« May 2005 | Main | July 2005 »

Jun 30, 2005

藤本吉利 2005年6月30日

(吉)さんの楽しいひととき
〜弥彦山に登る〜
(その一)
平成17年6月26日

20050630yoshikazu1

北海道から新潟にもどって来て、26日は休み日。
(有)音大工・代表取締役として活躍して頂いている、佐藤一行さんに誘われ弥彦山に登ることにしました。
まずは、麓にある弥彦神社にお参りした。

20050630yoshikazu2

杉林のなかの平たんな広い道を歩き、いよいよここからが登山道。
鳥居をくぐる時、何となく気持ちが引き締まりました。

つづく。

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 27, 2005

石原雅美 2005年6月27日

20050627masamiishihara

佐渡もいよいよ梅雨入りです。

鼓童村でちいさい梅雨のおともだちの紹介です。
夕海ちゃんが見つけて、てのひらにのせてきました。

ちいさくてもちゃんとツノ出してます。

Posted by kodoblog | | Comments (3) | TrackBack (0)

Jun 25, 2005

洲崎純子 2005年6月25日

突然ですが、この日曜日に放送されますテレビ・ラジオ番組出演情報です!

6/26(日)23:26〜23:30
日本テレビ「縁人(えんじん)」(関東ローカル)で蘭情さん紹介(山口幹文出演)
6/26(日)16:00〜16:20
新潟・エフエムポート「PORT ON SUNDAY AFTRENOON」に齊藤栄一が生出演


日本テレビ「縁人(えんじん)」
各方面で活躍する人たちを支えるスペシャリストを紹介する番組で、長年に渡り、鼓童の笛を作ってくださっている蘭情さんが紹介されます。
約20年前の鼓童・山口幹文との出会いを再現するシーンもあります!
約4分間の番組なんですけど、これまでに取り上げられた方は、ヤンキース松井秀喜のバットを作る職人さん、アテネの女子柔道金メダリストを支えた栄養士の方、炎太鼓・地下朱美さんと浅野太鼓店の専務さん、ほかにもたくさんの錚々たる顔ぶれです。
放送が見られない地域の皆様は番組サイトで紹介されますので、こちらでどうぞ!
http://www.ntv.co.jp/engine/

エフエムポート「PORT ON SUNDAY AFTRENOON」
春のワン・アース・ツアー千秋楽の新発田公演を前に、意気込みをお伝えします!!
こちらも新潟県内だけですが、栄一のことなので、太平洋側まで電波飛ばすかも?!
http://www.fmport.com/

やーん、土曜に告知しても、だめだめじゃー・・・と反省しつつ。ファンの皆様、ごめんなさい!

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 22, 2005

石原泰彦 2005年6月22日

サッカー、盛り上がってますねえ…。
研修所にもあるんです、サッカーゴール。
こんな感じで盛り上がっています。

20050622yasuhiko1

近づくと、こんな感じ。

20050622yasuhiko2

研修生がさばいたイカの一夜干しです。
佐渡はこれから、イカ釣り船の明かりがきれいな季節です。
(そうそう、鼓童にサッカーチームあるんですよ。ユニフォームもあるんです。)

Posted by kodoblog | | Comments (2) | TrackBack (0)

洲崎拓郎 2005年6月22日

いきなり宣伝ですけど、7月20日に鼓童の新アルバム「prism rhythm」(ソニーさんのサイトにトビます)の発売が決定致しました。ぱちぱちぱち(自分で拍手してはイケナイ)

先月末には「Magi」という音楽誌の取材を受けました。
音楽ライター山野雄大さんの、堀つばさとワタクシへのインタビュー。

そうしましたら、本日その山野さんのブログを発見。その日の様子を書いて下さっておりました。

鼓童を論じてトマトケチャップに及ぶ

なんでトマトケチャップなのか。
全ては堀つばさのせいでございます。
おのれの脳味噌にはトマトケチャップが詰まっているのか〜!?

ともあれ、CD買ってくださいねー。
いいのが出来たと自負しております。面白いですよ。

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

Jun 21, 2005

Kaoru Watanabe 21 Jun 2005

A part of Kodo's repertoire since the group's inception, the dance Shi Shi Odori from Iwate Prefecture is held in especially high regard among the players (the name usually implies a dance invoking a mythical lion-like creature although in this case the animal it conjures is more akin to a deer). For me personally, I started learning the dance five years ago when I first became a probationary member of Kodo. It is an especially difficult piece in that the performer has to simultaneously dance, sing and drum, the drum being tied to the waist in front of the body. If this weren't challenging enough, the traditional costume includes a large, rather heavy Shi Shi gashira (headpiece representing a deer), replete with long antlers and locks of long hair, tightly lashed to one's head. Added to that are the Sasara- two long slats of bamboo covered with strips of washi (thick Japanese paper), lashed to one's back so that they stand straight up from above one's shoulders three to four feet. During the duration of the dance, the performer, again while singing and playing the drum, will slap the Sasara on the floor by aggressively bending forward at the waist bringing their head quickly towards the floor. While doing this, the drum must fall between the legs in such a way that the drum's downward swing won't be stopped by the performers legs or by hitting the floor. If done incorrectly, the performers face may possibly smack right into the drum, possibly resulting in a chipped tooth or bloody nose. Not too common an occurrence, but a legitimate risk.

Luckily, today there were no chipped teeth nor bloody noses when six of us were given a 6 hour workshop by the local practitioners of ShiShi Odori here in Esashi the day after our concert in Kitakami. The dance itself has changed gradually over it's hundreds of years of practice as generation after generation bring their own interpretation to it. It had changed enough in the five years ago since we last visited to give us some confusion and distress because we had been practicing from video taken at then. Slight variations in steps and movements were hard to imitate, especially after a different way had been ingrained in our bodies. To add to that, the lessons were not given in Japanese but in the Tohoku (Northern Japan) dialect. To give just one example, in standard Japanese "shi shi odori" is pronounced "shee shee Odoree". Up here, they would say something like "suzhoo odoru". It reminds me of being in Northern Ireland last year and asking a local man what the young people in the area did for fun. He told me about the many "nate cloobs" in the nearby town. It took me about five minutes to figure out that he was talking about "night clubs". But I digress.

The biggest shock of the day came when after hours of being taught by some of the elders of the dance, the newer generation of dancers (including a middle schooler) performed for us. The grace and nuances of the dance were so completely different then from what we had been doing, I felt like that my whole understanding and approach to the dance was completely wrong. The fluidity of their dancing really evoked the movement of deer- it seemed otherworldly and not quite human and very beautiful. A lot of it has to do with with the actual movements and timing, but the biggest difference had to do with the essence of the dance.

It feels like this sort of thing happens all the time when trying to learn different traditional dances, drumming and flute styles found all over Japan from just videos and CDs- something all too common for us in Kodo, due to lack of time and opportunity. One may be able to get a semblance of the steps, the movements and the melodies, but when it comes to the nuance and approach, one really must hear and see and feel the original live, or at least as close to the original as possible. That is why it is important for us to learn from the local practitioners as often as possible, whether the drummers of Miyake Island, or the dancers of Oni Kenbai and Otsugunai Kagura. While it isn't possible to hear John Coltrane perform live now, just to hear someone who played with him will often offer some insight into Trane's music that one can't get from just listening to all of his CDs. We recently rehearsed with some Okinawan musicians in preparation for an upcoming collaboration and I was having trouble getting the right feeling out of the flute melody. I asked the shamisen teacher what the lyrics of the song meant and he translated them for me. They described the beauty of a certain Okinawan port town, about the ships coming in and going out carrying their plentiful cargo and the abundance of crops and the high spirits of the people. He then explained that the town in reference was actually a very poor town, constantly struggling for survival against poverty and that the song was not an actual description of the town as much as a hope and prayer for what the town could be. I thought of my visit to Okinawa a few years back and could imagine what he was talking about and after that, the melody came forth with much less effort. No matter how hard one tries to GET IT, some things just can't be GOT unless you breath the right air and walk in the right shoes. Hopefully my actually performing the piece in Okinawa will give it that bit of color that is missing in my playing now.

So, I didn't take any pictures during the lesson, I was too caught up trying to keep up with what there were trying to teach me, but I did have the presence of mind to take a group picture afterwards. I extend may deepest thanks to the ShiShi Odori folks for their generous time and effort and for continuing their traditions with such pride, respect an devotion.

20050621kaoru

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

Jun 20, 2005

藤本吉利 2005年6月20日

北の大地をあっちへ行ったり、こっちへ行ったり、移動が大変だあ〜っ。

体育館での公演は暑くて大変だあ〜っ。

交流学校公演ツアー用の乗用車は、かなりガタがきていてクッションが大変悪くて振動が身体(お尻)にドカドカと伝わってきます。クーラーが利かないので、これまた、あつ〜い。大変だあ〜っ。

大変だあ〜っ。

ぶつぶつ文句を言いながらも、元気に頑張っています。
後3回で北海道での公演が終わり、苫小牧からフェリーで新潟にもどり、市内の学校で4回公演して6月28日の夜、佐渡に帰ります。
29日は荷下ろし片付け作業して、30日は翌日(7月1日)の鼓童村祭りの準備。大変だあ〜っ。大変だあ〜っ。

なんて言わずに、大変だあ〜っ。を楽しいなあ〜っ。に思い直して頑張りまひょ〜。(吉)

20050620yoshikazu

札幌にて。
(本場の味噌ラーメンうめかった)

Posted by kodoblog | | Comments (2) | TrackBack (0)

Jun 16, 2005

松浦充長 2005年6月16日

20050616mitsunaga1

日高地区の公演が終わり、今日は鰊漁で栄えた留萌郡小平町にやってきました。
鰊(にしん)番屋という、昔漁師さんが寝泊りしていた場所があります。海岸沿いを走っていると大漁旗が一杯飾ってありました。
話を聞いてみると明日はお祭りらしいです。

20050616mitsunga2

Posted by kodoblog | | Comments (3) | TrackBack (0)

Jun 15, 2005

山口康子 2005年6月15日

20050615yasuko

今日は羽茂祭りです。
夜には薪能が行われる草苅神社の舞台で、研修生が「高砂」の連吟をさせていただきました。
連吟というのは、能の中の謡の一部を数人で謡う形式のこと。
「たかさごや〜この浦船に帆をあげぇ〜て〜」という、結婚式などで謡われることもあるおめでたい謡です。
参加したのは、二年生で能を選択しているヒカル、ミズミ、トモの3人でした。

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 14, 2005

石原雅美 2005年6月14日

20050614masamiishihara先週の金曜日。鼓童村では、初夏恒例の『事務所の天井はずし』をしました。
天井をはずすって?と思いの方。
昔の建物を移築した鼓童村では、先人の知恵ともいうべき、障子の天井があるのです。

寒い冬は天井を低く暖かい空気が逃げないように。
暑い夏は吹き抜けに。
写真のようにサーカスさながら、梁を渡りはずしていきます。

曲芸担当は十河伸一です。

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

Jun 13, 2005

藤本吉利 2005年6月13日

20050613yoshikazu

様似ウタリ協会の皆さんとの交流会にて。

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

松浦充長 2005年6月13日

今日は辻勝の母校、様似中学校での公演でした。
昨日の夜から緊張気味だったようです。

20050613mitsunaga1当日、男性更衣室に入ってみると壁に落書きが・・・
本人曰く「これは俺じゃない!」と言っております。
偶然にしては出来過ぎですな〜。

公演のほうは大盛り上がりで辻もびっくりしていました。
笑い声の聞こえる学校っていいっすね。

20050613mitsunaga2みつ「今日の公演どうでしたか?」
辻 「・・・」
みつ「そんな顔せんでも」 

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 12, 2005

藤本吉利 2005年6月12日(2)

(吉)さんの楽しいひととき

20050612yoshikazu2

様似共栄牧場にて、サラブレッドに股がる。
(風を切って走らせてみたいものです。)

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

阿部一成 2005年6月12日

20050612kazunari

交流公演班のみんなで

勝の実家にお邪魔しました。

至れり尽くせりの歓迎をしていただきました。

辻家のみなさま、本当にありがとうございました。

ごちそうさまでした。

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

藤本吉利 2005年6月12日

20050612yoshikazu1

様似共栄牧場(辻家)を訪ねる。


20050612yoshikazu2

(おまけ)
仲良しの馬2頭。

Posted by kodoblog | | Comments (2) | TrackBack (0)

松浦充長 2005年6月12日

20050612mitsunaga

昨日、いよいよ北海道に交流学校公演班が初上陸しました

苫小牧港につくと、お馴染みの鼓童公演・苫小牧実行委員会のお出迎え!
歓迎を受け、名残を惜しみつつ、いざ浦河へ。
そして次の日は休日のため、みんなで辻勝の実家の牧場に遊びにいきました。

牧場を見学した後、藤本吉利以外初めての乗馬に挑戦!
初めて乗った正佳は「かわいい〜かわいい〜」と人一倍馬に魅了されてました。
夜はみんでバーベキュー!!!さすが北海道!豪華でございました。

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

Jun 11, 2005

藤本吉利 2005年6月11日(2)

(吉)さんの楽しいひととき

20050611yoshikazu2

北海道上陸。昼食は大好きな『回転寿司』。
(世は満足じゃ)

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Kaoru Watanabe (2) 11 Jun 2005

At the Haramachi City Cultural Center where we performed, I came across a poster for the 1974 season of the St. Louis Symphony Orchestra with conductor Walter Susskin, displayed in the backstage hallway. My parents have been members of the St. Louis Symphony since long before that and are still members to this day, so I was surprised and somewhat excited to see the poster sitting there on the wall.

The hall itself seemed very new (only two years old I found out later) and I couldn't figure out why there would be such an old poster put up there. Maybe the SLSO came to Japan in 1974 and performed in a hall in Haramachi that no longer existed ? I thought about it but couldn't come up with anything that made much sense.

For one thing, the St. Louis Symphony to my knowledge didn't do too much internationally touring in the 70's and if they did, definitely not in Japan, and most definitely not in Haramachi. Also, the poster only mentioned Powell Hall, the beautiful old concert hall that SLSO calls home, and didn't mention anything about a tour of Japan.

It turns out that when the Haramachi City Cultural Center was built, someone had donated some art work and some old posters to help decorate the place and it just happened that the SLSO poster was among them. In the end, even though there was no real connection between the SLSO and the city of Haramachi, just the poster being there up on the wall made me feel as though there was. There was also something moving about seeing for the first time a St. Louis Symphony Orchestra poster that was made in the same year my brother was born, when my parents were only a little older than I am now.

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

藤本吉利 2005年6月11日

20050611yoshikazu

苫小牧港にて、苫小牧実行委員会の皆さんの出迎えを受ける。

Posted by kodoblog | | Comments (2) | TrackBack (0)

Kaoru Watanabe 11 Jun 2005

The morning after our performance in Haramachi Shi in the Fukushima prefecture, I checked out of the hotel and went out into the parking lot to board the bus.

On the way, I passed three gaijin, two women and a man, with cameras out, who were looking at the Kodo bus. I asked if they had seen the concert the night before and they replied yes. I told them that I was the one playing the flute and they said how much they enjoyed it and that the performance was very good. I asked if they were just hanging out in the parking lot all morning waiting for us to come out. One woman replied incredulously, "No no, we went to Mos Burger for breakfast and on the way home just happened to see your guys' bus" She added "the show wasn't THAT good!" I told them they should come to Earth Celebration on Sado in the summer. The other woman said "We once tried to get to Sado but it cost like 4,000 pounds just to get over there". I offered that maybe she probably lost a lot in the conversion and should try thinking in yen while she's here in Japan. Apparently, what they really wanted was to touch the stomachs of the guys doing the "sit ups piece" at the end of the concert. I said one of them was already in the bus but he's kind of shy and wouldn't want to be touched by strangers. They then asked me if the reason why Yosuke was playing on the back side of the Odaiko, where it was dark and you couldn't see him, was that he didn't have a shapely rear end. In talking to these folk, I realized how much I missed the crass western sense of humor and use of sarcasm and irony.

Finally they went on there way and in parting called back over their shoulders "thank you!" and "have a safe trip!" and finally, "good show last night... not great, but good!"

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 09, 2005

松浦充長 2005年6月9日

20050609mitsunaga

誕生日の日に公演した学校で花束をもらいました。

その小学校での出来事。
小学生「いくつになったの?」
みつ「いくつに見える」
小学生「25才!」(^^)v
みつ「お父さんと同じ歳ぐらいかな 31才だよ」
小学生「お父さん27才!」
みつ「お父さんそんなに若いんだ」(T_T)

30代がんばりましょう。

Posted by kodoblog | | Comments (5) | TrackBack (0)

山口康子 2005年6月9日その一

鼓童では、絵などをいただくことが時々あります。
本日紹介する2点は、わりと最近いただいたものです。
ただいま本部棟の食堂に飾っております。ありがとうございます。

版画は、札幌平岸高校美術部の渡邊ゆかりさん、大橋智子さん、南部佳菜さんの3人で制作されたものです。
題名「Kodoが鳴る」
第5回全国高等学校版画選手権本戦大会(別名「はんが甲子園」)審査員奨励賞を受賞しました。

20050609yasuko1いただいたお手紙
2005年3月24日〜27日、新潟県佐渡市で行われた第5回はんが甲子園本戦大会で、大変お世話になりました。鼓童のみなさんの演奏を取材させていただき、その感動を表現しようと2日間ほとんど眠らないで制作した作品です。技術的には大変未熟ですが、みなさんに是非見ていただきたいと思いまして、作品をお送りします。
佐渡には美しい自然と豊かな文化や芸能があり、そして鼓童のみなさんの演奏を聞かせていただいたことは、一生の思い出となりました。
皆様のますますのご活躍をお祈りしています。また、来年もはんが甲子園本戦大会出場を目指してがんばりたいと思います。
(北海道札幌平岸高等学校 教諭 吉岡隆様より)

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

山口康子 2005年6月9日その二

油絵は、沖田弥寿子さんという方が描いてくださいました。

20050609yasuko2いただいたお手紙
「鼓童」十二月公演のうちの東京公演(文京シビックホール)をみました。“たたいて音をだす”、その単純にして最も難しい音楽を芸術に高めたのが「鼓童」だと思う。

太鼓という円を中心にして音が聴こえた・・・
考えれば普通のことだけど、感じれば、すごい事だ。
私にそれを感じとれたかはわからないけれど、絵で表現してみたら、それは「円」だった。

寄せては返す波動は「海」だった。

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

Jun 06, 2005

中村夕海 2005年6月6日

20050606yumi1

沖縄の魚(編集注:鬼澤綾子の記事をご覧下さい)の次は佐渡の魚です。

今朝うちのお父さんの網で、鯛がたくさん捕れました。
それをお母さんが鼓童村に持ってきてくれたので、ついでにさばいてもらい、その日のお昼ごはんは鯛尽くし!
お刺身だけでは食べきれないので、まるごと七輪で焼いてみたり、海潮汁も作りました。

20050606yumi2ついでに捕れたサザエ、イカのお刺身と、カレイの唐揚げも出てきて、お魚が食べられない私と幹文さんには涙が出るほど嬉しい食卓・・・みんなの喜ぶ顔をおかずにいただきました。
鯛を焼いた後の七輪で焼いた食パンは美味しかったです。

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 05, 2005

藤本吉利 2005年6月5日

(吉)さんの楽しいひととき

20050605yoshikazu

三条市・保内小学校にて『鼓翼』の演奏(ソリャー!)

Posted by kodoblog | | Comments (0) | TrackBack (0)

洲崎拓郎 2005年6月5日

20050605takuro

ティアラ江東での公演は、Earth Beat(主催のEarth Gardenさんのサイトはこちらへ)と銘打ったイベントでありました。

劇場の外には沢山のテント屋台がお店を開いていて、小さなステージもありました。まるでアース・セレブレーションが東京で開かれているよう。

仕込みの合間を縫って、メンバー数名が飛び込みライブ。
野外の太鼓は気持ちがいいですねえ。アース・セレブレーションの時は目が三角形になるようなシンドサですけど、今日は楽しい気持ちで仲間の太鼓を聞くことが出来ました。

もっとやれー!

Posted by kodoblog | | Comments (5) | TrackBack (1)

Jun 04, 2005

金子竜太郎 2005年6月4日

初日にAguri、2日目に鼓童が出演のアースビートフェスティバル。
劇場前ではアース・セレブレーションさながらのテントの出店。
好天でココロがゆるみ、財布のヒモも緩んでる人がここにも。

20050604ryutaro

ご満悦の洲崎純子。けど「もっと買いたい!」だってさ。

Posted by kodoblog | | Comments (2) | TrackBack (0)

Jun 03, 2005

新井武志 2005年6月3日その二

20050603takeshi2

クリエイションで今年のアース・セレブレーションの打ち合わせのあと、後楽園ホールでプロレス観ました。
千絵子・武志・裕一郎の3人で。千絵子さん初プロレスです。レスラーの一挙手一投足に「うっっ、痛いっ、あ〜、いやっ、うわ〜、え〜?痛っ、なんでそんなことするの〜?」っと、控えめながらも口開きっぱなしでした。

九州巡業シリーズの最終戦だけあって、かなりいい試合ばかりでした。

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)

新井武志 2005年6月3日その一

20050603takeshi1a

今年のECの打ち合わせで、東京・大久保にある舞台制作会社クリエイション事務所へ。毎回アース・セレブレーションでお世話になってます。
大久保駅前でアース・セレブレーション2005演出の薫と鼓童の舞台監督土橋のツーショット。坊主頭に似たようなサングラス。どちらかは800円、どちらかは10,000円。どっちがどうでしょう?

20050603takeshi1bクリエイション事務所にて。
研三の隣にいるのは、元研修生の川崎大輔。いまはクリエイションで働いてます。研三と同期だそうで。昔話に花が咲いたとか咲かなかったとか。ちなみに大輔、今年のアース・セレブレーションにクリエイションチームの一員として来るそうで。

Posted by kodoblog | | Comments (7) | TrackBack (0)

鬼澤綾子 2005年6月3日

20050603ayakoブダイ、イラブチャーと言う魚です。珊瑚を食べるので、歯がとても発達しています。この魚が寝る時には、口から膜を出し、自分の体を被ってその中で寝るそうです。しかし私も話だけでは想像がつきません。

今日はこの魚に泡盛をかけ、バター焼きにしました。白身魚で、とても淡泊で、私でも食べられました。見た目はちょっと退きましたが。

Posted by kodoblog | | Comments (2) | TrackBack (0)

Jun 02, 2005

Kaoru Watanabe 2 Jun 2005

We arrive to our ryokan (traveler's inn) at around 11pm after a concert and an hour's drive exhausted and ready for a hot bath and a good night's rest.

Unfortunately, there is only one bath in the building that we have to share among 18 people- three women and fifteen guys who had been sweatily pounding on drums all day. This might be a romantic spot to visit for young lovers on vacation, but a pain in the ass for a professional touring group doing a series of one-nighters across Japan.

I suppose there's always worse lots in life and I shouldn't complain.

Posted by kodoblog | | Comments (1) | TrackBack (0)