« August 2005 | Main | October 2005 »

Sep 30, 2005

KERS148.1 鼓童実験放送局 第44回



9月30日 第44回 (16'34" 7.9MB)
  • パーソナリティー:山口幹文
  • 斎藤菜月の鼓童村ニュース
  • 実験対談 山口幹文×船橋裕一郎
    • 裕一郎にファンレター
    • トラック運転手もやってます
    • 今日は岡山から四国へ
    • 最近のプロレス界
    • 総合格闘技より、純プロレス
    • 巡業中プロレス団体のトラックとすれ違うと嬉しい
    • 車内の音楽は、プロレスラーの入場曲
    • いつか太鼓で入場曲を
    • マチさんへ一言メッセージ
  • 齊藤栄一 厠の100W!

お題・リクエスト、放送に関するなんでも
kodoblog@kodo.or.jp
まで。メールお待ちしています!


Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

世間のヒロイモノ 【61】

〜厚くてごわごわ〜(ベルギー)

20050930motofumi

とある教会で見たネウマ譜(中世の譜面)。

ラテン語のグレゴリオ聖歌とかでしょうか。何となく判るが良く判らないというシロモノですが、四カ国語で書かれた「触っちゃ駄目よ」は良く判ったので、見つからぬようそっと中世の感触を確認いたしました。

重なると日本人の良識を疑われますので、皆さんは真似をしないで下さい。


山口幹文
2005年9月30日
©2005 Motofumi Yamaguchi

Posted by kodoblog | | Comments (2) | TrackBack (0)

齊藤栄一 2005年9月30日

20050930eiichi

ども、栄一どぇす。
良い季節になりましたでございますねぇ。

アタクし毎晩の様に焼酎のお湯割りを頂きながら、生きているヨロコビを噛み締めております。

今晩の肴は何に致しましょうや。

さて。

今年も熱〜い鼓童塾(齊藤栄一の太鼓編)が9月21日〜25日に行われました。
難しい事は考えずに兎に角叩いて楽しむ4泊5日。
20人の塾生さん達が、思い思いの叩き方で楽しみました。

因にこれまでの最高年齢参加者は74歳の女性。男性の最高は69歳。
太鼓初めての方でも大丈夫。

さぁ、そこの躊躇してるあなたっ。来年は迷わず鼓童塾に応募しよう!

Posted by kodoblog | | Comments (12) | TrackBack (0)

Sep 29, 2005

世間のヒロイモノ 【60】

〜只今満開〜(佐渡)

20050929motofumi

佐渡の美味いもののひとつに「蕎」があります。

つなぎ無しのいわゆる「田舎蕎」ですが、これがつるつるしこしこで美味いこと美味いこと。そしてアゴ(トビウオ)からとった出汁がこれまた絶品。

・・・何だかお国自慢みたいだなあ。で、これはご近所の蕎畑。満開の花の間を、ミツバチが忙しそうに飛び交っています。


山口幹文
2005年9月29日
©2005 Motofumi Yamaguchi

Posted by kodoblog | | Comments (3) | TrackBack (0)

Sep 28, 2005

世間のヒロイモノ 【59】

〜明日のたらい舟〜(佐渡)

20050928motofumi

地元ではハンギリと呼ばれ、このような磯ネギ(磯漁)に使われます。

今日は不漁らしく、おとーさんは手にした小さなアワビをポイと捨て、あっという間に遠くへ去ってしまいました。
漁だけでなく、舟底に強化ガラスを嵌め込んだり、センターボードとセールを取り付けて帆走したりと、色々楽しめそうな気もしますが…。


山口幹文
2005年9月28日
©2005 Motofumi Yamaguchi

Posted by kodoblog | | Comments (3) | TrackBack (0)

洲崎純子 2005年9月28日

この度、「ワールド・イベント・ビレッジ」という動画配信サイトで「佐渡特集」が行われ、この中で鼓童の活動とECが紹介されます。

「佐渡特集」は9/28(木)〜10/26(水)まで、週替わりで配信されます。この特集では、ECから小木祭りまで縦横無尽に佐渡を巡った取材クルーの皆さんによって、様々な場面が紹介されます。ぜひ、ご覧ください。(なお、こちらのサイトは無料視聴できるものと、サイト会員が利用できるサービスがあります。)

World Event Village

From the world - 日本 -
〜世界をつなぐ島を旅して〜
取材・文 / WEV編集部
  • 9/29(木)〜
    たからじまウォーキング
    佐渡島の大自然。スロードライブ、ジョニ・ウェルズさんの紹介
  • 10/6(木)〜
    カルチャーの交差点
    佐渡の風土とそれが作り出した「参加する」文化。能、NPO主催者、マーカス・ソトさん、梨の木地蔵「おこもり」
  • 10/13(木)〜
    鼓童という生き方
    佐渡島にベースを置く太鼓芸能集団「鼓童」とその活動を紹介。ステージ、メンバーインタビュー、研修所の一日など
  • 10/20(木)〜
    世界をつなぐもの
    佐渡のお祭りを紹介。EC、安寿天神祭り、オープンな佐渡の家庭で交流するベルギー人カメラマン・ヨハンの映像など

このサイトは世界各地の文化、音楽ライブや祭りなどを、映像、写真、レポートなどで紹介しており、フィールドプロデューサーと呼ばれる世界各地にいるジャーナリストやカメラマンが、現地に密着して取材しているそうです。

私は取材対応で、この撮影クルーと共にECから小木祭りまでをご一緒しました。取材を通じ、私自身もいろいろな経験をすることができ、さて、どんなふうにまとまったか、とても楽しみです。

Posted by kodoblog | | Comments (2) | TrackBack (0)

Sep 27, 2005

KERS148.1 鼓童実験放送局 第43回



9月27日 第43回 (14'08" 6.7MB)
  • パーソナリティー:山口幹文
  • 斎藤菜月の鼓童村ニュース
  • 実験対談 山口幹文×石塚充
    • 今日は移動日、お昼休み中
    • よしえさん、ごましおさんへ一言
    • トラックの運転手
    • 大きな車を運転するのは好き
    • バスとは別ルートで観光したりして
    • トラックの運転は難しい?
  • 齊藤栄一 厠の100W!

放送中でもお願いいたしましたが、8月22日の記事にコメントを頂いた「hiroshima」さん、是非
kodoblog@kodo.or.jp
までご連絡下さい。お願いいたします。

お国のお墓事情、その他お題・リクエスト、放送に関するなんでも
kodoblog@kodo.or.jp
まで。メールお待ちしています!


Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

土橋達也 2005年9月27日

20050927dobashi

みつるの豚キムチ丼!

※管理人コメント
徐々にファン獲得しつつある、石塚充のお昼ご飯、と言う図。
彼は今回トラック運転手も兼任しております。移動日なので、高速道路のサービスエリアにて、トラック助手の舞台監督土橋くんに撮影をお願いしました。
おいしい?

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

世間のヒロイモノ 【58】

〜若鶏のブロードウェイ風〜(チベット)

20050927motofumi

ラサの市場に並んでいました。何だかミュージカルの一シーンを観ているようです。

六人で歌って踊る

Yeah!!の掛け声でキメのポーズ

照明カット

拍手の中で転換

というところでしょうか。
「二列目の黒いのは烏骨鶏じゃないですか!?」とは当ブログ管理人の弁。おお、高級品だ。


山口幹文
2005年9月27日
©2005 Motofumi Yamaguchi

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 26, 2005

世間のヒロイモノ 【57】

〜窓辺の達磨〜(ベルギー)

20050926motofumi

手編みレースは修道女の手仕事として、ボビンレースは良質の麻を産したベルギーで確立され、18世紀までは主に司祭の衣装の一部に使われていたとのこと。
昔から貴重な工芸品だったのですねえ。

もちろん一介の笛吹きには手も足も出せません。窓越しに見る高嶺の花でありました。


山口幹文
2005年9月26日
©2005 Motofumi Yamaguchi

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 25, 2005

斎藤菜月 2005年9月25日

20050925natsuki

大阪にて準メンバー四人でたこやきを食べました。
鳩にも食べられました。

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

Sep 24, 2005

阿部一成 2005年9月24日

20050924kazunari

「合流」〜摂津〜

関西エリアを廻っています。

愛媛生まれ東京育ちのわたくしなぞは、こちらのほうへくると自然と、言葉づかいも西寄りにさしかかります。


さて、

鼓童実験放送局で活躍中の菜月が、ツアーの空気を肌で感じて勉強するために、3日間ほどの日程で合流しました。

舞台監督土橋達也より、なにやら指導を受けております。

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

KERS148.1 鼓童実験放送局 第42回



9月24日 第42回 (13'29" 6.4MB)
  • パーソナリティー:山口幹文
    • 福島潟で笛を吹いてきました
    • 潟舟体験
    • お国の“お墓事情”教えてください
  • 実験対談 山口幹文×中村夕海(スタッフ)
    • 佐渡・岩首生まれの鼓童スタッフ
    • 今年は9月18日に岩首祭り
    • 助(すけ)打ち、やりました
    • 研修所OBも祭りにやってくる
    • 岩首自慢
    • 嫁に行くなら…?
    • 毎年、敬老の日の前日がお祭り、是非どうぞ
  • 齊藤栄一 厠の100W! 鼓童塾開催中の研修所から、電話で100W!

お国のお墓事情(なんちゅうお題だ…)、その他お題・リクエスト、放送に関するなんでも
kodoblog@kodo.or.jp
まで。メールお待ちしています!


Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (1)

洲崎拓郎 2005年9月24日

20050924takuro1先日23日、新潟市にある水の公園福島潟にて、“第8回 福島潟自然文化祭”が行われ、山口幹文が笛のコンサートにて参加させていただきました。

本番は夜でしたが、船に乗って登場という演出のため、明るいうちにリハーサル。これが写真のような船で、慣れない身にはなかなかスリリングな乗り物でありました。
写真の山口、完全に腰が引けております。

リハーサル後には、船頭さんのご厚意で、特別に船に乗ってあちこち見て回らせてもらいました。静かな水面、沢山の鳥たち、希少なオニバス。30分くらいでしたが、心が洗われました。

お近くにお住まいの方は、是非一度足を伸ばされることをお勧めします。
水の公園福島潟

20050924takuro2

心洗われる山口幹文…という図

Posted by kodoblog | | Comments (12) | TrackBack (0)

世間のヒロイモノ 【56】

〜獅子奮迅〜(沖縄県八重山)

20050924motofumi

沖縄・八重山へ行った時の楽しみのひとつに、この屋上の獅子(シーサー)見物があります。

睨みをきかす正統派、悪霊を軽くいなすひょうきん派、ちょっとデッサンおかしい派まで色々あり、首が痛くなるのを忘れます。
いずれにせよかんかん照りの南の島で、今日も島民を護り続けているのです。

山口幹文
2005年9月24日
©2005 Motofumi Yamaguchi

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 23, 2005

世間のヒロイモノ 【55】

〜子供の遊び〜(チベット)

「低学年」

20050923motofumi1

男子の定番チャンバラです。

私も散々棒切れを振り回したもので、非力な我が身に重ねるのは「赤胴鈴之助」か「隠密剣士」でしたが、ラサの子供達が描く英雄は誰なのでしょうか。
この後、右の男の子は素手でサーベルに立ち向かっておりました。真剣白刃取りを教えるのだった。


「高学年」

20050923motofumi2

子供の頃は大人と子供の住み分けがあり、玉突きは大人の世界に属するものと思っていたので近付きませんでした。その辺の事情がどうなっているのか、ラサで聞けば良かったなあ。


山口幹文
2005年9月23日
©2005 Motofumi Yamaguchi

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 22, 2005

Kaoru Watanabe Sep 22 2005

20050922kaoru

There is a small art gallery in Williamsburg in Brooklyn called CAVE Gallery.

I held my first fue concert in New York there on a clear Thursday evening with friend trombonist Jacob Garchik. Very small but very appreciate audience was in attendance and the music felt good. It was a very loose program filled with some very nice improvisational dialogue and only a little too much talking on my part.

Thank you Cave and Jacob and for everyone who came and listened.

Posted by kodoblog | | Comments (2) | TrackBack (0)

世間のヒロイモノ 【54】

〜山岳鉄道〜(スイス)

20050922motofumi

スイス山岳地帯の市民の足です。

赤い方は引退済みのケーブル式(乗ったのは現役車両)で、青い方は現役のアプト式。
どちらも速度は出ませんがその分景色を楽しむことができ、何よりも、急勾配を力強く確実に進む働きぶりがこの私とは対照的で、まあ、その辺が誠によろしく思われるのでした。


山口幹文
2005年9月22日
©2005 Motofumi Yamaguchi

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 21, 2005

Kaoru Watanabe Sep 21 2005

20050921kaoru

I spent two days in Boston, giving fue and taiko workshops to a group there called Odaiko New England. My first workshop in the US had ended without catastrophe, although I considered sore muscles after doing too many pushups a minor personal catastrophe. We spent a total of six hours over the course of two days working on the fundamentals of playing fue and on working on playing with more clarity and unity of rhythm and nuance on the taiko.

Odaiko New England is a very hard working group, led by Elaine Fong and Mark Rooney- two extremely dedicated taiko players. Thank you to O.N.E. and especially to Mark for setting everything up and Elaine for the home stay and red wine!

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

斎藤菜月 2005年9月21日

20050921natsuki佐渡から無事に、ツアー班に合流できました。

公演会場へは迷わず着けたんですが、建物内で迷いました。
エレベーター内の写真です。

ドアを閉じて一階のボタンを押しても、一階に行ってくれませんでした…。
数分たって「開」を押したら、さっきと同じところでした!
なので階段で会館に入った次第です。

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

阿部一成 2005年9月21日

20050922kazunari

「司馬遼太郎記念館」

東大阪にて。

ホテルから近かったので、歩いて行ってきました。

まず蔵書の量に圧倒されます。

空間としてとても心地よいところでした。

裕一郎はかなりの司馬作品を読んでいるそうです。

一成は学生の頃に「燃えよ剣」(土方歳三のお話)を読んだきりですが、最近なぜか鎌倉を歩きたい願望が強いので、街道をゆくシリーズの三浦半島記を買ってみました。

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

世間のヒロイモノ 【53】

〜凹みの真意〜(オーストリア)

20050921motofumi

世間のヒロイモノ 【53】

〜凹みの真意〜(オーストリア)

全体的にセンスの良いベッドメイクなのですが、二つ並んだ枕に注目。

どうやらメイドさんが空手の稽古をしたようです。単に直すのを忘れたのか、あるいは日本贔屓であることを伝えようとしたのか。それとも「心付けを忘れるな」ということだったのかなあ。忘れたけれど。


山口幹文
2005年9月21日
©2005 Motofumi Yamaguchi

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

谷口大介 2005年9月21日

20050921daisuke

(写真:谷口大介)

※管理人コメント
好評を博しております、実験放送局内“鼓童村ニュース”収録中の斎藤菜月アナウンサー嬢。
それにしても、“第一スタジオ”散らかっております…。

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

Sep 20, 2005

KERS148.1 鼓童実験放送局 第41回



9月20日 第41回 (10'25" 4.8MB)
  • パーソナリティー:山口幹文
  • 斎藤菜月の鼓童村ニュース
  • 実験“電話”対談 山口幹文×土橋達也(舞台監督)
    • ツアーはバッチリです
    • 休みの日はやっぱり洗濯
    • これから立ち飲み屋に行ってきます
    • 充は酔うと、どうなるのか?

お題・リクエスト、放送に関するなんでも
kodoblog@kodo.or.jp
まで。メールお待ちしています!


Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

世間のヒロイモノ 【52】

〜ダラスのやや暑い日〜(アメリカ)

20050920motofumi

あらら。

何の騒ぎかと寄ってみたら白バイの事故でした。転がるハーレーにサングラスの婦人警官がかなりアメリカン。後方に見えるのは、ケネディ暗殺の実行犯が潜んでいたとされている「教科書倉庫ビル(現在は事件の資料館)」で、そこへ見学に行く途中でした。

みなさん、「JFK」は必見の映画(書籍も)ですぞ。


山口幹文
2005年9月20日
©2005 Motofumi Yamaguchi

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

管理人よりお知らせ

20050908qr管理人拓郎です。

鼓童ウェブログ携帯電話の「鼓童実験放送局 携帯版」がau携帯にも対応しました。
ただ、ちょっと古い機種だと聴けないみたいです。すいません…。

掲示しておりますQRコードを携帯カメラで撮影して頂くか、下記のアドレスを携帯に打ち込んで下さい。
「KODO Weblog 携帯電話」というサイトに飛びます。

http://www.kodo.or.jp/mobileblog/

お楽しみ下さい。

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

石塚充 2005年9月20日

20050920mitsuru大好きなひれかつ。

関西では「へれかつ」らしい…。
うーむ

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 19, 2005

阿部一成 2005年9月19日

20050919kazunari1

「小雲取り越え」

新宮公演翌日。

主催してくださった見臺さんのご案内で、熊野古道の「小雲取り越え」というコースを歩きました。

20050919kazunari2

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

世間のヒロイモノ 【51】

〜草原之宝〜(チベット)

20050919motofumi

チベットにあって、ヤク牛は重要な家畜です。
農耕の労働力としてはもちろん、体毛から糞まですべて余すところ無く利用されます。

しかしこの素晴らしい仕組みも、我が国における稲や鯨のように、いつしか時代の流れの中に消えていくのかも知れません。


山口幹文
2005年9月19日
©2005 Motofumi Yamaguchi

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

KERS148.1 鼓童実験放送局 第40回



9月19日 第40回 (8'56" 4.1MB)
  • パーソナリティー:山口幹文
  • 斎藤菜月の鼓童村ニュース
  • 実験“電話”対談 山口幹文×新井武志
    • ツアー中の休み日
    • 洗濯洗濯洗濯

お題・リクエスト、放送に関するなんでも
kodoblog@kodo.or.jp
まで。メールお待ちしています!


Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 18, 2005

阿部一成 2005年9月18日

「王子ヶ浜」

新宮公演当日。
会場のすぐ裏は海でした。

リハーサル後のあいた時間に・・・

この浜は海ガメの産卵地なんだそうです。


20050918kazunari1

〜福田紳太朗、何を思う〜


20050918kazunari2

〜海ガメ…のつもりらしい〜

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

石原雅美 2005年9月18日

20050918masamiishihara

今日は研修所の近く、岩首のまつりでした。

研修生の1年生が2週間前の稽古から参加し、当日、鬼を舞ったりします。
夜には提灯に灯りがともり、よい雰囲気の中、鬼太鼓と獅子宮入します。
写真の上の方に見える提灯のあたりにお宮さんがあります。

境内に上がった後も、ひとしきり太鼓が続きます。

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Kaoru Watanabe Sep 18 2005

Greetings from New York! For a month and a week, I will be in the US giving fue workshops and performances here and there (NY, Boston, Seattle, LA, San Jose) and meeting artists and musicians who I am considering inviting to Sado for Earth Celebration next year. The hunt is on.

Yesterday, I met with an old friend Jacob Garchik, a trombonist who I will be performing with at the art gallery Cave in Brooklyn this coming thursday. I went to his house for about four hours, and in the beginning he gave me an informative lecture on the music, history and differences between various brass bands- the Romanian brass band that came to Sado last year, Fanfare Ciocarlia, Serbian brass bands, Mexican brass bands, Macedonian brass bands, etc. He introduced me to the music Banda, from Mexico, which attracts arena sized audiences and the various genres within- techno Banda, Gangsta Banda, etc. I don't know how he accumulates this information.

We eventually got around to playing some music. I taught him some of my pieces, he taught me some of his. He transcribed the scale system for the Noh Kan (a flute which uses a very non-western scale system- full of microtones and such) and said he was going to try to write a piece for it. We transcribed a Bjork tune that I wanted to play. I don't know if there has ever been a fue/trombone duet concert ever done in the history of music before, but if there was, I doubt they included Bjork in their repotoire.

http://www.kodo.or.jp/hotnews/hotnews.html

Posted by kodoblog | | Comments (2) | TrackBack (0)

Sep 17, 2005

阿部一成 2005年9月17日

20050917kazunari1「部活動」

移動日のお昼やオフ日の夕飯どきにひそかに暗躍する鼓童カレー部(非公式団体)。

この日は和歌山から新宮へ向かう途中、広報部長のみつるくん、鹿肉のカレーに挑戦!!

20050917kazunari2

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

世間のヒロイモノ 【50】

〜甘党〜(ベルギー・ポルトガル)

20050917motofumi

我が国では
【酒豪→男らしい 甘党→軟弱】
という風潮があり、甘党の私としてはこのいわれの無い偏見に苦悩するかと思うとそんなこともなく、甘いもの頬張っては相好を崩しておるわけです。

基本的には母国の煉菓子を天の位といたしますが、かような異国の菓子類にもいたく感動する次第です。


山口幹文
2005年9月17日
©2005 Motofumi Yamaguchi

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 16, 2005

世間のヒロイモノ 【49】

〜あちこちバター〜(チベット)

20050916motofumi

ヤクの乳から作られるバター。
食用はもちろんのこと、こうして寺院の灯明や供物にも使われます。

お陰で薄暗いお寺の中はほんのりと脂肪の匂いが漂い、壁も床も何となくね〜っとりとしており、それだけで「思えば遠くへ来たもんだ」という感慨に浸ることができました。


山口幹文
2005年9月16日
©2005 Motofumi Yamaguchi

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

KERS148.1 鼓童実験放送局 第39回



9月16日 第39回 (10'32" 4.7MB)
  • パーソナリティー:山口幹文
  • 斎藤菜月の鼓童村ニュース
  • 新井和子のウチの子ったら
  • 実験“電話”対談 山口幹文×阿部一成
    • 今日で公演4回目のツアー班から
    • ツアー中の食生活
    • おしぼりうどん?

「懐かしい匂いや音」、その他、放送に関するなんでも
kodoblog@kodo.or.jp
まで。メールお待ちしています!


Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

Sep 15, 2005

阿部一成 2005年9月15日

20050915kazunari
〜ツァラトゥストラはかく語りき〜

9月15日 京都府城陽市にて「締め上げ」作業中。


※管理人コメント
一成くんがつけた写真タイトルは、締め上げ中の充くんを、映画「2001年宇宙の旅」冒頭で、骨を投げ上げる原人になぞらえているのでしょうか。
たしかに、原人のような体力と生命力はありそうだ…

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

松浦充長 2005年9月15日

20050915mitsunaga

みなさん元気ですか。
今日は京都府城陽市の公演です。
ツアーが始まったのでこれから色々書き込みますね。

さて、三宅台に貼ってあるテープなんだかわかります?
これ自分たちは「バミリテープ」って読んでます。
舞台で太鼓や台を置くための印です。

「暗い舞台の中でよく太鼓を出せますね」って言われたことがあるんですが、そういう時は暗闇でも光って見える蓄光テープを使ったりもします。

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 14, 2005

福田紳太朗 2005年9月14日

20050914shintaro

今日の宿泊は京都!京都といえば幕末!
とゆうことで、紳太朗はホテルにチェックインしてすぐに伏見に一人行って参りました。

目的は龍馬も泊まっていた寺田屋です。事前に準備をしていたので迷うことなくたどり着きました。外観もとても味があって、寺田屋だけが周りの建物とは全然違う雰囲気をだしてました。
そしてその後には龍馬グッズのお店に行き、手ぬぐいや新撰組の羽織などを買ってきました。まさに修学旅行みたいな半日でした。

めでたしめでたし。

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

世間のヒロイモノ 【48】

〜願掛け〜(日本各地)

20050914motofumi

こんな世の中でさぞやお忙しいことと思いますが、弥勒下生のその日(注)まで、どうか(信心やお布施の程度に関わらず、私と、余裕があれば私以外の)迷える衆生をお救い下さい。

(注)釈尊の生没年に諸説あるため、およそ56億7千万年弱後と勝手に推定。


山口幹文
2005年9月14日
©2005 Motofumi Yamaguchi

Posted by kodoblog | | Comments (5) | TrackBack (0)

Sep 13, 2005

世間のヒロイモノ 【47】

〜廃船〜(茨城県土浦市)

20050913motofumi

このような木造だと、廃れ具合もに風情があって美しいものです。

このまま時が経てば分解・腐敗し、いずれは地球とひとつになるのでしょう。その様子を「早回し」で見てみたいものだなあ。
船は跡形も無く朽ち果て、ペンキで書かれた数字だけが水面に漂い、その数字と西暦が一致していた。なんて、SF映画のラストシーンみたいで面白そう。

山口幹文
2005年9月13日
©2005 Motofumi Yamaguchi

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

KERS148.1 鼓童実験放送局 第38回



9月13日 第38回 (12'20" 5.6MB)
  • パーソナリティー:山口幹文
    • お聴きの皆様の、懐かしい感じする匂いや音を教えて下さい。
      メールお待ちしています。
  • 実験対談 山口幹文×齊藤栄一
    • 自転車対談
    • 東京から佐渡まで自転車で来た(幹文)
    • 子供の頃、いろは坂を自転車で登った(栄一)
    • 新聞配達のあるバイトも自転車だった(幹文)
    • 佐渡一周220Kmを二日で走破(栄一)
    • 「自転車のススメ」というまとめ
  • 齊藤栄一の厠の100W!

「懐かしい匂いや音」、その他、放送に関するなんでも
kodoblog@kodo.or.jp
まで。メールお待ちしています!


Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

Sep 12, 2005

KERS148.1 鼓童実験放送局 第37回



9月12日 第37回 (5'40" 2.1MB)
  • ツアー班からの電話〜新井武志
  • 実験対談 斎藤菜月×中村夕海(スタッフ)
    • 斎藤菜月は気仙沼出身
    • 中村夕海は佐渡・岩首出身
    • 同年齢二人の、ゆるーい方言対談
幹文・栄一両パーソナリティーが不在のため、妙な放送になってしまいました。“実験”の放送をお楽しみ下さい…。

放送に関するなんでも
kodoblog@kodo.or.jp
まで。メールお待ちしています!


Posted by kodoblog | | Comments (4) | TrackBack (0)

管理人よりお知らせ

20050908qr管理人拓郎です。

鼓童ウェブログ携帯電話にて、
「KODO One Earth Tour PhotoBlog」と題しまして、ツアー班からの写真などを掲載していくことにいたしました。

基本的には、こちらの「本家」鼓童ウェブログに掲載したものから、ピックアップしてお届け致します。

掲示しておりますQRコードを携帯カメラで撮影して頂くか、下記のアドレスを携帯に打ち込んで下さい。
「KODO Weblog 携帯電話」というサイトに飛びます。

http://www.kodo.or.jp/mobileblog/

※お〜い、ツアー班のメンバーっ!あなたがたのメールが頼りだからね〜。はよ送ってくれえ〜!

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

世間のヒロイモノ 【46】

〜得物の格付け〜(佐渡)

20050912motofumi

私の好きな渡津神社の流鏑馬神事。射手が子供ですからこんな具合です。

古来弓や刀は霊力を持つものとされ、様々な儀式に用いられてきましたが、十手・手裏剣・吹き矢などにそのような出番はありません。出自・殺傷能力・製作費の違いでしょうか。

山口幹文
2005年9月12日
©2005 Motofumi Yamaguchi

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 11, 2005

阿部一成 2005年9月11日

20050911kazunari

見送るケヤキ
見送るヒトビト
見送るシロヤマ

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 10, 2005

渡辺薫 2005年9月10日

My secret ghost writer graciously translated my last weblog entree into Japanese for me for the benefit of all my Japanese readers.
Enjoy!

皆さんこんにちわ。

Earth Celebrationが終わってからもうニ週間過ぎました。
数ヶ月間、計画、話し合い、メール書き、練習、舞台作り、検討、討論、不眠、好天を祈り、重いものを持ち運び、虫避けの心配をし、演奏、トンでもないMCをしてしまい、舞台をバラシ、後片付け、等々、総て終了した所で、僕は 冬眠ならぬ夏眠をとりました。
と云う訳で、やっと深い眠りから覚めた時にECに来て頂いた方々、ウェブログの読者の皆さんにご挨拶が、すっかり遅くなっている事に気がつきました。

大勢の皆さん、遠い所をご来島有難うございました。又国の内外からエールを送って下さった方々にお礼を申します。

客演して頂いた、柿沼さん、カルロス、パンチョ、シュルソ、パロマ、そして鼓童のプレイヤーの皆さん、僕が長い間、頭の中に描いていたイメージを全力を出して実現してくれた事に対し、充分な感謝の言葉を僕は知りません。
鼓童のスタッフ、プレイヤー、舞台では見えない縁の下の力持ちの人達のお蔭で、2005年のECは多くの人達に大きな感動を与える事が出来たと思います。

ECに来て下さった、一人一人が新しい出会い、楽しい思い出、そしてこの地上には、色々の人達が住んでいるのだという事を肌で感じてこの美しい佐渡を去ってくれた事を願っています。
十八年もの長い間 アース・セレブレーションをこれだけの規模の祭典に育てて下さった地元小木町、佐渡の方々にもお礼とおめでとうを申します。

空も雲も僕の希望通りにやってくれました。特に全部が終わり、お客様を乗せたフェリーが小木港をゆっくり離れる時、鼓童の送り太鼓の響きと同時に、感動の大雨を割れる様な雷鳴と一緒に降り注いでくれた、天の演出に拍手を送ります。
三日目の夜、最前列、中央で僕達の演奏の間中涙を流して居た若い女性の姿に気が付きました。ECの成功の為に全身全霊を尽くし頑張った皆の努力を、この女性の涙が報いてくれたのだと感じました。

皆さん、有難う。

Posted by kodoblog | | Comments (2) | TrackBack (0)

山口康子 2005年9月10日

みなさんは「ホワイトバンド」ってご存じですか?
今日9月10日は、Whiteband Dayなのだそうです。

「ほっとけない 世界の貧しさ」キャンペーンというものがありまして、
http://www.hottokenai.jp/

以下はそのホームページのメッセージです。

3秒に1人、子どもが貧困から死んでいます。食べ物がない、水が汚い、そんなことで。この状況を変えるには、お金ではなく、あなたの声が必要です。貧困をなくそう、という声を表すホワイトバンドを身につけてください。

ホワイトバンドは2本で600円ほどの安いもので、募金が目的ではなく、貧困をなくそうという声を「ホワイトバンドをつける」アクションで現すというものです。

私もごく最近知ったばかりで、「それならホワイトバンドを買おう」と思っても売り切れ状態で、実際は手元にはまだありません。

今日9月10日は、日本全国各地でイベントが行われているようです。
新潟のイベント情報のところを見ていたら、「まだ持っていない方は、白い布を巻いてもらってもOK」と書いてありました。
おおそうかあ。ホワイトバンドを買うことが募金につながるというものではないので、何はともあれアクションをするってことが大事なのですね。

Posted by kodoblog | | Comments (3) | TrackBack (1)

洲崎拓郎 2005年9月10日

20050910takuro

ツアー班、今朝出発致しました。
ツアーバスと、運転手三態。

下の充くんは、「財布の中に10円しか入っていない!社会人としてまずい」と、この表情でした。
稽古で忙しかったからね。
銀行にも行けないよね。
うんうん。

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

世間のヒロイモノ 【45】

〜三狸〜(遊鼓さんより頂きました)

20050910motofumi

谷汲山 華厳寺(岐阜県揖斐郡)にいた狸。
あ然としました。全然「みざるいわざるきかざる」の
意味を成していないじゃないかっ!
 * * *遊鼓* * *


うわっ、遊鼓さん。こりゃまたオモロイ画像を・・・・・・。
しかし、おおらかと言うか大胆と言うか・・・・・・・。

そもそも日本人は裸体や性に対してはこの狸の如く太っ腹だったようで、佐渡にも男根に見立てたLLサイズの、結構リアルな棍棒を振り回す神事がございます。
それにしても確かに狸では意味が通じず、まったく意味不明ですねえ。
住職、ぜひご説明を!!

山口幹文
2005年9月10日

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 09, 2005

KERS148.1 鼓童実験放送局 第36回



9月9日 第36回 (11'26" 5.2MB)
  • パーソナリティー:山口幹文
  • 斎藤菜月の鼓童村ニュース
  • 実験対談 山口幹文×金子竜太郎
    • 子供の頃から音楽
    • 鼓童に入ったきっかけ
    • 研修生時代の暮らしは天国
    • 北海道で“ヤクインズ”公演
    • 秋のワン・アース・ツアーについて
放送に関するなんでも
kodoblog@kodo.or.jp
まで。メールお待ちしています!


Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

世間のヒロイモノ 【44】

〜晩夏〜(新潟角田浜)

20050909motofumi

あの賑わいは夢だったのだろうか。誰もいない砂浜に響くのは波の音と海鳥の声ばかり。オールの先から弾けて散った水しぶきは、まるで君を飾る真珠のようだったね。

な〜んて恋文を真面目に書こうとしていた昔の自分がチョー恥ずかしい(“チョー”も恥ずかしいか)。

山口幹文
2005年9月9日
©2005 Motofumi Yamaguchi

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 08, 2005

世間のヒロイモノ 【43】

〜三分の一〜(イタリア)

20050908motofumi


イタリア三大劇場のひとつ、華麗にして重厚なサン・カルロ劇場です。

本物の迫力というか、歴史的建造物の、あの独特の重さを感じました。ともあれ、かくも素晴らしい劇場を生み、そしてこれまで維持してきたナポリ市民に座布団一枚、じゃなかった盛大な拍手を!!

ちなみに、ナポリには「ナポリタン」というスパゲッティはありませんでした。

山口幹文
2005年9月8日
©2005 Motofumi Yamaguchi

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

KERS148.1よりお知らせ

20050908qr管理人拓郎です。
この度、ホントに実験的ではありますが、「携帯電話版」実験放送局を始めてみました。

まだFOMA携帯電話でしか聴けません。また、そのFOMA携帯も私は持っていないので、メンバー充長くんのを借りながらチェックして作っております。

なので、いろいろ不具合があるかも知れません。
FOMA携帯をお持ちの方は、是非、実験に参加するお気持ちでお聴きの上、感想や不具合などを管理人までご報告下さい。

掲示したQRコードを携帯カメラで撮影して頂くか、下記のアドレスを携帯に打ち込んでください。
「KODO Weblog 携帯電話」というサイトに飛びます。

http://www.kodo.or.jp/mobileblog/

ご協力、お友達への宣伝、よろしくお願い致します。

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

KERS148.1 鼓童実験放送局 第35回



9月8日 第35回 (11'30" 5.2MB)
  • パーソナリティー:山口幹文
  • 斎藤菜月の鼓童村ニュース
  • 駄菓子対談 山口幹文×熊田勝博(照明家)
    • 鼓童と長いお付き合いの熊さん
    • ラムネ、しゃぶるラムネ、試験管ゼリー
    • サッカリン、ソースせんべい、酢こんぶ、梅ジャム
    • 復刻版の駄菓子は味が違う!
    • ストローで吸う赤い寒天、熊さんの世代はストローが麦わら!
    • 粉のジュース、サイダーは溶かさず舐める
    • ひねったきな粉の飴、くじ付き甘納豆
    • 紙なめてスカ?あたり?
    • ひも付き飴玉くじ
    • 紙ニッキ…
※きりがなかったので途中で消えます。ホントはこの後、ベーゴマから釘投げから、近所の怖いおばちゃんまで、えんえんと懐かしバナシが続いたのであります。
放送に関するなんでも
kodoblog@kodo.or.jp
まで。メールお待ちしています!


Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 07, 2005

世間のヒロイモノ 【42】

〜三猿〜(和歌山)

20050907motofumi

う〜ん、愛嬌があるとも見えるが、近所にいた悪ガキどもをちょっと思い出すなあ。

最近人里に降りて来る野生の猿や熊が問題になっておりますが、環境破壊に対して三猿の如くだった人間に原因があるのでしょう。

山口幹文
2005年9月7日
©2005 Motofumi Yamaguchi

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

KERS148.1 鼓童実験放送局 第34回



9月7日 第34回 (12'32" 5.7MB)
  • パーソナリティー:山口幹文
  • 斎藤菜月の鼓童村ニュース
  • 実験対談その1 山口幹文×齊藤栄一
    • 若かりし頃聴いた深夜放送
  • 新井和子のウチの子ったら
  • 実験対談その2 山口幹文×齊藤栄一
    • 深夜放送、下ネタ?
    • 当時聴いていた音楽
    • エアチェック!
  • 齊藤栄一の厠の100W!

実験対談、ウチの子ったらの感想を聞かせてください。その他なんでも
kodoblog@kodo.or.jp
まで。メールお待ちしています!


Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 05, 2005

山口康子 2005年9月5日

今日から十二月公演の鼓童の会会員先行予約が始まりました。
会員の皆さん! お忘れじゃないですか! 大丈夫ですか!

ところで、ひっそりとオンラインでの受付も可能になったんです。

「これで行ける!受付できる!」という確信がもてたのが、ほんの数日前のことでしたので、機関誌でしっかりお知らせすることができませんでした。
先行予約の申込用紙の片隅に「鋭意開発中!」と書いてあったのを、お気づきの方はどれくらいおられたでしょうか・・・

こんなことが可能になるとは、数年前までは考えてもみませんでしたが、これでお客様とファックス機の負荷が少し軽くなれば嬉しく思います。


下記のリンクをクリックして、新たに開くウインドウの説明をご覧下さい。
先行予約の申し込みには、新たに開いたウインドウ上の右上、「ログインページへ」のボタンをクリックして頂き、ユーザー登録の上、ログインを行って下さい。

なお、一般のお客様もユーザー登録は行えますが、プレオーダーは鼓童の会会員様のみ、ご利用になれます。

鼓童チケット予約サイト「プレオーダー」システムについて

ご不明な点は、鼓童チケットサービス
電話:0259-86-2330
メール:ticket@kodo.or.jp
までお問い合わせ下さい。

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

EC2005写真館 お客様より

Sysopさんより頂きました。

20050905takuro

鼓童「三宅」の師匠にあたる、三宅島芸能同志会の皆さん。
わざわざ佐渡までお越し頂き、アース・セレブレーションに参加して下さる事は、本当に有り難いことです。

一緒に演奏させてもらった知弘くん、充くん、洋介くん。
きっと緊張気味だったんでしょうねえ。

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

KERS148.1 鼓童実験放送局 第33回



9月5日 第33回 (11'46" 5.3MB)
  • パーソナリティー:齊藤栄一
  • 斎藤菜月の鼓童村ニュース
  • ゲスト:渡辺薫
    • 大きなイメージが実現できたアース・セレブレーション
    • 予測できなくてドキドキした柿沼さんの書
    • 苦手なMC
    • 来年のアース・セレブレーションは?
  • 齊藤栄一の厠の100W!〜選挙に行こう

新コーナーのアイディア、ゲストのリクエスト、その他なんでも
kodoblog@kodo.or.jp
まで。メールお待ちしています!


Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Kaoru Watanabe Sep. 5 2005

Earth Celebration ended almost two weeks ago. After finishing all those weeks and months of planning, discussing, e-mail writing, rehearsing, building, heavy lifting, arguing, shouting, not sleeping, praying for no rain, insect repellent spraying, performing, the atrocious MC-ing, tearing down, and cleaning up, I decided to go into hibernation. I filled my belly with nuts and berries and retreated into a small cave to sleep. I just emerged yesterday, yawning and stretching and I realized that I had yet to write to my friends out there who read the weblog and who came to Earth Celebration this year.

First, I would like to thank everybody who came or at least intended to come but for some very good reason couldn't- I hope everyone left Sado with some good memories, some new friends, and a stronger appreciation of the wonderfully diverse world we live in. I would like everybody to know how much I appreciated the dedication and hard work of the staff and all the backstage crew who made my dreams and vision a reality. I give my thanks and appreciation to the guest artists, Kakinuma san, Carlos, Pancho, Xurxo, and Paloma and to the Kodo members for how they offered their bodies and souls into making some very beautiful art together. I would like to thank the weather for being sunny and being rainy at all the right moments during the course of the three day event- not to mention the morning after when the torrential rains suddenly and dramatically began to fall as we were saying goodbye to the ferry as it was pulling out of the port. I would like to thank the people of Ogi and Sado for being such gracious hosts to the festival and really going out of there way to make eighteen years of Earth Celebration possible. I would like to thank the young lady in the center of the front row on the third night who wept uncontrollably as we played, for reminding me what ultimately all that hard work was for.

Posted by kodoblog | | Comments (3) | TrackBack (0)

世間のヒロイモノ 【41】

〜看板の本義〜(ベルギー)

20050904motofumi

子羊のだら〜んがすべてを語る秀逸な看板。皿に載る食材の外面だけでなく、内面までもが表現されています。

ちなみにラムチョップは、仕上げに醤油を少量垂らすと美味さ倍増。
毎日でもラムを食べたいのですが、佐渡では中々手に入れるのが…。

山口幹文
2005年9月5日
©2005 Motofumi Yamaguchi

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 03, 2005

EC2005写真館 お客様より

聖一さんより、CD-Rに焼いた沢山の写真と、嬉しいお手紙を頂きました。その中から一点。

20050903takuro_b

運動会の組体操のようでもあり、先輩が後輩を踏んづけるキビシイ芸の世界が表れているようでもあり、裕一郎のアゴのあたりはプロレスファンだけあってアントニオ猪木さんを意識しているようでもあり。

それにしても、まだ二週間ほど前のことなのに、もうすごく昔のことのように思えてきました。

この写真の抜けるような青空なんて、なんだか遠い思い出…。

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

EC2005写真館 お客様より

Apisさんより頂きました。

20050903takuro

「なんだかB級SF映画で異星人が地球人に紛れ込んでいるような変な感じです〜」

電球星の100W生物、ですかねえ。
手前の赤いTシャツ、新井武志の髪型も、普通の地球人とはちょっと離脱している感じです。

普通の人間はいないのか…?

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

世間のヒロイモノ 【40】

〜辻音楽師(其の五)〜(チベット)

20050903motofumi

珍しい楽器を持った男が向こうの方から来たので、「やあやあどうも」と軽薄な感じで一枚撮ったところ、「༆!!♪&♯♪+༽♭♪÷♪=$↑༻&¥↑ཞ!!」と捲し立てつつ、ファインダーからはみ出すまで迫って来ました。

互いに音も出さずお金も出さずしばし沈黙。
ラサの初日はこうして日が暮れるのでした。

山口幹文
2005年9月3日
©2005 Motofumi Yamaguchi

Posted by kodoblog | | Comments (5) | TrackBack (0)

Sep 02, 2005

EC2005写真館 お客様より

バイクで行った北海道で、出会ったカナダ人にアース・セレブレーションを教えられたという貴弘さんより、沢山写真を頂きました。二点ご紹介。

〜粋な立ち姿〜

20050902takuro1

凛としております。
フリンジ「佐渡の芸能」の一コマでしょうか。
背中から気合いと誇りがにじみ出ておりますね。


〜日本の夏〜

20050902takuro2

同じ背中でもずいぶん趣が違いますね…。
鼓童フリンジの真っ最中。

鼓童フリンジと、二人の女性の後ろ姿。
貴弘さんが、どちらにより注目していたのか、ちょっと気になります。

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

世間のヒロイモノ 【39】

〜起きて半畳、寝て一畳〜(チベット)

20050902motofumi

これぞホンマもんのアウトドアライフ。ヤクの毛で編まれたテント内には、最小限の生活道具のみ。しかし、狭いながらも生きる力に満ち溢れた空間でした。

修学旅行でテーマパークなんぞへ行く暇と予算があったら、ぜひこういう所で本当の「修学」をして欲しいものです。

山口幹文
2005年9月2日
©2005 Motofumi Yamaguchi

Posted by kodoblog | | Comments (3) | TrackBack (0)

齊籐栄一 2005年9月2日

お久し振りです。
残暑が厳しゅうございますわねぇ。
とっとと秋になってくれれば良いのに。

さぁ、食欲の秋に向けてバナナおぢさんのバカ写真。

どーせアタシはイモ男。

〜イモ男〜

20050902eiichi1


〜一山100円〜

20050902eiichi2

Posted by kodoblog | | Comments (6) | TrackBack (0)

Sep 01, 2005

山口康子 2005年9月1日

20050901yasuko

「skype(スカイプ)」ってご存じですか?

インターネット電話みたいなもので、長距離通話でも料金を気にせず話すことができます。
鼓童では、今年の初めに海外ツアー班との連絡などがきっかけで使い始めました。
私は詳しいことはよくわかりませんが、勧められるままにインストールして使っております。
これまでは友人と話したりする程度でしたが、この度仕事で川崎の方から長時間お話を伺う必要があり、先方にお願いして「スカイプ」を導入してもらいました。

いざ通話を始めたら、ヘッドセットをして両手が自由だし、コンピュータを使いながら話したりするのには大変便利です。
最初の日は延々5時間くらいでしょうか、話し続け、ぐったりして「では今日はこれにて」と通話を終了しました。

今日はそれほど長くなかったのですが、事務所のメンバーがスカイプで話中だと気づかずに、そばに寄って話しかけてきます。
ヘッドセットしてるのは、テープ起こしか何かしていると思ったみたいです。
「ずいぶんていねいな言葉遣いで独り言言ってるんで、びっくりしちゃった」と言われてしまったので、ヘッドセットのてっぺんに「ただ今スカイプで仕事中」と看板を作ってみました。
ひと目でわかるようになったけど、ちょっとおまぬけです・・・

Posted by kodoblog | | Comments (5) | TrackBack (0)

KERS148.1 鼓童実験放送局 第32回



9月1日 第32回 (10'46" 4.9MB)
  • パーソナリティー:齊籐栄一
  • 斎藤菜月の鼓童村ニュース
  • ゲスト:齊籐栄一??
    • 一人で会話…
    • 鼓童の会議週間
  • 齊藤栄一の厠の100W!
齊籐栄一の独演会になってしまいました。くだらなくてゴメンナサイ…

EARTH CELEBRATIONの体験談、EC面白写真、新コーナーのアイディア
その他なんでも
kodoblog@kodo.or.jp
まで。メールお待ちしています!


Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

EC2005写真館 お客様より

20050901takuro

終演後の一コマですね。
舞台スタッフにとっては、
「終わった〜」
という感慨と、
「これからバラシ(撤収)だあ」
という気合いが同時に起きる瞬間です。

akaneさんから頂きました。


20050901takuro2

「花の口上」から二枚。
初演出の研三は眼がまっすぐ。
正美はカメラ目線。

一つの公演でも、演奏者によってそれぞれの目線であります。

20050901takuro3

驟雨の送り太鼓。
このシーンは色々な方から写真を頂きますね。
空からの劇的な演出であります。

「花の口上」写真も共に、さとりんさんから頂きました。

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

世間のヒロイモノ 【38】

〜辻音楽師 番外編〜(小樽市)

20050901motofumi

ギター
もっと楽器を寝かせ左肘を上げる。弦は指で押さえる。

ドラム
右バチを正しく握って、体の向きを両側と合わせる。

ベース
楽器の位置を高く。札が邪魔なので何とかするように。

以上、ダメ出し終了。お疲れさま。

山口幹文
2005年9月1日
©2005 Motofumi Yamaguchi

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)