーパー電気工事士 拓郎

Posted by: Takuro | Oct 3, 2005, 11:20:42 AM

>たくろうさん

ご教示ありがとう。
う〜ん、そんなにマニアックですかねえ。
発電所のでっかいヤツも欲しいけれど、あれは置き場に困るよねえ。

こんなこと書いていると、違う意味で「アキバ系」とか思われたりして・・・・・。

Posted by: 幹文 | Oct 3, 2005, 3:02:43 PM

古き良き「アキバ系」ですな。
それならワタクシ、胸を張って世間に言えますよ。「アキバ系」でござい。
ラジオデパートに行って、抵抗やコンデンサやトランジスタやスイッチやらを眺めていると、わくわくいたします。

ここでこの二人で盛り上がっているのは変ですな。みなさますいません。

Posted by: Takuro | Oct 3, 2005, 3:12:00 PM

Post a comment